ピクシブ百科事典

山崎竜二

やまざきりゅうじ

山崎竜二とは餓狼伝説シリーズに登場する架空人物。通称「ザキさん」
目次[非表示]

「しゃらくせぇ、このドシロウトがーーー!100年はえェンだよ!」

プロフィール

名前山崎竜二
デビュー作品餓狼伝説3
ファイティングスタイル我流喧嘩空手
職業闇のブローカー
誕生日1963年8月8日
身長192cm
体重96kg
血液型A型
出身地沖縄県
趣味ナイフコレクション
大切なもの自分の利益に関わること全て
好きな食べ物馬刺し
嫌いなもの労働
得意スポーツ無し
好きな音楽無し
特技3日は不眠でいられること
一人称オレ
二人称テメエ、稀にアンタ
言葉遣いべらんめぇ口調
声優


人物

餓狼伝説3で登場した新キャラクター。
格闘術・気孔術・政治術を記した「秦の秘伝書」を求め、サウスタウンに流れ着いた沖縄出身のブローカー。
元・孤児で13歳のときに孤児院を脱走、その後ヤクザの反町と出会い彼から喧嘩空手と裏社会に生きるための心得を学ぶも、兄貴のように慕っていた反町が組織の取引のために殺されたことによって狂気に陥り、組織のボスを殺害、ジャパン中の組織を敵に回すことになり、以後は香港九龍城を拠点としている。

左手をポケットに隠しているのは、生前の反町に左手の拳の威力を褒められた事があり、左手を見ると組織に裏切られた反町の無念と組長を狂気むき出しで殺した時の自分を思い出し理性を押さえられなくなってしまう為である。

初出は餓狼伝説3であり、ラスボス「ギース・ハワード」戦の後に戦える裏ボス的立ち位置だった。しかし、特定ランク以上の評価を続けていると、彼ではない隠しボスとの戦いになるため、正確には表ルートのラスボスとなる。

後日、ビリー・カーンとは異なる「ワルさ」がうけ、絶大な支持を得て続編にて晴れてプレイアブルキャラクターに昇進した。

好きな食べ物には馬刺しを挙げているが、故郷である沖縄の料理では豚足料理が好物だとされている。

性格

普段はそれなりに理知的で狡猾な性格、かつ卑劣漢であるが、内に秘めた狂気を左手の拳と共に解放する。
シリーズが進むごとに狂気的な側面のみが強調され、イロモノキャラクターのような立ち位置に置かれることが多い。特に派生作品での脚色に難色を示すファンは多い。
『餓狼伝説 WILD AMBITION』では3D格闘ゲームであるにも関わらず常に右手をポケットに入れており、理知的な側面がなくなったのは常に左手を解放中だからとネタ交じりに考察されている。
2002UMでは久々に理性的な姿を見せたためファンからの評判が良かった。

キャラ特性

通常技では遠距離立ち強キック・しゃがみ強キックのリーチが長く、必殺技では腕の関節を外してパンチを放つ「蛇使い」を中心とした遠距離戦がメインとなり、飛び道具で攻められた場合は「倍返し」で飛び道具を返し(作品によってはゲージ貯めとしても使う)、接近戦に持ち込まれた場合は突進技の「裁きの匕首」や中段技「ヤキ入れ」、当て身技である「サドマゾ」、コマンド投げである「爆弾パチキ」で相手を離していくのが求められる。また超必殺技はジャンプからの奇襲ともいえる「ギロチン」やコマンド投げである「ドリル」を用いる。

連続技についても通常必殺技ならば蛇使い、裁きの匕首、ヤキ入れを組み込んだものが強力で、さらには超必殺技のギロチンもほとんどの場合連続技に組み込めるため、山崎の強さの要ともいえる。

しかしながら技一つ一つがやや大振りであるため、単調な攻めに終始しているとあっさり懐に潜り込まれ、ペースを握られやすいことや、無敵技が超必殺技やガードキャンセル技に頼らざるを得ないのが難点。
それでもリーチの長さと前述の連続技は大ダメージをもたらすため、これら2点を活かした戦法は決して侮れず、殆どの作品で中位~上位を保っている。

