ピクシブ百科事典

バキュリテス

ばきゅりてす

バキュリテスとはまっすぐな形をした縦長に伸びた貝殻を持つアンモナイトの一種。

概要

バキュリテス(Baculites)は中生代白亜紀後期に現在の世界中の浅海に生息していたアンモナイトの一種。「直角アンモナイト」とも呼ばれる。

アンモナイトといえば、殻の巻き方が平面の平巻きでよく知られているが、このバキュリテスは幼少期には殻が巻いているものの、成長にともなって殻がほぼ直線に伸びて成長していく。

成長したパキュリテスは古生代のオルドビス紀からシルル紀にかけて繁栄したオウムガイの仲間であるチョッカクガイにその外見こそが似ているが、パキュリテスはそれよりも後の時代、中生代白亜紀後期になって現れたアンモナイトの仲間である。

関連タグ

頭足類 チョッカクガイ アンモナイト 
ニッポニテス

関連記事

親記事

アンモナイト あんもないと

兄弟記事

コメント