ピクシブ百科事典

はくたか

はくたか

JR東日本・JR西日本が運行する新幹線列車の愛称。かつてはJR東日本・JR西日本・北越急行が運行する在来線特急列車の愛称だった。
目次[非表示]

在来線特急「はくたか」(国鉄時代)

1965年に、それまで上野駅青森駅大阪駅間で運転されていた特急「白鳥」の上野発着の列車が系統分離され、特急「はくたか」として上野駅~金沢駅間で運行開始した。当初は信越本線経由(碓氷峠を通過)で、使用車両はキハ82系だった。
1969年に電車化されたが、当時はまだ489系が開発されていなかったため、481・485系に置き換えられ、それと同時に上越線経由に変更された。
1972年に489系が開発され、信越本線経由の特急白山が運転開始。以後は信越本線経由がメインルートになるが、所要時間はこちらの方が短く、489系への置き換えや増発もあって廃止されることはなかった。

1982年上越新幹線が開業すると役目を終え、廃止となった。

在来線特急「はくたか」(民営化後)

JR東日本JR西日本北越急行越後湯沢駅金沢駅(一部列車は和倉温泉駅または福井駅まで)間で運行した特急列車。越後湯沢駅で上越新幹線に接続し、首都圏⇔富山・金沢の最速達列車となっていた。

1997年3月ダイヤ改正で北越急行ほくほく線の開業と同時に運転開始。廃止時点ではJR西日本の681系0番台と北越急行の681系2000番台及び683系8000番台(いずれもJR西日本の同系列車ベース)が使用されていたが、過去にはJR東日本の485系3000番台や、JR西日本の485・489系も使用されていた。
また、臨時列車に683系4000番台が使われることもあった。

ほくほく線内においては日本国内の在来線(狭軌)営業最高速度となる160km/h運転を行っていた。

2015年の北陸新幹線延伸と同時に運行を終了し、現在は後継として超快速スノーラビットが運転されている。

新幹線「はくたか」

2015年の北陸新幹線長野駅金沢駅間開業時から停車タイプの列車名として「はくたか」の名が使われている(運行区間は東京駅金沢駅間)。
これに伴い、在来線特急の「はくたか」は廃止、同時に特急「北越」、快速「くびき野」、普通列車「妙高号」が廃止されたが、新潟駅上越妙高駅間(一部は新井まで)で北陸新幹線接続列車である新たに特急「しらゆき」の運転が開始された。

停車駅

東海道・山陽新幹線ひかり東北新幹線やまびこに相当する準速達列車である。
長野~金沢間は原則各駅停車となるが、一部列車は飯山駅を通過する他、臨時列車では糸魚川駅黒部宇奈月温泉駅を通過するものも設定される。
なお、上越新幹線の区間にある熊谷駅本庄早稲田駅は全列車が通過する。かつては安中榛名駅に停車する列車もあったが、現在は全て通過となっている。
以下のパターンが存在する。

典型的なパターン

東京駅 - 上野駅 - 大宮駅 - 高崎駅 - 軽井沢駅 - 佐久平駅 - 上田駅 - 長野駅 - 飯山駅 - 上越妙高駅 - 糸魚川駅 - 黒部宇奈月温泉駅 - 富山駅 - 新高岡駅 - 金沢駅

軽井沢~金沢間が各駅停車となる。

高崎駅通過

東京駅 - 上野駅 - 大宮駅 - 軽井沢駅 - 佐久平駅 - 上田駅 - 長野駅 - 飯山駅 - 上越妙高駅 - 糸魚川駅 - 黒部宇奈月温泉駅 - 富山駅 - 新高岡駅 - 金沢駅

高崎駅を通過するタイプ。かがやきと異なり、軽井沢駅佐久平駅上田駅には停車する。

高崎~長野間ノンストップ

東京駅 - 上野駅 - 大宮駅 - 高崎駅 - 長野駅 - (飯山駅) - 上越妙高駅 - 糸魚川駅 - 黒部宇奈月温泉駅 - 富山駅 - 新高岡駅 - 金沢駅

先述とは逆に、高崎駅には停車し、軽井沢駅佐久平駅上田駅は通過する、というタイプ。一部列車は飯山駅も通過する。

区間運転

長野駅金沢駅間で各駅停車として運行される。

使用車両・編成

E7系またはW7系で運転される。

関連イラスト

俊足雪兎。
はくたか


在来線時代の「はくたか」。

関連タグ

白鷹
信越本線 上越線 北越急行 ほくほく線
北陸本線 七尾線
白山
スノーラビット(北越急行保有車の愛称、現在はJR西日本へ売却)
スカイライナー(在来線最速の京成電鉄が運行する特急)
北陸新幹線 E7系・W7系
かがやき つるぎ あさま

関連記事

親記事

列車愛称 れっしゃあいしょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「はくたか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56414

コメント