ピクシブ百科事典

白鳥(列車名)

はくちょう

JRで運行されていた特急列車の名称。ここでは特急「スーパー白鳥」も紹介。
目次[非表示]

概要

以下の2つが存在する。どちらも、名前は水鳥の白鳥に由来する。

日本海縦貫特急「白鳥」

国鉄JRが1961年から2001年まで大阪青森間に運行した特急列車。国内最長距離を運行する昼行特急列車として知られた。

1961年10月に大阪ー青森・上野間の特急としてキハ82系で運行開始。大阪ー直江津間を併結で走行しており、それぞれの編成にグリーン車と食堂車を連結していた。当初は新潟駅を経由せず、新津からそのまま羽越本線に入っていた1965年に上野-金沢間の特急「はくたか」として分離、また新潟経由に改められ、同駅で編成の方向転換が行われるようになる。

1972年に全線電化で485系化、これにより3電源区間(直流・交流50/60MHz)を走行する初の電車(定期特急電車としては現在まで唯一)ともなった。1975年に前年開業となった湖西線経由となった。

1982年11月改正で急行「しらゆき」格上げにより2往復(こちらは福井ー青森間のいわゆる「福井白鳥」)となるが、1985年のダイヤ改正で福井白鳥は「北越」と「いなほ」に分割され、残った大阪白鳥の食堂車の連結も廃止となり、2年余りで元の1往復に戻った。

1987年の国鉄民営化に際しては、JR東日本管轄の列車となる。1988年の青函トンネル開業でそれまでの青函連絡船から急行「はまなす」への連絡となりダイヤも繰り下げられている。1997年に管轄をJR西日本に移管。

当初は関西、北陸圏と東北、北海道を連絡する列車であったが、東北・上越新幹線の開業や航空便の発展に伴い、全線通しての利用客は減少し(区間運用では需要はあった)、当初の役目は既に1980年代には終わっていたも同然で、ダイヤ改正の度に廃止の噂は常に上ったが、奇跡的にも21世紀になるまで走りつづけ、運行40周年目を迎えた2001年の3月に系統を「雷鳥」「北越」「いなほ」に分離し廃止となった。

関連タグ

日本国有鉄道(国鉄) JR西日本 JR東日本
485系 キハ82系 583系(故障による代走で使用)

日本海縦貫線 東海道本線 湖西線 北陸本線 信越本線 白新線 羽越本線 奥羽本線

はくたか 雷鳥 北越 いなほ(列車名) 
日本海(列車) きたぐに しらゆき

青函連絡特急「白鳥」・「スーパー白鳥」

JR東日本JR北海道津軽海峡線にて運行の特急列車。2002年12月1日より八戸函館間で運行開始。2010年12月4日の新幹線の新青森延伸に伴い、新青森発着となった。

485系を使用する列車は「白鳥」、785系789系を使用する列車は「スーパー白鳥」になる。

特例として、特急しか走らない蟹田-木古内間では特急券無しでの自由席での乗車も可能(ただし区間外からの乗車は全区間特急料金が必要となるので注意)で、新幹線の乗客への便宜をはかるため、新青森-青森間も特急券無しで自由席に乗車可能であった。

2016年3月26日の北海道新幹線開業に先立ち、同月21日が最終運転となり、廃止。

関連タグ

485系 785系 789系 津軽海峡線 北海道新幹線

関連項目

列車愛称 特急特急列車

関連記事

親記事

列車愛称 れっしゃあいしょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「白鳥(列車名)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3046

コメント