ピクシブ百科事典

エーミール

えーみーる

エーミールとは、『少年の日の思い出』の登場人物、またはゲーム実況グループ『◯◯の主役は我々だ!』のメンバーの1人である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ヘルマン・ヘッセ小説少年の日の思い出』の登場人物。
  2. ゲーム実況グループ『○○の主役は我々だ!』のメンバーの1人。タグとしては殆どがこちら。


本記事では、両方の説明をする。

ヘルマン・ヘッセ著『少年の日の思い出』

先生息子で、非の打ち所のない模範的な子供。だが僕(主人公)は彼を認めているものの、嫉妬している状態。僕が珍しい青いコムラサキを彼に見せたとき、彼は20ペニほどの値打ちがあるといったが、その後難癖をつけたため、僕は彼に二度と獲物は見せなかった(20ペニはノート2冊分)。に関する知識も豊富で、クジャクヤママユの孵化に成功するが・・・?

そうかそうか、



関連タグ

ヘルマン・ヘッセ わたし 小説 少年の日の思い出 クジャエミ

外部リンク

エーミールとは - ニコニコ大百科

『○○の主役は我々だ!』のメンバー

てぃーたいむ


2016.6.23 参戦。
字幕・イメージカラーは茶色。
エミさん。教授。おスベりマン。知識の倉庫。
知識が大変豊富なインテリ枠である。
2016年6月23日に『英国EU離脱!?ジョンブルからの挑戦状!』ではゆっくり解説として初登場し、2016年12月29日、YouTubeのWoT動画にて初めて生声実況に参加。元々は「第二次世界大戦の主役は我々だ!」で我々だを知り、そこら作品を視聴していたユーザーであった。
ハゲネタで弄られるがあくまでネタである(戒め)。我々だのDTその3(その1はトントン、その2はロボロである)。
大漢食の舌バカであるらしく、ゾムの食害に振り回されるメンバーの残飯処理係を担ったりもしていた。
セミを食べたことがある。
「エミさんに真実を教えるのは俺だけやで」という教祖シマに偏った洗脳を受けたり、ゾムに恵方巻きピンポンダッシュをされたり、キャバクラ嬢チーノに酒を集られたり、童貞で尚且つ春が来ないことをネタにされたりと、基本的にいじられキャラである。
だが流されやすいYesマンというわけではなく、嫌なことははっきり断る負けず嫌い。我が強い一面もあり、その負けん気の強さから戦法としてイモリプレイを選択し、メンバーの反感を買うことが度々ある(芋ミール)。時には状況を上手く把握出来ずに、珍妙な行動を取ってしまう一面も(エミエミランド)。
ゲームは全般的に苦手であり、マイクラ人狼では活躍したと思ったらすぐに殺される。パークスキル持ちであり、黒だと白に見られ、白だと黒に見られる。
同時に自己犠牲精神の持ち主であるため、味方の肉壁や囮になったり、ガサツに処す流れになった時は、受け入れて処されるパターンが殆ど。
しかし演技で相手を罠にはめたり、しれっと宣戦布告したりと最近強かになりつつある。ただし結局はガバって死にがち。
知識が豊富であるが故に、無意識にそれを出してしまうため、よくイキリ警察に検挙されている。ちなみに、たまに彼が動画中であざとい言動をすると、視聴者らがあざとい警察と化す。
大喜利ではかなりの頻度でスベる(エミる)ため、大体カットされるか、見兼ねた司会やコネシマに助けられている。ついでに手もスベる。
春が来ないことをネタにされすぎて、彼が主役の我々式TRPG『街コンラプソディ』がYouTubeに、そしてこのTRPGを原作としたカードゲーム『インパクト・ミー』が誕生した。また、他のTRPGでは既婚者だったり(時よ止まれ)、ヒロインの夫だったりする(雪岬心中)。ただし幽霊にはモテなかった(狙われた鬱)。
他メンバーと同様、一人称が安定していない。基本的には"私"であり、教授然とした敬語で話す。怒ると"俺"になりタメ口(おそらくこれが素)、稀に"僕"口調にもなる。メンバーのことは基本的に"さん"付け(後輩にあたるショッピ、チーノはたまに"くん"付け)で呼んでおり、本人曰く"癖"らしい。

ゆっくりは茶髪眼鏡。後に教授然とした恰好の立ち絵と、それに合わせたマイクラスキンも登場。白目に金髪(or色素の薄い茶色)、茶色のベスト(orカーディガン)と緑のネクタイ(orループタイ)など、描き手によって、色や身につけている物がかなり異なる。TRPGイラストでは、メガネで白目を表現しているものが多い。また、異世界の主役は我々だ!ヘルドクターくられの科学はすべてを解決する!!など、コミックでは、同じ人物をモチーフにしているのに見た目と性格の振り幅が広いという現象を起こしている。

名言・語録
「君は、このコーヒーの量を無限大と考えるかい?」
「私は戦争屋ではありませんので」
「それは私に対する挑戦ということですか?」
「バールバラ同盟?そんなもの、今あると思ってんでしょうか?いや、無い。突撃や」
「ペンギンだから上がれないのっ!」
「俺の役職村人っ♪」
「こっちはアレやぞ?一流のガンナーに三流の運転ドライバーがついてるんやぞ、任せとけよ?」
「サンタさん何でもくれるって言ったのに、嘘つきですか」
「ヒャッハハハハハッ!!」
「同僚殺してもう何も怖くないッ!!」
「僕はね、子どもらしい子どもが好き」

コミックスでのエーミール
異世界の主役は我々だ!

たまりにたまった落書き&ボツ絵


思想・主義は現在のところ不明。
ゲーム版・マンガ版で序盤からグルッペンと度々会話していた人物。グルッペンと協力関係にあるようだが、未だに謎が多い。
マンガ版では立ち絵と異なり目が描かれており(何なら目つきも悪い)、髪色も茶色に近くなっている。
6巻で表紙を飾り、シルエットが明らかとなった。

ヘルドクターくられの科学はすべてを解決する!!

かがくみぃる🦋


3巻にて初登場。
一度クビになったくられ先生の復職を手伝い、うつくんの小学校の新しい校長となった。
ゾムをボディーガードとして雇っており、彼からは"教授"と呼ばれている。
凡児徹底をモットーとしているが、くられ先生が作ったゾンビになる薬の効果をあまりわかっていなかったりと、肝心なところで抜けている。だが敵対者との取引でトランクにリモコン爆弾を忍ばせたり、仕込み杖を常備するなど、策士な一面もある。
横髪の一部がハネており、モノクルをかけている。

魔界の主役は我々だ!
本編では未登場。
二次創作では垂れ角の姿で描かれていることが多い。

関連記事

親記事

キャラクター名 きゃらくたーめい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エーミール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2532024

コメント