ピクシブ百科事典

テリー・ボガード

てりーぼがーど

テリー・ボガードとは『餓狼伝説』シリーズの主人公を務めるキャラクターである。
目次[非表示]

「OK!!」

プロフィール

格闘スタイルマーシャルアーツ+ジェフ流喧嘩殺法
生年月日1971年3月15日
身長182cm
体重
  • 77kg(リアルバウト餓狼伝説まで)
  • 82kg(リアルバウト餓狼伝説スペシャル~餓狼伝説WILD AMBITION)
  • 81kg(餓狼 MARK OF THE WOLVES)
血液型O型
出身地アメリカ
職業フリーター実写映画版ではCIA職員)
趣味
  • ビデオゲーム(餓狼伝説2~リアルバウト餓狼伝説2)
  • トローリング(趣味の合う友達ができた)(リアルバウト餓狼伝説2)
  • ウォールペイント(餓狼 MARK OF THE WOLVES)
大切なもの
  • ジェフ(養父ジェフ・ボガード)の形見のグローブ(餓狼伝説2~リアルバウト餓狼伝説2)
  • のウッキー(家出中)(餓狼 MARK OF THE WOLVES)
好きな食べ物
  • ファーストフード(餓狼伝説2~リアルバウト餓狼伝説2)
  • ロック特製クラブハウスサンドイッチ(餓狼 MARK OF THE WOLVES)
好きな音楽
  • ロック
  • カントリー(餓狼 MARK OF THE WOLVES)
嫌いなものナメクジ
得意スポーツバスケットボール
特技
出演作品餓狼伝説シリーズ、CAPCOMv.s.SNKシリーズ、KOFシリーズ
声優
  • 橋本さとし(餓狼伝説2以降KOFXIIIまでのゲーム全て)
  • 草尾毅(餓狼伝説 〜宿命の闘い〜 CDサウンド ドラマアルバム No.1 復讐の狼、餓狼伝説 〜宿命の闘い〜 CDサウンド ドラマアルバム No.2 孤高の狼、餓狼伝説2〜新たなる闘い〜 CDサウンド ドラマアルバム、餓狼伝説スペシャル)
  • 錦織一清(バトルファイターズ 餓狼伝説、バトルファイターズ 餓狼伝説2、餓狼伝説 -THE MOTION PICTURE-)
  • 近藤隆(KOFXIV、ファイティングEXレイヤー、大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL)
  • たかはし智秋SNKヒロインズ Tag Team Frenzy)

概要

SNK初の格闘ゲームである餓狼伝説シリーズの初代主人公同様に格闘ゲーム黎明期時代からの2D格闘ゲームのシンボルキャラクターであり、90年代のSNKを代表する人気キャラクター。

それまでの格闘家主人公にありがちだった、道着に鉢巻というテンプレート的な主人公イメージを払拭する、野球帽に皮ジャン、スニーカーにジーンズと言うコッテコテのアメリカンスタイルが当時のゲームキッズたちを驚かせた。オールドファンの中には、帽子を投げる勝利ポーズを真似したことのある人も多い。

テリー・ボガード参戦!!!



『餓狼 MARK OF THE WOLVES』(MOW)以降は、革ジャンにジーンズ、髪も一本結びからショートヘアーになり、全体的に落ち着いた雰囲気になっている。

また復讐者という面を持ちながらも、それを感じさせない明るさも彼の人気の一旦となった。

経歴

初代〜餓狼RB

悪党と暴力が支配するサウスタウンで、弟・アンディとともにひっそりと暮らしていたテリーは、ジェフに拾われ、家族同然の関係となる。そしてジェフにより、サウスタウンで生き抜く術として兄弟ともに格闘術を仕込まれることとなった。

しかし、ある日ジェフは彼の存在を疎んじたギースによって殺害されてしまう。兄弟はこのツケをギースに払わせるべく、ギースの主催する「キングオブファイターズ」に殴り込みをかけることとなった。

テリーとギース



餓狼 MARK OF THE WOLVES

ギースとの死闘から10年。『伝説の狼』となった彼は、ギースの忘れ形見であるロックと出会い、彼を自身の義父がしてくれたように自分の家族ととして受け入れて育てていた。ロックの強い希望で始まった放浪の旅以来、平和になったサウスタウンには帰っていなかった……。

そんなとき、ふとサウスタウンで再び「キングオブファイターズ」が開催されることを聞きつける。ギースの死後、初めてとなる大会に疑念と同時に昂揚感を覚える。

「俺の拳は、まだ錆びついちゃいねぇぜ……!」

テリー・ボガード



性格

非常に明朗で活発。気持ち良いぐらいに快活な男。

子供好きで、サウスタウンのストリートバスケで彼らの相手をしており、タウンの人気者ともなっている。その一方で、「殺害された義父の復讐」という後ろ暗いバックボーンも秘めている。

私生活は非常にズボラで、食生活はかなりいい加減。格闘家として武者修行のと、旅の資金を稼ぐためのバイト生活を行き来する。地に足の付いていないその日暮らしであり、いい加減さが目立つ。加えて、行き付けの「パオ・パオ・カフェ」には多額のツケをしており、旅先での列車に至っては無賃乗車も平気でやるなど。(この辺りは養子のロックにさえ呆れられた。)ロックが養子となってからは、家事全般をロックが担当している。

テリーさん



しかしながら、こうしたどこまでも飾らない気さくさが、多くの人々惹きつける魅力となっている。MOWでは俳優として映画出演や講演会に呼ばれるぐらいサウスタウンの英雄として認知されている。

餓狼の意外な特技

テリーが餓えた伝説の狼と呼ばれる所以の一つ、それは特技である。

彼は「女性のスリーサイズを当てること」が出来るのだ!

それも、自身が自らベタベタと触りに行って計測するのではなく、
闘ってる最中になんとなくの感覚で当たってしまうらしい。
こういうことを臆面も無く出せるのがテリーの人気の一つ…なのかもしれないが、
現実でこう言うことを口にするとセクハラで法廷行きなので、絶対にマネしないように。

人間関係

主人公ゆえに、人間関係は非常に多岐にわたる。
その中でもテリーを語る上で外せない人物に絞って紹介する。

アンディ・ボガード
テリーの義弟。テリーとは孤児院から一緒であった。後にジェフ・ボガードが養父となり二人は兄弟になった。ギースの手によりジェフを理不尽に殺害され、兄と共にギースへの敵討ちを決意する。(警察や裁判所はギースの支配下にあり、ジェフ殺害を誰も裁けなかったため、ボガード兄弟は復讐者となった。)

ジェフ・ボガード
テリーとアンディの養父。孤児であった二人を養子として育てる。格闘技の基礎もジェフから教わっている。

ギース・ハワード
野望から義父であるジェフ・ボガードを殺害したサウスタウンの支配者。
仇のはずなのだが、RealBout餓狼伝説のEDではギースを助ける描写などがあり、
その関係は複雑なモノになっている。

ビリー・カーン
ギースが最も信頼を寄せる側近の部下。彼もテリーと五分の闘いを繰り広げられる数少ない一人。とある漫画家は「テリーとビリーは、同じカードの表と裏」と表現したように、『下に弟・妹がおり、実の親を亡くした孤児』『自分を拾ってくれた相手の為に戦っている(テリーは養父ジェフを殺したギースへの復讐の為、ビリーは自分を側近にしてくれたギースの忠実な部下として)』という、非常に似通った境遇・戦う動機を持ちながらも、戦う動機や生き様・性格が実に対照的な二人。

ジョー・ヒガシ
サウスタウンでの「KingOfTheFigers」(KOFの元ネタとなった大会)で知り合った日本人ムエタイチャンプ。テリーに「復讐の道なんざくだらない」と言って、その後のテリーを変えた人間。最近はコメディーリリーフが多いが、テリーが全力で戦える数少ない一人。

タン・フー・ルー
義父ジェフ・ボガードも師事した、「八極聖拳」の創始者。テリーを代表する「パワーゲイザー」は、タンの「気」の教えがあって初めて生み出された技と言っても良いほどの、武術・気孔術の達人。

ダック・キング
モヒカン黒人ダンサー。テリーの陽気な幼馴染で、自他共に認めるライバル。出る作品を間違っていれば、確実に指先一つで吹き飛ばされている。「パオ・パオ・カフェ」の特設リングで、ときおりツケの清算で戦うことになるテリーと一戦交えることもある。なお、テリーはこの特設リングで戦うことは滅多にないため見れた客は非常に運が良いらしい。

ブルー・マリー
本人達は「飲み友達」だと言っているらしいが、端から見ればどう見ても恋人同士で共に「親族をギースに殺された」と言う共通点がある。掛け合いやEDの描写もあり、KOFシリーズ限定の関係と誤解されがちだが、RB餓狼では対人戦に限り用意されているテリーの勝利セリフで、マリーに勝利するとデートの約束を取り付けるなど、意外にもアプローチはテリーからのほうが積極的になっている。

なお、テリーにはアニメ版餓狼で恋愛関係となった女性に二度死なれている前科があるため、ファンからは「ひっつかないのがいいんだよ!」という意見と同時に、「マリーが死にかねないから、ひっつかないでくれ…!!」という切実な声もある。

またマリー自身も、恋人でもあった同僚が大統領の護衛中に殉職しているので、
この二人がくっついた場合、テリーにもフラグが発生しかねなかったりする

ロック・ハワード
ギースの実の息子。RB以降、テリーと共に世界中を旅している。当初ロック本人はボガード姓を名乗ることを希望したらしいが、テリーがハワード姓を名乗らせている。

ウッキー
餓狼3やKOF99で登場した子猿のウッキー。彼もまた大切な相棒の猿である。
しかしMOWでは家出中とのこと。

テリーの女は死ぬ説?

テリーを異端の主人公たらしめている要因の一つに歩く死亡フラグ体質がある。
ゲーム作品では特定のヒロインが存在しない彼だが(せいぜいブルー・マリーと飲み友達になったくらい)、映像作品となると途端にヒロインが現れる。そして全員死ぬ。

バトルファイターズ餓狼伝説シリーズではリリィ・マクガイヤーとスーリアの二人が命を落とし、2017年に作られた中国製フルCGのKOFアニメでは幼馴染のアンジェリナがテリーを庇って死亡した。

これらの経歴からテリーにヒロイン候補が現れた場合、カップリング論争より前にそのキャラの安否を心配される、という異常事態となっている。

性能

主人公だという事で初心者でも非常に扱い易い。

基本的に高い攻撃力を持ち、バーンナックル、クラックシュートなどの豊富な突進手段で近付き、近距離でラッシュを仕掛けていくのが基本戦法となり、連続技も単純ながら高威力で、作品によってはめくりも狙えるため、攻めの強さが際立っている。また、キック系の通常技はリーチが長い傾向にある。逆に割り込みや対空などの防御面にやや不安があることが多いが、タメ技のライジングタックルやゲージを消費するパワーゲイザーなどで補える。

餓狼伝説3では屈C→強クラックシュート→屈C→強クラックシュート→…と言う、目押し必須ではあるが永久コンボが存在。その他にもKOF97ではパワーチャージの強弱入れ替えによる画面端限定お手玉コンボが存在したり…

出演作品

餓狼伝説」シリーズ全て(※ただしMOWのみ主人公ではない
KOF」シリーズ全て(奇作「KOF SkyStage」にも出演)
CAPCOMv.s.SNK」シリーズ
SVC CHAOS SNKv.s.CAPCOM
ファイティングEXレイヤー」等多数

また餓狼伝説シリーズのアニメ作品『バトルファイターズ餓狼伝説』等もある。

2019年。それは時代が変わる年の終わりが近くなった時だった…。




大乱闘スマッシュブラザーズを開催する。以上・・・・・。【S

2019年9月5日の『Nintendo Direct』で、テリーが『スマブラSP』に有料追加ファイター第4弾として参戦する事が発表された。配信日は同年11月6日。

スマブラ参戦決定



実は発表までは何の作品の誰が参戦するのかまでは今まで通りわかっていなかったのだが、発表数日前に英任天堂のサイトで何らかの項目として作られていたとされる部分でSNK CORPORATIONのクレジット表記がされてしまっていた事から、第4弾はSNKから参戦とほぼ確実視されていた。
これについてはWebサイトの本来は表には表示させない作成中のページの設定ミス説が有力。一部ではさりげないヒント説もあるが、SPECIALの新規DLCファイターは基本発表まで秘匿されているのが主である為、ヒント説は可能性は限りなく低いと思われる。

参戦発表ムービーでは歴代KOF参戦者たちが原作ゲームのグラフィック+αで登場。飛んでいく招待状を奪い合いながらも誰も手にできず、手しか映らなかったや、取ろうと飛び出したのはいいが掴みそこねていつもの落下オチとなった、悔しさを通り越して笑い出したもいた。

スマブラSPラクガキ



帽子とジャケットのデザインが似ていたのか、全員参戦のイメージイラストでポケモントレーナーの隣で配置された。同じアメリカをモデルにした舞台のゲームの主人公ネスとはファーストフード好きなところでも結構ウマが合うかもしれない。

楽曲はテリーメインよりもSNK全体から絞られており、楽曲数は50曲丁度となっている。これは、スマブラSPのDLCファイターでは最多(ペルソナシリーズ:11曲、ドラゴンクエストシリーズ:8曲、バンカズシリーズ:10曲、FE風花雪月:11曲)であり、スマブラSPの新規ファイター全体を含めてもスプラトゥーンシリーズ(26曲)、悪魔城ドラキュラシリーズ(34曲)を超え、最多の楽曲数となっている(なお、この中からさらに絞られると契約の関係も含めて思っていたが、SNK側は交渉において提示した50曲全てに「OK!」を出したとの事)。ちなみに全シリーズ含めてもスマブラシリーズ(113曲)、マリオシリーズ(91曲)、FEシリーズ(DLC分を含んで52曲)に次いで4番目とゲストシリーズながらも異例の曲数となっている。勿論、他社枠ではぶっちぎりの1位である。
テリーの勝利BGMは初代餓狼伝説で勝利した時のものがアレンジされている。

勝ちあがり乱闘ザ・キング・オブ・大乱闘」はKOFのシステムにある3対3を再現するように特徴・能力・繋がり・縁のあるファイター三人が順番ずつ登場していく。しかしこちらでは1対3による形式で体力戦を行う。ROUND4ではSNKのソフトである『アテナ』が元ネタで神話繋がりとしてパルテナの鏡シリーズのファイター(ピット→ブラックピット→パルテナ)が登場する。ちなみにボーナスステージを除く全てのステージて体力戦かつ1対3の為、ホンキ度9.9を狙い難い。一方と、マルクやマスターハンド等のボスキャラは出ておらず、最終ステージはケン、リュウ、テリーの3人と対戦する事になる。

具体的な性能についてだがリュウ・ケン同様、コマンドキャラで通常ワザキャンセル・1on1のみ振り向き機能が搭載されている。リュウ・ケンと違うのは、通常ワザがボタンの強さに左右されていない点が挙げられる。その場回避中に攻撃ボタンを押すと『避け攻撃』が出来る。そしてテリー独自のシステムとしてダメージ蓄積率が100%を超えた場合、パワーゲイザーとバスターウルフの2つの超必殺技が従来のコマンドのみで使用可能となる。簡易コマンドもきき、コンボにも組み込めるが、隙が大きくかえって撃墜の危険性が高まるハイリスクハイリターンな代物となっている。

オンライン対戦ではリュウやケンに比べてコマンド入力が楽なのか使用頻度はやや高い。しかし、横必殺技が2つに分けられたことによりコマンドミスが多いので要注意。
全体的に技の速度が速く、Bボタンの使用頻度が低い為か使用するプレイヤーも多い。
コマンド入力の使用頻度の高さから攻撃力が高く、相手を撃墜しやすく、コマンド系ファイターにしては比較的扱いやすい。
ただし、隙も出やすく威力が高い技が多いのでカウンター持ちには注意が必要となる。
又、復帰力が弱いので復帰阻止にも注意が必要となる他、接近線主体のファイターの為、飛び道具持ちファイターにも注意が必要となる。
できるだけ地上にながらも掴み攻撃を多用していった方が良い。
又、相手が崖際にいる際には長い足を利用して崖をつかんでいるファイターを攻撃する事も可能なので、崖際の戦闘が不安がある倍はそれを多用するのも手となる(これに関してはケンもリーチは短いが同様の手法が可能)。

ホームグラウンド「KOFスタジアム」

テリーのホームグラウンドとして「KOFスタジアム」が用意されており、通常設定だと画面の左右の端に透明な壁が設置されている。この壁は吹っ飛ばして撃墜確実な場合にのみ壊れるようになっておりその時初めて撃墜扱いになる。その為、奈落に落ちて自滅する事が不可能。
桜井ディレクター曰く、設定では「THE」が付かない餓狼伝説の世界の「キング・オブ・ファイターズ」という事になっているスタジアムである(その為に背景のモニター上のロゴはKING OF FIGHTERSになっている)。
撃墜に成功すると花火が出る等凝った演出になっており背景にはSNKキャラクターが観戦しており、曲設定によって入れ替わる事がある。
また、アメリカを意識している為にスタジアムのグラウンドにはアメフトのラインが描かれている等結構細かい。

ここでポケモン達を戦わせると背景にいるSNKキャラクターがポケモントレーナーみたく見える乱闘になるので一度は試してみるといいかもしれない。なお、このKOFスタジアムには餓狼伝説ならびにSNKの華として代表格であるも「良い子のCERO-A」の都合上出す事が困難ゆえに登場出来なかったキャラクターがいる

73.バンジョー&カズーイ74.テリー→75.ベレト/ベレス

関連イラスト

餓狼伝説

テリー・ボガード
ぶん殴られる覚悟は出来たか?



MARK OF THE WOLVES

テリー
ロッ君はぴば!



SNKヒロインズ

センシティブな作品
FATAL CUTIE



スマブラ参戦

テリー参戦
祝!テリー参戦2☆



パロディ

餓えた狼の伝説


いやまぁ…どっちも「餓えた狼」ですけどね?

関連動画

SNKヒロインズ キャラ紹介動画


その他・余談

  • 格ゲー界を代表するキャラクター故か、様々なコンテンツでパロディが散見されるキャラでもある。
    • 『つきねこ』においては彼と同じ服装の「サトシ」(cv市来光弘)と言うキャラクターが存在し、杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーンにおいては「パワーゲイザー」というコーナーがある。
    • 中でもひだまりスケッチ×☆☆☆のラジオにおいてゆの役の阿澄佳奈が披露した物まねは、番組独特のやる気のなさのままに発音だけは妙に似ている事から、一部の層には大変有名となった(阿澄氏が物まねを披露した回は番組史上最高の反響があったらしく、本人は大変驚いたそう)。→テリー阿澄
  • 1997年にオリックスブルーウェーブのイヤーブックでの広告に登場したこともある。その時はブルーウェーブのキャップを被っている。
  • 風雲黙示録のチュン・パイフーの大事な物に「帽子」とあり、『若い頃に"伝説の狼"とされる人物から譲り受けたもの』とあるが、テリーから直接手渡しでもらった物かどうかは謎である。帽子の色は青だし勝ちポーズでポンポン投げてるし…。
  • スマブラのサウンドテストの餓狼伝説シリーズでの一番最初の曲がリチャード・マイヤステージの「ハレマー教カポエレ派戦いの歌(信じるものは救われる)」になっており、しかもスマブラアレンジ版という豪華なのかカオスなのかわからないものに始まるSNK楽曲名物「テキトーかつわけわからない曲名」が並ぶ事態(全部が全部ではないが)に。…まあ、当時はそんなんだったから仕方がない。テリーの説明で桜井氏は「ターくんと北ピー」についてツッコミと逸話を語る始末である。しかも「ハレマー教~」がその中で曲名が一番長い。そして一番短い曲名は「ね!」である。…うん、もはやわけがわからない。
  • スマブラシリーズに参戦する男性ファイターの内一部ファイターに女装経験者はいるが、公式で女体化を経験したことがあるファイターはリュウとケンに続いて3人目である(3人共SVCにて公式で女体化を経験した。後にテリーは関連イラストのように二度目の経験するハメになった)。 スマブラSPではどうかしちゃう事態にはならなかった為、女体化状態のテリーはカラーバリエーションにも参戦はなかった
  • 招待状の送り主のSは桜井氏と思われるが、実はプロットには書いていない為、誰が書いたかについては不明。「SはスマブラのSでもある」と説明している。元ネタの「R」は倒した格闘家のブロンズ像をコレクションしているのが、「S」も参戦ファイターをamiibo化しているのであながち間違ってはいない。


関連タグ

格闘ゲーム SNK 餓狼伝説 KOF 
英雄 復讐者

クラーク・スティル:「KOF98」のEDに野球帽つながりでクラーク・スティルラッキー・グローバーの2人と帽子を交換して被ってる絵がある。
如月影二: ただ乗り仲間

女体化:SNKヒロインズでまさかの参戦。「あの砂野郎をぶっ飛ばす!」と言っていることから、
奴の干渉によってこんな体になってしまったようだ
スカロマニア:同じ被害にあった、ストリートファイターEXのキャラクター。

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL 他社組 DLC組 ファイターパス

外部リンク

餓狼伝説総合公式サイト
【CHARACTER】テリー・ボガード
ゲームプロパティ 餓狼伝説

関連記事

親記事

餓狼伝説 がろうでんせつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「テリー・ボガード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3432207

コメント