ピクシブ百科事典

星の王子さま

ほしのおうじさま

『星の王子さま』とは、サン=テグジュペリによるフランスの児童文学作品である。
目次[非表示]

  « Le plus important est invisible »
      大切なものは、目に見えない

  • 原題は「Le Petit Prince(小さな王子)」(厳密には、この「prince」は「王子」というよりはむしろ「大公」のニュアンスで捉えた方が正確であるという学説もある。)

  • 作者の飛行中の失踪により、これが生涯最後の著作となってしまう。

  • 可愛らしい挿絵は勿論、読者に深く考えさせる内容は 発刊から60年以上経った現代でも幅広い層から支持を受けている。

  • 日本では、1953年に初めて邦訳版(訳者は仏文学者の内藤濯(ないとうあろう、1883年 - 1977年))が岩波書店から発行され、若い女性を中心に大きな人気を集めた(後に同社の翻訳独占権が消失して以降は、様々な出版社から大多数の邦訳版が発表されている)。後には、「チャージマン研!」でおなじみのナックが「星の王子さまプチ・プランス」のタイトルでアニメ化している。もちろんあの絵柄だが、真面目に作られており日本でも好評だっただけでなく、アメリカに輸出される等海外でも評判だった。

  • たとえ名作であっても、只では終わらないのがpixivユーザーである。

無理目
銀河の美少年さま
☆星の鬼道さま☆
Le Petit Prince



まさかの漫画化

漫☆画太郎氏により、まさかの漫画化。少年ジャンプ+にて連載中。どんな作品になっているかは、お察しください

関連イラスト

星の王子さま
星の王子さま


王子さま
星の王子様 (花と王子様)



関連タグ

児童文学(体裁上のカテゴリー) サン・テグジュペリ フランス 薔薇 王子
星の王子さまプチ・プランス

この作品をモチーフにしたVOCALOID楽曲
Little Traveler
to Asteroid B-612

表記揺れ

星の王子様

pixivに投稿された作品 pixivで「星の王子さま」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 433395

コメント