2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

683系の他線区転用に伴って、交流用機器の使用停止(後に一部編成は撤去)により直流専用とした車両。直流専用で683系と類似したシステムの車両がなかったため、新たに289系の形式が与えられた。

2015年春のダイヤ改正で運用を離脱した683系2000番台(元しらさぎ編成)から、基本編成のサハ683-2500(→サハ289-2500)を組み替え、北近畿エリア用の4両とくろしお用の6両に仕立てられている(付属編成は3両のまま)。同年10月31日より近畿エリアの381系を置き換える形で営業運行開始した。

車内はほぼ683系時代のままとされ、車内放送時のチャイムも同様(通称「北陸鳥チャイム」。対して新造の287系では、283系と同じ「オーシャンチャイム」と通称されるものが使用される)。のち2016年からは、全室グリーン席のクロ288形を半室グリーン席のクロハ288形にする改造が行われている。

運行状況

吹田総合車両所京都支所所属編成

6両編成5本、3両編成3本が在籍。帯色はオーシャングリーン。
紀勢本線方面の特急「くろしお」のほか、平日にJR神戸線を走る通勤特急「らくラクはりま」の運用に入る。「くろしお」は基本6両編成で、シーズンによっては新大阪側に付属3両編成を増結する。「らくラクはりま」は6両編成。

福知山電車区所属編成

4両編成7本、3両編成6本が配属された。帯色は赤。
福知山線山陰本線などを走る特急「こうのとり」「はしだて」「きのさき」の運用に入る。「まいづる」の運用には入らない。基本4両編成で、シーズンによっては新大阪/京都側に付属3両編成を増結している。

2019年、3両編成の一部編成について、交流用機器の使用停止が解除され、683系2000番台へ復帰している。

2022年3月12日ダイヤ変更で289系を使う列車は全て全車指定席とされたが、前述の683系2000番台に戻った3両増結編成は自由席が残存している「サンダーバード」に使われる為、自由席特急券で利用出来る機会が残されている。

関連タグ

381系 287系 683系
JR西日本 特急 特急形電車

  • 485系:直流専用に改造され、183系200/700/800番台を名乗っていた。289系の先代にあたる。
  • 651系:こちらも直流専用に改造された車両が存在するが、形式の変更は行われず1000番台として区分された。

関連記事

親記事

683系 ろっぴゃくはちじゅうさんけい

pixivに投稿されたイラスト pixivで「289系」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「289系」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13017

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました