ピクシブ百科事典

オズの魔法使い

おずのまほうつかい

『オズの魔法使い』とは、ライマン・フランク・ボームが著した児童文学作品である。
目次[非表示]

概要

マザー・グースの物語」のヒットで童話作家として成功していたライマン・フランク・ボームが、自らが子どもたちに語ってきかせた物語を元に書き、1900年5月に出版した。W・W・デンスローが挿絵を担当した。
凝った構成によるカラー図版の児童書は当時としては革新的であり、本はたちまち子どもたちの心をとらえ、増刷の追いつかない空前の人気作品となった。
初版の1万部は数週間で売り切り、翌年1月までにほぼ10万部が売れた。
アメリカ・カンザス州に暮らす少女ドロシー(Dorothy)は竜巻に家ごと巻き込まれて、飼い犬のトト(Toto)と共に不思議な「オズの国」(Land of Oz)へと飛ばされてしまう。
途中で脳の無いカカシ・心の無いブリキの木こり・臆病なライオンと出会い、それぞれの願いを叶えてもらうため「エメラルドの都」(Emerald City)にいるという大魔法使いの「オズ」(Wizard of Oz)に会いに行く。
オズ」(Oz)の名の由来は、原作者ボームが近くのファイリング・キャビネットにO-Zと記されているのを見て名づけたなど、色々な説がある。

続刊

あまり知られていないがシリーズ物であり、日本でもボームの手による14冊全てが翻訳されている。
(※他の作家による公式続編もあるが、こちらは翻訳されていない)
一時期はその大半が絶版状態だったため入手困難だったが、最近は電子書籍版が発行されているので入手しやすくなった。
2巻以降にも魅力的なキャラクターが大勢出ているので、機会があれば是非読んでみて欲しい。

登場キャラクター


映像化作品


シリーズタイトル

  • オズの魔法使い(1巻)
  • オズの虹の国(2巻)
  • オズのオズマ姫(3巻)
  • オズと不思議な地下の国(4巻)
  • オズへつづく道(5巻)
  • オズのエメラルドの都(6巻)
  • オズのつぎはぎ娘(7巻)
  • オズのチクタク(8巻)
  • オズのかかし(9巻)
  • オズのリンキティンク(10巻)
  • オズの消えたプリンセス(11巻)
  • オズのブリキの木樵り(12巻)
  • オズの魔法くらべ(13巻)
  • オズのグリンダ(14巻)


関連作品

pixivに投稿された作品 pixivで「オズの魔法使い」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 656942

コメント