ピクシブ百科事典

節足動物

せっそくどうぶつ

昆虫、甲殻類、鋏角類(クモ、カブトガニ)、多足類(ムカデ、ヤスデ)などを含む動物群。生物の中でも突出した多様性を誇る。
目次[非表示]

節足動物門(Arthropoda)に分類される動物のこと。

特徴

外骨格のクチクラに覆われる体は体節に分かれ、名に現れるように、関節に分かれた付属肢(関節肢)をもつが特徴。成長に伴って脱皮をする。

知られる種類は動物界の8割以上を占め、地球上のすべての動物の中で最も種類が多い動物門である。陸上・地中・海水・淡水の別を問わず地球のあらゆる生物圏(バイオスフィア)に進出しており、端的に言うと地球上のほとんどの動物は節足動物である。節足動物の多様性は動物のみならず全生物の中でも突出しており、昆虫だけでも植物真菌・節足動物以外の動物全種を足した数よりも多い。

多くの動物門と同様、知られる最古の記録は約5億年前のカンブリア紀まで遡るが、その時代の化石においても、節足動物は個体数・種数とも既に動物界最多に誇る。また、古生代シルル紀に登場した初の陸生動物(多足類)と、石炭紀に最初に飛翔能力を獲得した動物(昆虫)はいずれも知られる限り節足動物である。

ほとんどの節足動物は体重1gにも満たない小型種だが、種によっては個体数が膨大なので物質循環に与える影響は大きい。ナンキョクオキアミは1個体の体重はせいぜい2g程度だがおよそ5億トンのバイオマス(単一種としては最大)を有し、南極圏の動物のほとんどはこれを餌にしている。個体のサイズでは深海にすむタカアシガニは脚を広げると4m以上、ロブスターは体重20kgに及ぶものがある。陸生のものではヤシガニが4kgを超える。南極大陸にすむ唯一の昆虫ナンキョクユスリカは体長2-6mmと昆虫としてはありふれたサイズだが、実は南極大陸最大の動物である(ペンギンアザラシは純粋な陸上動物ではない)。

系統

動物界の中では有爪動物緩歩動物に近縁で、これらと同様に葉足動物から派生したグループと思われる。節足動物・有爪動物・緩歩動物・葉足動物という4グループは、まとめて「汎節足動物」という大グループを構成する。
これらの動物は、かつて似たような体節構造をもつ環形動物ミミズヒルゴカイの仲間)に近縁と思われたが、21世紀以降では別系統だと判明した(環形動物はむしろ軟体動物などに近い。詳細は前口動物を参照のこと)。

また、節足動物には「」と呼ばれるものが多い。

分類

鋏角類(鋏角亜門)

体の区分は頭胸部(前体)・腹部(後体)の2部。鋏角を有し、触角はない。脚は頭胸部に4-5対をもつ。


多足類(多足亜門)

体の区分は頭部・胴部の2部。顎と1対の触角を有し、脚は胴部にたくさんもつ。


甲殻類(甲殻亜門)

体の区分と脚の数は系統によって様々。顎と2対の触角を有する。


六脚類(六脚亜門)

体の区分は頭部・胸部・腹部の3部。顎と1対の触角を有し、脚は胸部に3対もつ。


絶滅種のみからなる分類


系統

「?」付きは位置付けに諸説のある項

節足動物の系統
┗┳━ディノカリダケリグマケラパンブデルリオン
 ┗┳━ディノカリダ:ラディオドンタ類オパビニア
 「真節足動物」
  ┗┳━フーシェンフイア類
   ┗┳?━Megacheira
    ┣━鋏角類
    ┃  ┗┳━ウミグモ
    ┃   ┗━カブトガニウミサソリクモガタ類
    ┣?━Artiopoda(三葉虫など)
    ┣?━マーレロモルフ類
   「大顎類」
    ┗┳━多足類
     ┃  ┗┳━ムカデ
     ┃   ┗━ヤスデエダヒゲムシコムカデ
    「汎甲殻類
     ┗┳━甲殻類貝虫ウオジラミシタムシなど
      ┗┳━甲殻類:軟甲綱フジツボカイアシなど
       ┗┳━甲殻類:鰓脚綱カブトエビミジンコなど)
        ┗┳━甲殻類:ムカデエビ
         ┗━六脚類:内顎綱、昆虫など

関連タグ

生物 動物   外骨格 触角 関節
ディノカリダ 三葉虫 鋏角類 多足類 甲殻類 昆虫 
前口動物 葉足動物 カギムシ(有爪動物) クマムシ(緩歩動物)

関連記事

親記事

前口動物 ぜんこうどうぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「節足動物」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「節足動物」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 333151

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました