ピクシブ百科事典

百鬼丸

ひゃっきまる

「どろろ」に登場するキャラクター
目次[非表示]

概要

貧相な見た目に一本のを持つ14歳の少年。身体に様々な武器が仕込まれている。
醍醐景光の実子であるが、生まれる前に48の魔物への生贄に差し出されてしまい、それによって全身48か所を欠損したヒルコのような存在と化してこの世に生を受ける。

その後父によってに流された所を医者寿海に拾われ、体の足りない部分を人口のパーツで補ってもらい、見た目も体の動きもごく普通の人間と遜色ないところまで回復する。重い障害を負って生まれたゆえか、目や口が使えずとも心で会話する超能力も身についており、それも自在に動く助けとなっている。

しかし、その特異な出自ゆえに成長と共に妖怪や霊的な存在に付きまとわれるようになったため、医師から旅に出るよう言い渡される。これ以上、医師に迷惑をかけないよう、百鬼丸はその言葉を受け入れ、自分自身を受け入れてくれる場所、そして自身の48か所を奪った妖怪たちの姿を追い求め、旅立った。

酷薄な生い立ちを背負い荒んだ戦国の世に孤独に生きていること、そして行く先々で疎まれ差別される境遇から、14歳の若さながらニヒリスト的な性格をしており、めったなことでは他人に心を開こうとしない。


各種ギミック

ただの飾り。後に魔物を討伐することで両目の視力が回復した。
ゲームでは「片目を取り返すことで周囲が白黒からカラーに変わる」と言う演出になっている。

ただの飾り。

強力な爆薬。作中で九尾狐討伐の際に使用し紛失したが、九尾狐が死んだことにより本物の鼻が生えた。

両腕にが仕込まれている。
左腕は無銘、右腕の刀は寿海が殿様から拝領した名刀とのこと。左腕奪還後はの柄に身頃を差し普通の刀として使用。

焼水と呼ばれる強酸を噴霧する水鉄砲が仕込まれている。

余談

手塚スターシステムの例に漏れず、百鬼丸もポジションを変えて他作品に出演している。
ブラック・ジャック』では百鬼博士という医学博士として登場。
ヤングブラック・ジャック』では百樹丸雄という名で登場する(詳細はリンク先にて)。

関連タグ

どろろ 手塚治虫 武器腕
サイボーグ

pixivに投稿された作品 pixivで「百鬼丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 366918

コメント