ピクシブ百科事典

覇王丸

はおうまる

SNKの対戦格闘ゲーム『サムライスピリッツ』シリーズの主人公。シリーズ全作品にプレイヤーキャラクターとして登場。剛刀一閃。
目次[非表示]

今は昔のものがたり
我が道 極めんとする男あり
血生臭い生きざまに
凶事まとうは 偶然ではなかった

プロフィール

流派我流
武器銘名刀・河豚毒(ふぐどく)
生年月日1763年(宝暦十三年)九月五日 午の刻
年齢
  • 25歳(初代、斬)
  • 26歳(真、天)
  • 24歳(零)
  • 47歳(蒼紅)
出生地武蔵国 城下町
血ノ型A型
身長五尺七寸(約173cm)
体重十七貫目(約64kg)
趣向
  • 修行
  • 酒(蒼紅)
家族構成23歳の時決別
宝物河豚毒
好きなもの決闘
嫌いなもの卑怯なヤツ、油虫
コンプレックス短気
尊敬する人花諷院和狆、実家の近所の老学者
剣の道について
  • これこそ男道(初代~ポリサム)
  • 生涯を賭して極めるべき道(零、剣、閃)
特技大道芸(本人は至って真面目に、剣術だと言い張る)
平和を感じるとき酒が美味いとき
好みのタイプ大和撫子
現代社会での彼は…?地元放送局の大道具さん


キャッチコピー

  • 「天下無敵の熱血漢」(初代)
  • 「剛に生きる風来坊」(斬)
  • 「無頼の剣客」(アスラ・修羅)
  • 「鬼に近づきし剣客」(アスラ・羅刹)
  • 「伝説の剣豪」(蒼紅)
  • 「無双の剣豪」(カプエス2)
  • 「豪快無頼の剣客(バトコロ)
  • 「豪快無頼の大剣豪」(閃)
  • 「さすらいの剣豪」(2019)


役者一覧


概要

サムライスピリッツ』の主人公。剣の道を極めんと世界を旅している。
彼の代名詞である大斬り「斬鉄閃」の威力はまさにサムスピを象徴する技である。

人物

武蔵国の貧しい旗本出身。性格は馬鹿がつくほど正直で豪胆。
武家としての格式を嫌い、親から強制される学問や手習いは放り出す。
しかし剣の稽古だけは性に合い、真面目に通いつめると頭角を現し、大の大人をもうち負かす程の腕前にまでなっていた。
近所の老学者を尊敬しており、彼の知識・雑学が覇王丸の世界観の形成に大いに繋がっている。

覇王丸



無敵を誇っていた覇王丸だが、四国の地で柳生十兵衛に敗北。
覇王丸は己の未熟さを初めて思い知る。以来、剣の道を極めるため家族と決別し、旅に出た。
その後、魔物・妖物退治も行っている元剣豪の老僧・花諷院和狆の元で牙神幻十郎と共に剣を学ぶ。幻十郎とはその頃からの因縁の間柄。

師弟



「紅珠魂」という特殊な魂の持ち主で「半陽の男」でもある覇王丸は、やがて羅将神ミヅキ壊帝ユガ等の魔界の者から狙われることになる。

人間関係

  • 老学者

若き日の覇王丸に多大な影響を与えた人物。国学や蘭学を修めた学者で、武蔵国にて隠居生活を送っている。

  • 千両狂死郎
商売敵。
  • 花諷院和狆
枯華院の住職、剣術の師匠。
  • 牙神幻十郎
和狆の元で共に修行をした同門の兄弟子、宿敵。

お静との関係

かつて恋仲であったが、「剣の道に女は不要」と故郷に残してきた許嫁。
このお静だが、覇王丸が剣士として諸国放浪の旅に出てからも覇王丸への想いは持ち続けており、「真サムライスピリッツ」の覇王丸EDでは、羅将神ミヅキおよび暗黒神アンブロジアを退けた果てに満身創痍で幻十郎と出くわして斬られそうになっていた覇王丸のもとに追いつき、幻十郎を決死の覚悟で説得して退かせ、覇王丸にもその感謝と詫び混じりに抱きしめられるなど、その覚悟と愛は確かなものを持っているようである。
ちなみに本名は脇坂静。

性能

一言でいえば、サムライスピリッツと言う作品・世界観を、端的に表しているキャラだろう。
近年主流になっているコンボゲーでは、GGで言うHSでも致命傷に至る事はまずあり得ないが、覇王丸の遠距離立ち強斬り「斬鉄閃」は防御力次第ではあるが、一撃で半分は当たり前。
条件次第ではほぼ即死クラスの大ダメージを与える。
ただ、この一撃も容易くは当たらず、如何にして全身全霊の一撃を叩き込むかが、プレイヤーの腕の見せ所となる。
コンボゲーとは対をなす一撃必殺ゲーの真髄を体験するには、うってつけのキャラと言える。

余談

元ネタ

デザインのモチーフになったのは宮本武蔵で、ライバルの橘右京佐々木小次郎をベースにした事と対になった存在として誕生。
初期プロットでの名称は「ムサシ」(右京はそのまま"小次郎")で、ゲーム内の立ち姿が現在のような八相の構えではなく、鞘におさめたまま腰脇に持つという、むしろ居合の抜刀術に近いポーズだった。
髪型についてスタッフは、手塚治虫の漫画『どろろ』の百鬼丸をイメージしたと語っている。

嫌いな物~その訳~

 向かうところ怖いもの無しとも思える彼にも、流石に嫌いな物はある。
 それは油虫。今で言うところのGである。
 今でも好きと言う人はゼロに等しいGであるが、彼の場合その理由と言うのがちょっとズレている…。
 その理由を彼に問えば、ただ一言。

 「 不 味 か っ た か ら 」

・・・喰ったのか?喰ったんだな?!普通喰うか!?

「名刀・河豚毒」とは?

刀身は二尺五寸(約75~76cm)ほどあり、茎付近に「南無阿弥陀仏」と彫りが施された覇王丸の愛刀。名前の由来は「この刀から繰り出される峰打ちは、まるで河豚毒に当たったような激痛がするから」という説がある。無名の刀匠がネタの範疇で拵えたという剛刀で、「地獄の鬼ですら使いこなせない」という重量を持ち、そんじょそこらの男の膂力では抜刀はおろか持ち歩くことも叶わないという。東大寺の五重塔に奉納された所を覇王丸が拾い、覇王丸と共に数々の伝説を作り上げる事になった。
初代オープニングの「葉隠」(武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり…で始まるアレ。)の一節を覇王丸が河豚毒の一振りで覇王丸の左右両隣の灯篭や中央の神木を叩き斬って締めるオープニングが印象深い。

なお、ソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』におけるサムスピとのコラボイベント『グランブルースピリッツ』においても、使い手である覇王丸とともに、河豚毒もトレジャー交換報酬(イベントボスドロップでも入手可能)に名を連ね、主人公が装備できる武器として登場している。
ランクはSSR、属性は風。武器区分はむろん「刀」。
主人公の奥義ゲージ最大時に放てる奥義は覇王丸のそれにあやかった『旋風裂斬』。
ただし覇王丸がグラブルにおいて第三アビリティとして使えるそれ(敵全員に風属性ダメージ)と違い、効果は「風属性ダメージ(特大)、主人公に「幻影」エンチャント付与」、というものである。

関連タグ

サムライスピリッツ SNK
















【以下、EVO2019におけるネタバレを掲載。閲覧には細心の注意を払われたし】
































2年前の鉄拳7におけるギースのゲスト出演に続いて、なんと今度はソウルキャリバー6にて覇王丸のゲスト出演である。
人気キャラのカサンドラの復活、シーズン2に向けての新システム実装でファンの期待を煽りに煽って最後に出てきたときの様子は、是非とも動画を確認されたし。

サムライスピリッツVSソウルキャリバー


(遂に実現…!)

関連記事

親記事

サムライスピリッツ さむらいすぴりっつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「覇王丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 616036

コメント