ピクシブ百科事典

デボン紀

でぼんき

古生代の4番目の紀。多種多彩な古代魚が栄えた「魚の時代」として知られる。

古生代の時代区分。約4億1600万年前から約3億5920万年前までで、シルル紀の後、石炭紀の前。

生物相

ダンクルオステウスなどの板皮類クリマティウスなどの棘魚類シーラカンスなどの肉鰭類サメなどの軟骨魚類ポリプテルスなどの原始的な条鰭類など多種多彩な古代魚が栄えた「魚の時代」として知られる。特に板皮類はこの時代特有である。この時代の末期には肉鰭類から最初の四肢動物アカントステガなどの両生類的な動物)が生まれ、脊椎動物が上陸を果たした。

なお、節足動物は脊椎動物より早く前代のシルル紀に上陸を果たしており、デボン紀に昆虫類が誕生している。

この時代には内陸にシダ植物の大森林が形成されはじめ、森林によって涵養されたが多彩な淡水魚を育んだ。最初の四肢動物もこのような環境で上陸を果たしたのであろう。

関連項目

崖の上のポニョ...嵐によって水没した町にデボン紀の古代魚が現れる。

シルル紀デボン紀石炭紀

関連記事

親記事

古生代 こせいだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デボン紀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 267

コメント