ピクシブ百科事典

ヨルズ

よるず

北欧神話の女神。および、それをモチーフにしたキャラクター。

概要

北欧神話に登場するアース神族の女神で、主神オーディンの妻のひとりであり、大地の化身。オーディンとの間に設けた子にトールがいる。
ちなみに、ヨルズ(Jord)という名称自体、古ノルド語で「大地」という意味である。

他の北欧神に比べると近現代フィクションへの登場は少ないが、パズル&ドラゴンズなどで姿を見せている。

ワーグナーの歌劇『ニーベルングの指環』では「エルダ」の名称で登場。夫のヴォータン(オーディン)との間に九人の娘ブリュンヒルデゲルヒルデオルトリンデヴァルトラウテシュヴェルトライテヘルムヴィーゲジークルーネグリムゲルデロスヴァイセをもうけている。
(古エッダではオーディンではなくフン族のブズリの娘である)ブリュンヒルデ以外はワーグナーオリジナルだが、現代の創作に登場する例もある。

関連

オーディン/トール

pixivに投稿された作品 pixivで「ヨルズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109410

コメント