ピクシブ百科事典

ナコルル

なこるる

SNKの格闘ゲーム『サムライスピリッツ』シリーズのヒロイン。 清楚可憐を全面に押し出し90年代格闘ゲーム界の代表的キャラクターの一人となった。 決め台詞は「大自然のおしおきです。」
目次[非表示]

私の心が癒えるのはいつ……

プロフィール

流派シカンナカムイ流刀舞術
武器銘宝刀・チチウシ
生年月日1771年10月11日 明け方(明和8年)
年齢
  • 17歳(初代、斬 、天)
  • 18歳(真)
  • 15歳(零)
出生地アイヌモシリ・カムイコタン
血ノ型AB型
身長5尺1寸(約153cm)
体重語らず
三体数
  • 二尺三寸、一尺六寸、二尺六寸(B73・W50・H82)
  • B82・W48・H82(侍魂)
  • B70・W48・H79(零)
趣向
  • 自然の声を聴くこと
  • 森林浴(侍魂)
家族構成祖父・サノウク / 祖母・モナシリ / 妹・リムルル / 鷹・ママハハ / 狼・シクルゥ
宝物チチウシ(アイヌの戦士だった父親の形見)
好きな物
  • カムイコタンの森や動物たち
  • 森や動物(侍魂)
  • カムイコタンの自然(零)
嫌いな物
  • 自然を汚す悪い人間たち
  • 自然を汚す悪人(侍魂)
  • 自然を大切に出来ない人たち(零)
コンプレックス
  • 秘密
  • 巫女としての宿命の重さ(侍魂)
剣の道について
  • 他人を傷つけたくはないが、自然を守っていくために必要だと思う
  • 自然を守るための手段(侍魂)
  • 護身術として父様から教わりました(零)
尊敬する人
  • どんなかたでも、尊敬できる一面をもっています
  • 亡き父(侍魂)
  • 父様(零)
特技毎朝作る「ラタシケプ」はみんなおいしいと言ってくれます
平和だと思うとき森の木々に囲まれて過ごしているとき
好みのタイプ
  • どんな人にも素晴らしい一面が必ずあります
  • あまり考えた事はありません(零)
現代社会での彼らは?彼女は現代社会では淘汰され、生きてはいられない


概要

シリーズ全てに登場する北限の地「アイヌモシリ」(アイヌ民族の里)の巫女で、大自然と意思を疎通できる不思議な力を持つ少女
世界に広がるウェンカムイ(悪神)の気配を感じ、その禍々しい気の原因を探り、正すことを使命として本州へと旅立つ。
どこまでも純真で穢れることのない清い心を持ち、大自然のためにその身を捧げることをも厭わないほどに自然を深く愛している。事実、『真サム』にて荒れ果てた自然を復活させるためにその身を捧げ、若くしてこの世を去ってしまった(※1)。
鷹のママハハと狼のシクルゥを飼っている。
リムルルというもおり、非常に慕われている。

※1:なお『真サム』はサムスピシリーズ2作目に該当するが、以後の作品が時系列や歴史の分岐違いで続くため、結果的には全シリーズ皆勤で出場している。理由は後述。

CV担当

戦闘スタイル

宝刀・チチウシという短刀とママハハとの連携を武器に戦う、素早い動きとトリッキーな動きを持ち味とするキャラ。必殺技によっては腰布も武器として振るう。
シリーズを通じて空中戦でのポテンシャルが高く、ほぼ唯一空中での特殊技(必殺技に該当しない技)を持つ。同時にリーチの短さがネックとなっており、いかにうまく立ち回っていけるかが操作のポイントとなっている。
出場するたびに強さのランクが激しく変動したが、最終的にはどうにか中堅レベルには収まった。

紫ナコルル

2Pカラー(紫)のナコルルが1Pカラーに対して勝利画面の表情が異なるなど一部グラフィックに違いがある。そのグラフィックの雰囲気が清楚なナコルルのイメージとうって変わって妖艶な雰囲気を持っていたため、ファンからは「紫ナコルル」などと呼ばれて親しまれた。

ナコルル
初体験


『真』まではグラフィック以外に違いはないが、『斬紅郎無双剣』以降に修羅・羅刹システムが導入されたのに伴い、紫ナコルルは羅刹として明確に区別化された。
修羅のナコルルがママハハを連れているのに対して、羅刹ナコルルはシクルゥを連れている。
また、性格が通常のナコルルよりもやや強気の設定で差別化されているため、紫ナコルル派という独立したファンを獲得した。

シリーズを重ねていく毎に修羅と羅刹の差異は増し、スタッフの暴走はやがて、金的蹴りするナコルルにまで至るのである。

レラへの派生

ポリサムでは容量の都合上、羅刹はボブカットに変更されたことで、通常のナコルルとまた差別化されていくことになる。

ナコルルコナ


更にOVAアスラ斬魔伝では明確に「別の存在」のような形として登場しだすと、その後アドベンチャーゲーム『ナコルル〜あのひとからのおくりもの〜』にて謎のキャラクターレラが登場する。