なお山崎の代名詞となっている「蛇使い」は、間柴了のフリッカージャブがモデルとSNKとの公式アナウンスあり。

派生作品の山崎

KOFではファミ通の読者人気投票によってKOF97から参戦。
「蛇使い」という必殺技を持つことからなのか、オロチ八傑集の一員という設定が与えられた。
(なお、設定の経緯は八傑集の数合わせのためで、「KOF」のスタッフが「餓狼伝説」のスタッフに頼み込んだことによって実現した「KOF」シリーズ内の設定であり、「餓狼伝説」シリーズ本編ではあくまでも人間である)
七枷社からオロチの復活の協力を呼びかけるものの全く意に介さず、己の利益のみを考えて生きている(このため、社からは「お前など当てにはしていなかったが…八傑集のツラ汚しが!」と罵倒されている。)。EDではギースとビリーにギャラの取り立てと称して二人に襲い掛かった。
「2003」では、アウトローチームの一人としてKOFに出場したがEDにてオロチの影響のせいか興奮状態に陥りチームメイトのビリーに攻撃を仕掛けた。

ゲーニッツと同じく黒髪に金髪のメッシュであることか、「KOF97」では金髪の部分を巡ってもめている一枚絵がある。また、ネスツ編第一章の「99」でのK'チームのEDでK'にやられている人物は山崎ではないのかといわれており、よくネタにされている。

KOF97では砂かけを使った永久連続技が猛威を震っていた。またKOF2002では、どこでもキャンセルの恩恵を受け、ループコンボや連続技も非常に作りやすくなり、かつ火力も高いコンボも作れ、ゲージ2本あれば相手の体力を8割持って行けるほどの強さを得たが、2002UMでは弱体化されてしまった。
なおKOFはチームバトル制なので、ゲージ集め役として先発によく出されることが多いが、リーチの長さと攻撃力の高さのおかげで3タテを食らわせられることもできる。

カプエスではベガに「退屈せん男だ、兵隊の頭ぐらいなら務まりそうだ」とその狂気と容赦なさを評されている。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALにて背景キャラとして登場している。

山崎春のドリル祭り

リアルバウト餓狼伝説で追加された潜在能力(超必殺技を超えた大技)で、一回転コマンドで放たれるこのコマンド投げは、アッパーで打ち上げた後ボタン連打で「四段ドリル」に派生、連打回数により3段階に攻撃が進化する。

以降のシリーズでは「四段ドリル」の名称は使われなくなり「ドリル」はボタンを連打する事でフィニッシュのコークスクリューまでの追加攻撃が変化する技として定着。
派生パターンは基本的に4種類、場合によっては5種類、システム上「ドリル」そのものの強化バージョンがある場合はその倍以上にまで変化する。

KOFの関連動画では通常版4段階&MAX版4段階の合計8パターンあり、さらに段階が上昇するごとに演出も長くなるため、1チーム分の動画時間のうち半分以上がドリルのパターン別になることはザラ。なお、MAX版では何故かレベル2の「匕首で切りつける」タイプのが一番ダメージが大きい。
カプエスでCAPCOMグルーヴ(カプエス2ではCグルーヴ)を選んだ際にはスーパーコンボレベル3×ドリルレベル4で合計12種類と無駄に豊富。
KOF14ではCLIMAX超必殺技(最上位技)となったため4種類だがレベル3の物品叩き付け攻撃に無駄に多い派生パターンが存在しており、公式PVでも異様な存在感を放っていた。

超必殺技集などの動画で山崎がドリルを披露する場面だけ異様な長さとなり「ヤマザキ春のパンまつり」をもじった「山崎春のドリル祭り(たまに「山崎春のヒャア祭り」とも)」が定着した。
ちなみにそれ以前だと普通に読者投稿のマンガでも「ヤマザキ春のパンまつり」にひっかけて弄られていたり。

関連イラスト

百年、早ぇンだよ
山崎 竜二


山崎竜二「おいおいもっと頑張ってくれって」
イラストボード


おいかけっこ
折角だから俺はこの白の毛皮コート(を二人で羽織る男)を選ぶぜ!



関連タグ

餓狼伝説・・・出典。
ホンフゥ・・・餓狼伝説シリーズでは、刑事である彼に追われる立場となっている。
ブルー・マリービリー・カーン牙刀・・・KOFシリーズでのチームメイト。(ただし信頼関係など全く無い、極めてビジネスライクな関係)
チンピラ 卑劣漢

外部リンク

餓狼伝説総合公式サイト
【CHARACTER】山崎竜二

関連記事

親記事

餓狼伝説 がろうでんせつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「山崎竜二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1020208

コメント