ピクシブ百科事典

アンモナイト

あんもないと

ずっと昔(シルル紀の終わりころ~デボン紀の半ばから白亜紀まで)に生きていた軟体動物。
目次[非表示]

オウムガイイカタコと同じく頭足類の仲間。大きさは数センチから2メートルまで色々。恐竜と一緒に絶滅してしまった。
化石は日本でも産出する。特に北海道は世界的な産地である。

殻の内部は巻貝のように奥まで続いているのではなく何重かに仕切られており、身が入っていたのは一番外側の部屋のみ。後の部屋は浮き袋のようなものだった。
この構造はオウムガイと同じだが、アンモナイトは仕切りが複雑に折れ曲がっていた。このため化石に菊の葉のような模様が付くことから、化石の和名を菊石と言う。

白亜紀になるとゼムクリップのような形のプチコセラスやなんだか名状しがたい形のニッポニテスなどが現れた。
「異常巻きアンモナイト」と呼ばれるが、病的あるいは過剰なものではなく、他のアンモナイトと同じ螺旋の計算式で表現できる安定した形である。
様々な環境に適応する中で殻の形態を変化させたのだろうと考えられている。

三葉虫と並び化石入門者に人気で、種類によっては300円程度からという安価で売買されている。
宝石化したアンモナイトは「アンモライト」という宝石として取引される.
なお、「オパール化した」とよく言われるがそれは誤りであり、正確にいうのならば「真珠化した」が正しいと思われる。
何故ならば、オパールは二酸化ケイ素が主成分であるのに対し、アンモライトは霰石(真珠のそれ)であるからである。

化石がの角に似ているため、羊頭のエジプトの神アメンのラテン語、ギリシャ語読み「アンモン」から名づけられた。かつては「アンモン貝」という呼び方もあった。

殻の構造は現存するオウムガイによく似ているが、アンモナイト亜綱は進化の過程で古い時代にオウムガイ亜綱から分岐しており、オウムガイよりタコイカに近い。

アンモナイトの種類

シルル紀

  • バクトリテス

デボン紀

  • クリメニア
  • ソリクリメニア
  • アネトセラス
  • エルベノケラス

石炭紀

  • ゴニアタイテス
  • シュードパラレゴセラス・インナイ

ペルム紀

  • ダラエリテス

三畳紀

  • セラタイテス(アカソンセラタイテスとも)
  • パラフレキテス・ドニ

ジュラ紀

  • ヒルドケラス(ヒルダイテスとも)
  • ハルポセラス
  • リトセラス
  • エキオケラス
  • コスモケラス
  • オキシノチセラス
  • アステロセラス
  • パブロビア
  • ペリスフィンクテス

白亜紀

  • クリオケラチテス
  • エウホプリテス
  • ヘテロセラス
  • バレミテス
  • モルトニセラス
  • シャスティクリオケラス
  • マリエラ
  • マクロスカフィテス
  • オウドウリセラス
  • ボストリコセラス
  • プラビトセラス
  • ポリプティコセラス
  • スカフィテス
  • プラセンチセラス
  • スクロエンバキア
  • パラプゾシア
  • パキディスクス
  • ユーボストリコセラス
  • ディディモセラス
  • シャーペイセラス
  • アニソセラス
  • ゴードリセラス
  • ハイポフィロセラス
  • アナパキデスカス・ナウマニ
  • プラヴィトセラス
  • ミカサイテス
  • ディプロモセラス
  • ソレノセラス
  • ハイポツリリテス
  • ノストセラス
  • スカラリテス
  • モレワイテス
  • グレイソニテス
  • ムラモトセラス
  • ニッポニテス
  • バキュリテス


関連タグ

動物 古生物 海洋生物  頭足類 化石
アメン
オムナイト オムスター
ガタノゾーア
アンモナイト怪人
 サイボーグのブレドRUN アンモナックルズ
オウムガイ

関連記事

親記事

頭足類 とうそくるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アンモナイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 336756

コメント