ピクシブ百科事典

ミゼルオーレギオン

みぜるおーれぎおん

ミゼルオーレギオンとは、『ダンボール戦機W』に登場した小型ロボット「LBX」のひとつであり、同作品における真のラスボス。
目次[非表示]

「そんな不完全な『ロジック』だから、最適化しなくちゃいけないんだ」

概要

究極のLBX オーレギオンにウィルスプログラムミゼルがインストールされ、一体化する事で生まれたLBX。アーマーフレームのタイプはナイトフレーム。

ミゼル自身がオーレギオンとなった、一種の機械生命体ともいえる存在となっており、
機体の武装や内部構造までもが人智を超えたレベルにまで改竄されているため、その性能は他のあらゆるLBXを凌駕する。
オーレギオンを素体として各部に結晶体が生成され、飛行形態で機首部分となる翼は衝突角が肥大化し、元の機体と大きく構造が異なっている。
また結晶体の一部は必殺ファンクション「スティンガーミサイル」の一部として射出することができる。
オーレギオンが備えていた飛行形態への可変機構や固定武装はもちろん、ペルセウス「ストライクモード」エルシオン「ナイトモード」ミネルバ「バーニングモード」能力の異なる3種類の特殊モードを使用することが可能
機体の構造が改竄されたことによって特殊モードの連続使用にも耐えられるようになったため、特殊モードの使用回数や使用時間の制限が取り払われ、任意のタイミングで起動することが可能となっている
さらにミゼル自身が機体に宿ったことにより、外部からの操作を介さずに直接オーレギオンを操作することができるため、通常のLBXとは比にならないほど正確に、かつタイムラグ無しで操作することが可能。

基本装備は、レイピア状の剣「レギオンセイバー」と、小型の盾「レギオンガーダー」。

必殺ファンクションは、オーレギオンの「スティンガーミサイル」「我王砲(ガオーキャノン)」「JETストライカー」。機体出力が大幅に向上したため、オーレギオンのものよりも強力な威力を誇る。
ゲーム版では、上記に加えハーデス(ダンボール戦機)の「ワールドエンド」を使用する。

作中での活躍

ゲーム版では、ミゼルがバンランを拘束した事で、(途中から)ヒロ一人で戦う事になる。
ラスボスだけあってあらゆるステータスが非常に高く、3種類の特殊モードを使い回しながら攻撃と防御をこなす強敵となっている。
ミサイルも強化され、当たるとスタンさせられてしまう

アニメ版では、最後までバン達3人を同時に相手する。
数の不利をものともせず、ゲームと同じく3種類の特殊モードを使いこなし、必殺ファンクション「我王砲(ガオーキャノン)」でミネルバ改を破壊する等、その力を遺憾無く振るいバン達を圧倒していた。
しかし、奮起したバンヒロの気迫に次第に圧されていき、
最後はオーディーンMk-2アキレスD9合体必殺ファンクション「ダブルレイウィング」によって破壊された。

一方漫画版では、そのダブルレイウィングすら通用せず、ヒロを逃がして単身パラダイスに残ったバンと対決する。
こちらでもバンを終始圧倒していたものの、最後はオーディーンMk-2必殺ファンクション「超プラズマバースト」の前に敗れ去った。
漫画版では、連載期間や話数の都合上オーレギオンは登場せず、最初からミゼルオーレギオンとして登場している。
(「ガーダインが開発したオーレギオンをミゼルが改造した」という説がある)

装甲娘』において

『ミゼレムクライシス』版のメインシナリオシーズン2にて、とある人物がミゼルオーレギオンをモチーフとしたLBCSを使用。
詳細はこちらを参照(ネタバレ注意!!)。

余談

パーフェクトZX3ハーデス同様、そしてその経歴上、全てのゲーム作品で自機として使用不能
ただし、装備の「レギオンセイバー」と「レギオンガーダー」は、ランキングバトルやボスバトルで入手する事が可能である。

プラモデルは基本的にオーレギオンのフレーム流用だが、形状が変化した背面ユニットを中心に複数色のクリアパーツを多数使用しており、本体もパールグリーンを基調としたカラーリングに変更されている等、随所でラスボスに相応しい荘厳さを醸し出している。
背面ユニットが大きく重いのもオーレギオンと同じだが、追加された腰部のクリアパーツが地面に接地するお陰で、あちらと異なりスタンド無しでの自立が容易になっている。

必殺ファンクション使用時の音声は、ゲーム版では浪川大輔氏のものが、アニメ版ではミゼル(山本泰輔氏)のものが使用されている。
つまりアニメ版の場合、ミゼル自身がLBXのコントローラ「CCM」の音声も兼任しているということになる。

関連タグ

ダンボール戦機W LBX ナイトフレーム ミゼル真のラスボス

ダンボール戦機シリーズの歴代ラスボス:イフリート / ゼウス(キラードロイド・ペガサス) / ミゼルオーレギオン / ディ・エゼルディ

アール:「カスタムロボ バトルレボリューション」の機械生命体系のラスボス。こちらは「破壊・吸収・休眠を繰り返して進化する」という特徴を持ち、劇中で3つの形態が登場する。進化する度に大型化し、地上での動きは鈍くなるが、防御力が異常に上がっていく

グレイズ・アイン機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第1期のラスボス。致命的なダメージを受けたアイン・ダルトンを延命治療を兼ねて組み込み、文字通りの人機一体を果たした

デストルドス:『ウルトラマンZ』のラスボス。人の手で作った最強ロボット黒幕の手で乗っ取り人々の最高技術をっ利用されたなどミゼルオーレギオンに酷似した点が多い。

関連記事

親記事

オーレギオン おーれぎおん

pixivに投稿された作品 pixivで「ミゼルオーレギオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2676

コメント