ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

原題:Jugendgedenken()

 標本作りに熱心な主人公・「」は、隣に住むエーミールが持つクジャクヤママユの標本を盗み出し、破損させてしまう。取り返しのつかないことをした「僕」はエーミールに謝罪するが……

 元々、この作品は『クジャクヤママユ(独:Das Nachtpfauenauge)』という題で1911年に発表された作品で、この『少年の日の思い出』は1931年に改稿されたもの。どちらもストーリーの流れは概ね同じだが、改稿作業に当たり、主人公・『僕』に設定されていた姓名が削られる(改稿前の『クジャクヤママユ』では、その名前がハインリッヒ(Heinrich)であることが言及されている)など数々の微細な変更がなされている。

 ただし、現在原語版において全集などで入手可能なのは、改稿前のヴァージョンに当たる『クジャクヤママユ』が殆ど。ちなみに日本では、ヘッセのチョウを題材にした創作集『蝶(独:Schmetterlinge)(編:フォルカー・ミヒェルス(Volker Michels))』にて読むことができる。

 中学1年生の国語の教科書(東京書籍)に採用されたことで知名度が高く、多くの日本人が初めて触れるヘッセ作品となっているが、本国ドイツではかなりマイナーな作品だったりする。





作中に登場する蝶と蛾

ヨーロッパでは蝶と蛾を区別しないので、作中では全ての種が蝶表記になっている。

皆さんご存知の潰された蝶。
ヤママユ科の蛾の一種。日本には生息しない。
翅に目玉模様をもつ大型の蛾。
この小説が和訳された際に和名が付けられた。

下翅に黄色い模様をもつシタバガ亜科のの一種。
日本では北海道に生息する。
現在ヨーロッパには生息しないとされており、作中に登場したものは、以前は同種とされていた近縁種のキララキシタバ

アゲハチョウ科の蝶の一種。
日本にも広く分布し、幼虫はセリ科の植物を食べる。
作中に登場したものは亜種のヨーロッパキアゲハと思われる。

オスが青い翅をもつタテハチョウ科 コムラサキ亜科の一種。成虫は樹液を吸い、幼虫はヤナギ科の樹木の葉を食べる。
ヨーロッパに本種は生息しないので、作中に登場したものは近縁種のイリスコムラサキ(チョウセンコムラサキ)、またはイリアコムラサキ(タイリクコムラサキ)だと考えられている。


関連タグ

ヘルマン・ヘッセ 児童文学 国語の教科書
そうか、そうか、つまりきみはそんなやつなんだな。
カップリングタグ:エミ僕 僕エミ クジャエミ

関連外部リンク

少年の日の思い出 - Wikipedia

関連記事

親記事

児童文学 じどうぶんがく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「少年の日の思い出」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「少年の日の思い出」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2111079

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました