ピクシブ百科事典

オーレギオン

おーれぎおん

オーレギオンとは、『ダンボール戦機W』に登場した小型ロボット「LBX」のひとつである。
目次[非表示]

概要

山野博士最高傑作にして究極のLBXであり、アーマーフレームのタイプはナイトフレーム

半永久的にエネルギーを生み出す機関「エターナルサイクラー」を搭載する事で、膨大なエネルギーの確保に成功。さらに、余剰エネルギーによる発熱に耐える為、強靭なレアメタル「スタンフィールインゴット」をコアスケルトンの素材にしている。
現存する全てのLBXを遥かに凌ぐ性能に加え、オーディーンと同じく飛行形態への可変機構を持ち、飛行形態時は音速に近いスピードで飛行する
基本装備は、大型の槍「レギオンランス」と、大型の盾「レギオンシールド」。

必殺ファンクションは、専用の固定武装によって使用可能となった、ハカイオー「我王砲(ガオーキャノン)」ハンター「スティンガーミサイル」、そして、オーディーン「JETストライカー」。しかも、そのどれもが大幅にパワーアップしている
また、アニメ版では、機体がミゼルに奪われた際に「グングニル」も使用していた。

ゲーム版『ダンボール戦機ウォーズ』では、ラボの基礎ランクを最大の20まで上げると開発可能になる。
一式揃えることで使用可能になる固有必殺ファンクション「ワールドエンド」は、同作のラスボスの固有必殺ファンクションである「アポカリプス」遥かにしのぐ威力を誇る

作中での活躍

当初は山野バンの専用機として登場し、その力を遺憾なく発揮してベクター達をことごとく蹴散らす活躍を見せたが、事前に「AX-000」の設計図にウィルスを仕込んでいたミゼルに奪われ、以降彼の機体としてバン達の前に敵として立ちはだかる事になる。

ミゼルに奪われた後は、単体でA国艦隊を壊滅させる等、おもちゃの範疇を遥かに超えた行動を幾度となく起こし、この機体が持つ凄まじい力を視聴者達に見せつけた。

そして、最終決戦では、ミゼルがオーレギオンに自らをインストールする事で、最強最悪のLBXミゼルオーレギオン」となる

派生機体

AX-000

ゲーム版『ウォーズ』に登場した機体であり、この機体の素体となっているコアスケルトン「AX-000」に、AX-00と同じ様な保護用カバーパッドを付けた状態。使用者はシリーズお馴染みのトッププレイヤー、ピノン。
「究極のプロトタイプ」と呼ばれており、アキレスプロト・Iといった山野淳一郎製のLBXの原点となった。
ピノン機の必殺ファンクションは、巨大な砲台に乗り込み、一斉射撃を行う「ヘルファイアー」
カラーバリエーション機として、カバーパッドの色がAX-00と同じになった「AX-000メタリス」が存在し、こちらもピノンが使用する。

G・シュッツェ

こちらもゲーム版『ウォーズ』に登場。仮想国「グレンシュテイム」が所有するLBXであり、主な使用者は高崎ケンタロウ
基本装備は、レギオンランスと同型の槍「G3ブレイブランサー」と、レギオンシールドと同型の盾「クインシールド」。
使いやすさや量産化を考慮してか、固定武装はオミットされ可変機構のみとなっているものの、それでも配備数は少なく、使用できるのは指揮官や隊のエースのみである。
ちなみに、アニメの後日談にあたる小説『神威島奇譚』では、基本装備の槍と盾ではなく二刀流スタイルとなっており、必殺ファンクション「ビックバンスラッシュ」を使用していた。
カラーバリエーション機として、レッドベレーをイメージした「G・ロイヤルガード」が存在する。

オーレギオンM(ミリタス)

またまたゲーム版『ウォーズ』に登場した、謎多き漆黒のオーレギオン。
オーディーン・ミリタスの存在を踏まえると、この機体も量産化を意識して作られた可能性がある。
裏ランキングバトル制覇後に挑戦できる最強ドラガンゼイドを倒さなければパーツを入手できない、同作の中でも屈指の入手難易度の高さを誇る機体。

関連タグ

ダンボール戦機W LBX ナイトフレーム 山野淳一郎 山野バン ミゼル(ダンボール戦機) ミゼルオーレギオン チート 全部乗せ もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな
ハカイオー / ハンター / オーディーン:この機体の元になった。

関連記事

親記事

ナイトフレーム ないとふれーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オーレギオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37359

コメント