ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ヤママユガ

やままゆが

鱗翅目のうちヤママユガ科に属する蛾のこと。ヤママユ、オオミズアオ、ヨナグニサンなどが属する。
目次 [非表示]

概要

ヤママユガ(山繭蛾)とは、鱗翅目のうちヤママユガ科(学名:Saturniidae)に属するの総称。同時にその中の一種「ヤママユ」の別名でもある。


成虫は分厚い毛に覆われた丈夫な胴体を持つ。は大きく、派手な模様を持つものが多い。総じて大型で翅を広げて10cm位のものが多く、中で24cm位のヨナグニサンは世界最大級の昆虫の一つでもある。


成虫は口器が退化し、食事はしない。止まった時は翅を左右に平たく畳む。触角は櫛状で、オスの場合は羽毛のように発達している。


幼虫芋虫)は体節ごとに数本の棘が並び、終齢は体長5~10cmの大型である。で作られたに覆われ、幼虫の食草や落ち葉にくっつく。


系統的にはスズメガカイコガなどに近い。またカイコガと同様、丈夫な繭は絹糸として利用される。


主な種類


フィクション・創作関連

どうぶつの森シリーズでは、ヨナグニサンがヤママユガとして登場。

実際のヤママユガについてはともかく、名前に関しては認知されている虫、かもしれない。

ムシとり大会のためにしばらく部屋にヤママユガの入っている虫かごを置いていた人もいると思われる。


新甲虫王者ムシキングにもおたすけムシとして2016セカンドより参戦。レアリティはN、属性はパー、肩書きは繭の特性から「ダイヤモンド・ファイバー」。

おたすけ技は体力半分以下の時パーで勝つと数ターン継続回復を付与する「癒しの眼差し」。


割と大型の蛾なのにレアリティは最低のNである。おたすけムシのレアリティは昆虫の体長にあまり関係なく設定されているが。


関連タグ

昆虫 鱗翅目  

スズメガ /カイコガ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 85807

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました