ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アメリカ合衆国俳優歌手コメディアンニューヨーク出身。

16歳からマシンガントークを売りにコメディアンとして活躍。
「サタデー・ナイト・ライブ」のレギュラーで人気となり、1982年に「48時間」で俳優デビューすると、続く「ビバリーヒルズ・コップ」「星の王子 ニューヨークへ行く」などでヒットをかっとばし、ハリウッドを代表するスターとなった。
日本でも特に1980年代に絶大な人気を獲得し、現在のウィル・スミスのようなポジションにあった。

金にがめつい性格で知られるが、特殊メイクで老若男女すべての登場人物を自分1人で演じ、ギャラを独り占めにした1990年代の「ナッティ・プロフェッサー」シリーズなども人気を博した。

2000年代に入ると大幅に人気が下降したが、「シュレック」での声優活動などもこなしていた。2007年の映画版「ドリームガールズ」で念願のアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたが、受賞はならなかった。

人気低迷へ

女性絡みでのスキャンダルが続き、つきあっていた女性が自殺する事件などが起きたことから、一時期ハリウッドで干されていた。また主演作の大コケが続き、フォーブスの「コスパの悪い俳優1位」にも選ばれてしまった。日本でも主演作がだんだん公開されなくなり、デンゼル・ワシントンジェイミー・フォックスウィル・スミスといった黒人スターに、人気や地位を追い抜かれてしまった(特にウィル・スミスとは顔が似ていることや吹き替えを山寺宏一と江原正士が担当している等の共通点から日本ではしばしば混同されがちである)。
スパイク・リーからは「黒人の映画スターとしてあれだけ稼いで人気があったのに、黒人の地位向上のための活動を行わなかった」という理由から、しばしば批判されている。
低迷は続いているが、一時代を築いたスターであることは間違いない。

日本語吹き替え

人気絶頂だった1980年代当時は下條アトム富山敬がよく吹き替えていたが、1990年代に入ると山寺宏一江原正士が半々くらいになった。2010年代以降はほぼ専属で山寺宏一が担当している。神谷明銀河万丈も一度だけ担当したことがある。


関連タグ

俳優 アメリカ人

関連記事

親記事

男優 だんゆう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エディ・マーフィー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179333

コメント