ピクシブ百科事典

サムライスピリッツ零

さむらいすぴりっつぜろ

SNKプレイモアが販売。悠紀エンタープライズが開発した対戦型格闘ゲーム。稼働日は2003年10月10日。 サムライスピリッツシリーズ通算第7作目だが2Dでは5作目であるため海外では『Samurai Shodown V』として販売されている
目次[非表示]

概要

時系列は初代よりも以前に設定されている。シリーズでは最初の物語として扱われている。
ナコルルとリムルルは本作のために書き直されたが、それ以外の旧キャラクターは天草降臨の使い回しとなっている。

『天草降臨』から導入されていた連斬システムを削除、新たに体力ゲージの下に「剣気」ゲージを搭載。このゲージは、攻撃をすると出した技の威力に比例して減少し、攻撃をしないと回復する。
『斬紅郎無双剣』から導入されていた「修羅・羅刹」システムも廃止されて大部分のキャラクターは技が統合した。

和月伸宏内藤泰弘というシリーズのファンでも知られる2人の漫画家をキャラクターデザイナーと参加しているのも本作の特徴。

OPナレーションは内海賢二氏が担当。他にも新キャストに多くの賢プロダクション所属の声優が起用されている。

後にバージョンアップ版の「サムライスピリッツ零SPECIAL」も発売された。ただ残虐描写が追加されたため、ネオジオ以外の家庭用ゲーム機への移植はPlayStation 4・PlayStation Vita版まで15年近く行われることがなかった。(更に言うと、「零SPECIAL」の方はMVS/ネオジオ版が海外で正式発売されなかったため、2015年にHumble Bundleで配信が開始された、PC版「SAMURAI SHODOWN V SPECIAL」まで待つことになった)

尚、「サムライスピリッツ零SPECIAL」がネオジオ/MVS最後の作品となった。その理由に海外の違法ROM配信サイトで最もダウンロード数が多かったソフトが本作だったことに加え、海賊行為への対策もこれ以上できなくなったことから、SNKプレイモアはネオジオの生産終了を発表し、14年と長きに渡ったプラットフォームの歴史に幕を閉じることとなった。

登場キャラクター

覇王丸
橘右京
ナコルル
ガルフォード
服部半蔵
柳生十兵衛
千両狂死郎
タムタム
シャルロット
牙神幻十郎
緋雨閑丸
リムルル
首斬り破沙羅
花諷院骸羅
風間火月
風間蒼月
徳川慶寅
真鏡名ミナ
劉雲飛
妖怪腐れ外道
レラ
羅刹丸
炎邪
水邪
パピー(※無印のみの隠しキャラ)
萬三九六(零無印では、1人目の中ボス)
黒河内夢路(零無印では、2人目の中ボス)
兇國日輪守我旺(※ラスボス)
以下、零SPECIALのみ登場。
天草四郎時貞
壬無月斬紅郎
羅将神ミヅキ

関連タグ

サムライスピリッツ

関連記事

親記事

サムライスピリッツ さむらいすぴりっつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サムライスピリッツ零」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22478

コメント