2003年『サムライスピリッツ零』にてレラが使用キャラクターとなって登場。羅刹ナコルルの技や性能を引き継いだ(零サムのレラはナコりものをベースにしているものの若干設定は異なる)。
これにより、2Pキャラクターであった紫ナコルルは、紆余曲折を経て最終的には名を付けられた別人物という扱いになった。
ただし、レラはナコルル自身のもう一つの姿であるため、彼女もまたナコルルには違いない。
……が、熱心な紫ナコ派はこれでは満足しなかった。
原因はレラの性格がクールビューティーだったためである。
そんなに罵られたいのか、この紳士どもめ!
紫派の願いがメーカーに届いたのか『天下一剣客伝』(剣サム)にて紫ナコルルが隠しキャラとして復活した。
すなわち3体のナコルルがここに揃ったのである。

ナコルル・レラ生誕祭2014
ナコルル&レラ誕生日2013


清楚タイプのナコルル、勝ち気な紫ナコ、クールなレラ。好きなナコルルを選ぶといい。

ガルフォードとの関係性

初代サムスピにおいて天草四郎時貞討伐の中で知り合った、甲賀流を修めた正義のアメリカン忍者・ガルフォードに好意を寄せられている。
ナコルル自身もまっすぐに気持ちを向けてくるガルフォードの事は憎からず思っている様子だが、ナコルルは巫女として、カムイの戦士としての使命に命を捧げたため、相思相愛(?)ではあるが悲恋に終わっている。

真サムのEDで唐突に登場するガルフォード、なにやらいい雰囲気を醸し出すガルフォードとナコルル。ある意味ナコルルの死亡以上に大ダメージを受けた人も多かったらしい。

格ゲー界・不動のアイドル

春麗不知火舞モリガンと並ぶ格ゲー界・不動の人気女性キャラの一人。
清楚系の美少女の登場は、業界に衝撃を与え、格ゲーヒロインの萌えキャラ化の先駆けとも言える。
それまでお姉様キャラが主流だった女性キャラ枠に「清楚・純真・若年ヒロイン」という枠を築いたことで、それまでさして格ゲーに興味のなかった正統派ヒロイン好きなゲーマーたちの心を鷲掴みにした。
今でこそサムスピの開発自体が止まったために日本での知名度は薄らいでいるが、格ゲー界全体で見渡せば今なおトップクラスの人気を維持している
それゆえに、格ゲー女性キャラに関する総合人気投票では、春麗共々『殿堂入り』という名誉の出場停止処分となっている。
その勢いはゲーム内に留まらず、三鷹市の水道局のポスターキャラに起用されたことも。
SNK主催の青少年健全育成を目的とする非営利団体『テリー&ナコルルクラブ』の顔でもあり、もはやSNKの女性キャラ筆頭といっても過言ではない扱いを受けている。
そのため、『真サム』で彼女が亡くなった際には大騒ぎとなり、スタッフはやむなくナコルルを出演させるための方法に四苦八苦する羽目になったとも。一説には、これがサムスピシリーズの時系列をややこしくさせた原因の一端と言われている。
なお、格ゲー女性キャラのフィギュア化もナコルルが第一号。

原作以外でも多数出演しており、カプコンとの合作である『CVS』シリーズや『SVC』シリーズにもサムスピ枠の代表の一人として参戦している。
QKOFでもプレイヤーキャラとして参戦し、後のシリーズでは背景やストライカーとして出ている。
またSNKプレイモアの公式ギャルゲー『Days of Memories』にも4回も出演しており、うち3度に渡って攻略対象ヒロインとして設定される優遇ぶり。
パロディ作品であるネオジオDJステーションではなぜかメシマズ設定になっている。

また、2017年1月13日から同23日までソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』とのまさかのコラボイベントとして行われた『グランブルースピリッツ』では、コラボ主役男性枠の覇王丸に対し、コラボ主役女性枠としてシナリオ内に登場。天草復活と邪神アンブロジァの暗躍により荒れていく空の世界を救うため、主人公の騎空団と協力して異変解決に向かう。
覇王丸と同じくプレイアブルキャラにもなっており、イベント内で手に入るトレジャーを集めて交換する事で、正式に騎空団の仲間として使用可能になる。なおこのトレジャー交換では、ナコルルのみならず彼女の愛刀チチウシも主人公の使う武器として入手が可能である。
なお、グラブルのマスコットでもあるビィくんからの呼称は「大自然の姉ちゃん」。…ん、そういやビィくんの中の人って…

pixivでは

元々が死亡上等の武器格闘ゆえ、R-18やR-18Gイラストが多い。
それらを除外してイラストを閲覧する際は、「-R-18」や「-R-18G」を加えた検索(マイナス(-)検索)をすると良い。

真サムライスピリッツの後

羅将神ミヅキ戦の後、死亡したかに思われていたナコルルだったが、彼女は自然の大いなる息吹の中で回復し眠りについていた。
そして最凶の魔が動き始めた時、少女は再び剣を取る。
彼女の闘いは終わったわけではなかった。

正史の時系列で真の後に続く通称ポリサムと呼ばれる続編。
なんと死亡したナコルルは大自然の加護により生きていた(大自然の力か胸もバストアップした!)
また本作のナコルルは少女としての葛藤の部分も描かれている。

KOF参戦

KOF XIV』にて遂にサムスピから初の正式なプレイアブルキャラとして登場した。
ただし過去にもタカラ開発の版、『熱闘KOF'95』でゲスト参戦していたり(※)『KOF2000』のストライカー等で登場自体はしている。
2017年1月には有料DLCとして制服コスが販売された。『私立カムイコタン女子高等学校制服』という設定で、スタッフによると短刀はおもちゃになってるんだとか。

※…KOF'95当時、隠しキャラとしてサムスピキャラが存在するといった都市伝説があったらしく、アレンジ移植だった熱闘KOF'95で都市伝説を実現した可能性が高い。条件を満たしてエキシビションマッチで対戦相手になる。(隠しコマンドを使うとプレイヤーキャラとして使える)

従来までKOFシリーズに参戦できなかったのは「世界観の不一致」、「当時、KOFのゲームエンジンの基礎の部分に、武器やママハハといったキャラクターとは別のスプライトを被せる仕組みが組み込まれていなかった」という理由だと言われていた。
元KOFスタッフの鍬差氏によると、実際はKOF95か96の頃に『サムスピチーム』を入れる予定があったと明かしている。
ドットも動いていたがスケジュールの都合で流れてしまったとのこと。(ちなみに覇王丸、ナコルル、ガルフォードが登場する予定だったらしい)

SNKヒロインズにも引き続き登場したが、(以前のクロスオーバーで対になった彼女にでも因んだか)ヴァンパイアに見立てたナコルルらしくない露出度の高い衣装に、頭にリボンがないので一見では誰だかわからないレベル。

ヴァンパイアナコルル


(元ネタは『ときめきトゥナイト』のエンディングの江藤蘭世と思われる)
冒頭組み合わせ次第でナコルルのちょっと天然な一面も見ることができる。
エンディングでは14のチームストーリーの断片が描写されている。(精霊化し時空を渡りラブ・ハートとムイムイをKOF世界へ導くというもの。)

使命からウェイカム追い、異世界に来たナコルル。きっと今回も大きな困難が待ち受けているであろう…が、

ナコルル&レラ その2
サムスピ新作おめでとう


『スマホ片手に3人で観光したり、制服着たり異世界を満喫するナコルルの様子』

意図的に原作との対比としているのか笑顔の描写が多め。
「現代社会では淘汰され、生きてはいられない」はずのナコルルは現代ライフを謳歌していたのである。

その他・余談

(当時の)公式によるデザイン時の注意事項、細部設定の指定はこうである。

  • 耳は見せない。
  • 基本的に垂れ目である。紫ナコはツリ目。
  • 前髪は大げさに描く。まっすぐにまとめず、ばらにする。(前髪はポイントの一つでシルエット・雰囲気が変わってしまうので)
  • 脇は色っぽく。
  • ナコルルはもの静かであり、感情を表に出さないタイプ。(ただし爆発すると…)
  • 笑みの限界は微笑みまで。(それ以上はできない)

侍組や悠紀の指定はこうだが、描き手によってナコルルのデザインに関しての解釈は様々である。
近年は公式ですら細部設定を認識していないのかだいぶバラつきがある状態に…。

ポリサムを担当した北千里氏によると「ナコルルは童顔なので、リムルルの姉を意識し過ぎると可愛くなくなるから目は大きめに描いてください」と言われてたらしい。

1994年に三鷹市水道局のポスターにナコルルが採用された事がある。イラストレーターは結城信輝氏(聖剣伝説3クロノクロスキャラデザ担当)。

はっきり言ってしまえばサムライスピリッツシリーズの作品ごとの時系列をややこしくした元凶
もちろんキャラクター自体に非はないのだが、人気絶頂期に発表されたシリーズ二作目で何をトチ狂ったのか制作スタッフが個別ENDで「彼女を死亡させ唐突に現れた妹のリムルルがその遺志を継ぐ」と言うシナリオを提示してしまった為、「人気キャラの続投で固定客を離さない」という経営方針も相まって、三作目から色々とおかしい事になる羽目になってしまった。

関連動画



関連タグ

サムライスピリッツ リムルル ママハハ シクルゥ
大自然のおしおき 北海道 アイヌ 鳥と女の子
不知火舞 春麗 モリガン 
ナコルル先輩:アニメ氷菓のキャラクター河内亜也子。劇中でナコルルのコスプレをしたことで話題になった。先輩は表情が良い。ちなみに衣装は赤ナコだが性格や顔つきは紫ナコ寄り。

関連記事

親記事

サムライスピリッツ さむらいすぴりっつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナコルル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9627595

コメント