ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

  1. 北欧神話』に登場する農耕本項で解説
  2. 女神転生シリーズ』に登場するキャラクター。本項で解説
  3. とある魔術の禁書目録』に登場するキャラクター。⇒トール(とある魔術の禁書目録)
  4. 魔探偵ロキ』に登場するキャラクター、雷神トール。⇒鳴神
  5. 神々の悪戯』に登場するキャラクター。⇒トール・メギンギヨルズ
  6. パズル&ドラゴンズ』に登場するキャラクター。⇒トール(パズドラ)
  7. 小林さんちのメイドラゴン』に登場するキャラクター。⇒トール(小林さんちのメイドラゴン)
  8. トリコ』に登場するキャラクター。⇒トール隊長
  9. 経験値貯蓄でのんびり傷心旅行』の主人公⇒トール・エイバン
  10. アメコミ(MARVEL)のヒーロー。⇒ソー・オーディンソン
  11. サンリオの「ジュエルペット」に登場するキャラクター。⇒トール(ジュエルペット)
  12. ダイハツ工業が製造・販売を行っているコンパクトカー。⇒ダイハツ・トール
  13. 終末のワルキューレに登場するキャラクター。⇒トール(終ワル)
  14. ファイアーエムブレムヒーローズに登場するキャラクター。⇒トール(FE)
  15. ドイツ海軍の仮装巡洋艦⇒仮装巡洋艦

北欧神話』のトール編集

父は死の神オーディン、母は大地の化身とされる女神ヨルズ。子供には力の神マグニなどがいる。

をまとった赤髭の巨漢として描かれることが多く、その見た目にたがわず性格も豪快で荒々しい。


武勇を重んじる好漢であるが、その反面少々単純で激昂しやすく、何かにつけて脅しに出る傾向がある。

巨人族との闘いで頭に火打石がめり込んでおり、些細な事でブチ切れる。

しかしながら怯える弱者に対して怒りを長く持続させることはない。


シフを愛する愛妻家でもあり、浮気者が多い北欧の主要神の中ではその手のエピソードが少ない。

野人に化けたオーディンとの口喧嘩で、現地妻攻略数を自慢するオーディンに色気のない巨人討伐の武勇伝で応じたりもしている(『ハールバルズルの唄』)。

つまみ食い!


アース神族最強の戦神または戦士とされ、彼の持つハンマーミョルニルは、対巨人族との切り札であり、最強に絶大な威力を発揮したという。

その一方で短慮で短気なため、騙されやすく、知略による戦いには不向き。

その為か計略の神ロキとは妙にウマが合い、たびたび二人で行動を共にしている。時にシャレにならないイタズラを仕掛けるロキにブチ切れて追い回したりもしているが。


途方もない大食漢でもある。

二頭立ての山羊、タングリスニとタングニョーストが牽く戦車に乗り、空を翔る。この戦車の走る音が雷鳴となって、地上に響くのだという。

山羊はトールが空腹になると美味しく頂かれるが、骨と皮さえ無事であれば翌朝には再生する。

またミョルニルで邪気を払い聖別する力もあり、後述する結婚式やバルドルの葬儀でもミョルニルが用いられている。


武勇伝が多いトールだが、変わり種として『古エッダ』『スリュムの歌』ではこんな物語が伝わっている。

トールが自慢のミョルニルを霜の巨人スリュムに盗まれ、交換条件として提示された美の女神フレイヤの身代わりとして女装・嫁入りする羽目になった。結果、神々が腹を抱えて爆笑するほどのごっつい花嫁が爆誕(ロキには自分やその他の対象の姿を変える能力があるので、誤魔化そうと思えば誤魔化せる)。

キレそうになりながらも侍女に化けたロキとともに乗り込み、燃えるような眼差しで睨みつけるのを「花婿を思うあまり一睡もしていないのです」、披露宴の御馳走を瞬く間にたいらげるのを「花婿を思うあまり何も口にしていないのです」など、ロキの言い訳で何とか切り抜ける。

そして宴もたけなわとなった所で、花嫁を祝福する為にミョルニルを膝の上に置かれた瞬間、トールは花嫁衣装をかなぐり捨てるとスリュムとその一族を皆殺しにする。そして財宝を奪って凱旋したのである。

花嫁トール


神々の終末・ラグナロクにおいて、世界蛇と死闘を繰り広げる。

トールはミョルニルを三度振るって大蛇を亡きものにしたが、大蛇のすべての神々を殺す猛毒を浴び、9歩後ずさって力尽きる。つまりトールは絶命し結果は相打ちで幕を閉じる。


本来は農民を中心に信仰された北欧神話の主神である。

トール、オーディン、フレイの神像が並んでいたスウェーデン・ウプサラの神殿では、真ん中の主神の座にトールが安置されていた。

God of Thunder

ゲルマン語族では木曜日(Thursday)の語源ともなっている。

木曜日は木星に対応する日とされているが、ローマ神話でこの曜日に対応するのは木星の英名にもなったジュピター(ゼウス)であり、彼とは天空や雷という強大な力を用いて巨人族と戦った最高神という共通点があり、トールはユピテル(ゼウス)と同一視される。

ちなみにオーディンは水曜日に対応した神で、テュールはマルスと同一視されて火曜日(Tuesday)の語源になった。戦闘という面でオーディンとテュールを凌駕する最強の神トールが最高神に相応しいとなる。


なお、雷に打たれた木から潜んでいたクワガタムシが出てきたという言い伝えからクワガタムシはトールのお使いとみなされた。


別名編集

ソー ソール ドンナー(古いドイツ語でトール神を指す。現在は単に「雷」)


女神転生シリーズ』のトール編集

トール

ジオ系の魔法や物理系スキルが得意な悪魔として度々登場する(無印ではなぜか「サイキック」を習得)。「デビルチルドレン」シリーズでは「トールハンマー」というそのものズバリなスキルを、「葛葉ライドウ対超力兵団」では「震天大雷」という希少なスキルを習得できた。


真・女神転生』に登場した際の種族は「魔神」。

メシア教に所属しており、アメリカ合衆国の大使「トールマン」として日本にやって来た(おそらくアメリカ第33代大統領「ハリー・S・トルーマン」に引っ掛けたシャレ)。


真・女神転生Ⅲ』に登場した際の種族は「鬼神」(無印での種族がこれであった)。

ゴズテンノウが治めるマントラ軍に所属していたが、マントラ軍が崩壊し、ゴズテンノウの力を継承した橘千晶が掲げる「ヨスガ」のコトワリの賛同者となる。


初期デザインの時点でツノ付き兜に白マント、黄金のスケイルアーマーという要素を持っているが、顔全体を兜が覆っていない点や下半身の露出が少ない点、手袋や靴が緑色である点などが現在知られるハイレグ衣装を着たデザインとは異なる。


DS』では兜から顔が覗いた初期版と目が青い現行版を折衷したようなデザインで登場した。これらのデザインと大きく異なるのはズバリ、上半身が裸であるという点であり、よりワイルドさが増したと言える。


スマホアプリ『D×2真・女神転生リベレーション』では固有スキルとして敵全体にランダムで5回雷を落とす「ミョルニル」を固有スキルに提げて参戦。ただし、ステータスは物理寄りなので基本的な戦術は「チャージ」や後に「ギガントマキア」や「メガトンレイド」を撃っていく物理主体のコンボとなる。



関連タグ編集

北欧神話 エッダ トールハンマー

 主神 雷神 戦神 農耕神 戦士 ミョルニル 最強

関連記事

親記事

アース神族 あーすしんぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39085442

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました