ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

一覧

  1. 国鉄JRの特別料金(グリーン料金)を要する車両。
  2. 車体色が(グリーン)の車両。京王2010系など。

本項目では1.について説明する。


概要

マークは黄緑色三角形が4つくっついたもので、四葉のクローバーモチーフ

1969年にそれまでの等級制を廃止し単一運賃・料金制(モノクラス制)に移行した際、旧1等座席車(1960年に3等級制が廃止されて2等級制になった際に特別2等座席車から1等座席車に昇格した)についてこの名称に改め運賃、特急急行料金と併せてグリーン料金を支払うことで乗車できる車両とした。


※:これは利用者・一般国民向けのアピール用語だった。実際には、制度上は名称が「1等車」から「グリーン車」(及びA寝台車)に変わっただけで、国鉄の規範には相変わらず優等税の記述が使われていた。また利用者(特に鉄道ファン層)もグリーン車連結の編成を「グリーン付」「ロザ込み」、グリーン車のない編成を「モノクラス編成」と称していた。名実ともになくなるのは等級制の根拠法である国鉄法が効力を失う1987年3月、つまり国鉄分割民営化に伴う。また、元の等級制のころは優等車の運賃には奢侈税である「通行税」が課された金額で販売されていたが、これは税金なので国鉄の手元に残らない。これを撤廃したかったという一説もあるが、結局は料金部分に課税される形で残り、消費税導入で「通行税」が廃止されるまで続いた。


グリーン車となる車両の形式には「ロ」(イロハのロ。かつての3等級時代の2等車に付与されていたものを踏襲)が等級記号として加えられ、車体には四つ葉のクローバーをデザインしたマークが付けられ、窓下にグリーンの帯を入れた(例外として20系客車のナロ20形・特急形電車/気動車はグリーン帯を入れなかった。グリーン帯は後に廃止)。


「ロ」を名乗る車両には他に寝台用車両のA寝台車があり、鉄道ファンからはグリーン車は「ロザ(「ロ」号の座席)」、A寝台車は「ロネ(「ロ」号の寝台車、「ネ」の記号は寝台車全般に使われる記号でもある)」と呼ばれる。A寝台車の昼間利用時いわゆる「ヒルネ」ではグリーン車扱いされることがあった(「きたぐに」のA寝台車は臨時「雷鳥」使用時は普通車扱い)。


  • 現在、新幹線在来線特急の多くに1(一部半室)~2両(東海道・山陽新幹線の16両編成では3両)連結されているほか、首都圏の中距離電車にも2両(2階建て車両)が連結されている。
  • 団体臨時用のいわゆるイベント列車用の編成(ジョイフルトレイン)では、全車グリーン車という編成も珍しくはない。
  • グランクラス:東北新幹線・北海道新幹線と上越新幹線・北陸新幹線で運用されているE5系H5系E7系W7系には飛行機のファーストクラスに相当する「グランクラス」という特別なグリーン車が存在する。
  • プレミアムグリーン車:特急「サフィール踊り子」は全車グリーン車指定席であり、1号車は更に上位の「プレミアムグリーン車」となっている。
  • スーペリアグリーン車キハ189系改造の観光列車「はなあかり」のうち1両に設けられたグリーン席の名称。座席仕様はセミコンパートメント。
  • 記号「イ」を名乗る形式(もしくはそれに相当する車両)は、JR各社で運転されているクルーズトレインで適用されている。
  • JR四国キハ185系使用の特急「うずしお」「剣山」では繁忙期特定日にアンパンマンカーのキロハ186形が増結される事があるが、横幅が普通車と同等の両側2列でグリーン車としては遜色があり、普通車指定席扱いとなっている。

普通列車のグリーン車

JR東日本では、都内と近郊を結ぶ東海道線横須賀・総武快速線に加え、JR宇都宮線高崎線(湘南新宿ライン)、常磐快速線(上野東京ライン)といった中距離普通列車にグリーン車が併結されている。

私鉄各社の指定席通勤ライナーへの対抗の目的もありJR東日本の首都圏主要路線に次々と導入され、東海道線伊東線直通、上野東京ライン湘南新宿ライン含む)、横須賀線総武快速線総武本線成田線内房線外房線直通含む)、高崎線上越線両毛線直通含む)、宇都宮線常磐線に投入。中央線快速青梅線直通含む)でも2024年度(令和6年)を目途に導入される予定である。



急行や特急のグリーン車は指定席であるのに比べこれらは自由席の為、立ち席でもグリーン料金を取る。激しい通勤ラッシュがある関東地方で着席チャンスを増やしたり立席であっても空いた空間を提供するサービスであり、全てダブルデッカー車となった現代では理解しにくいであろうが、かつて存在した「化けサロ」といわれた急行・特急形の113系改造編入車は座席が少なく、早々に立ち席が発生し混雑してしまうということがかつては問題になっていた。


現在の運賃水準ではJR東日本の普通グリーン料金が運賃と概ね釣り合うのが東京起点で大船近辺となり、それより短区間だと普通車の2倍程度の運賃で乗れた等級制のほうが割安になる。但し等級制があった頃の一等車は、戦前の階級社会で要求された「下々と同席しないために国鉄が用意して乗っていただく」といった虚仮威し的ステータス利用の名残でもあり、金さえ払えばだれでも乗れたり長時間の時間つぶしや睡眠に使える、という存在ではなかった。

近年では駅構内などでSuicaに情報を記録し、空席のグリーン券情報読み取り部にSuicaをタッチして改札の手間を省き割引となる制度「Suicaグリーン車システム」が生まれた。Suicaグリーン券を導入している列車では、グリーン券の料金体系は、距離は50km未満と以上の2段階に分かれ、それぞれ事前購入料金と割高な車内購入料金、更に土日祝日は平日よりも安くなっている。


これらの列車には車掌に代わって、グリーン車内のグリーン券検札(Suicaグリーン券を購入し、自分でタッチしている場合は省略)や車内販売を請け負う「グリーンアテンダント」が乗務している(JR東日本サービスクリエイションの社員または契約社員。乗車券等の取り扱いはできない)。グリーンアテンダントは、一部郊外区間や、上野東京ライン宇都宮・高崎線-東海道線系統の上野-東京間及び上野東京ライン常磐線系統の上野-品川間(宇都宮・高崎線系統の品川止まり含む)では乗務していない(最近は特定の列車で全区間乗車しない日もある場合がある)。

東海道線のJR東海管轄乗り入れ区間(熱海以西)では、グリーンアテンダントではなくJR東海の車掌が乗務。Suicaグリーン車システムは停止されており、磁気券での事前購入または車掌からの車内料金購入が必要(Suicaでは熱海以西の区間を含むグリーン券が購入できない)。また、Suicaグリーン券はモバイルSuicaでも購入でき、車内で購入しても事前料金となるが、電波不安定などの要因から乗車前に購入を完了させておくよう促し、購入が間に合わない場合はグリーンアテンダントから車内料金でグリーン券を購入してもらうことになる…と案内されているが、実態は「今から買う」「今から普通車に移動する」と宣言すればグリーンアテンダントは一旦見逃している(ただし、二度目の巡回時にも未だ購入完了していないなど、購入の意思が無いのに居座っていると見なした場合は、最悪の場合車掌に連絡して列車の運行を停めさせてでも車内から追い出す光景が見られたが、このような毅然とした対応から、現在ではグリーン券を買わずに居座ろうとする悪質者はほとんど居なくなった。


  • JR北海道JR西日本も、それぞれ快速エアポート新快速の特別座席サービスの導入を計画し、それぞれuシートAシートと命名されている。しかしグリーン車扱いとはならず、車両形式はグリーン車形式(ロ)ではなく普通車形式(ハ)となった。
    • 特にJR西日本のそれは、京阪神地区を走る快速列車で1980年まで連結していた“グリーン車”として、一度は発表されていた。
  • etc…

JR以外の「グリーン車」に相当する車両

私鉄でも同様の上級クラス車が存在する。大抵は「スーパーシート」と名乗っているが、東武鉄道スペーシアがJR線内へ乗り入れる際にスペーシアの個室車をグリーン車と改めている。

かつてグリーン車があった私鉄としては、小田急電鉄(基本名称はスーパーシートで、RSE車の設備統一用で設定されていた)や伊豆急行(自社線内において設定廃止、JR直通でのみ現存)などがある。また、国内線航空機の上級クラスもかつてはそう名乗っていた。



関連タグ

普通車 グランクラス

ファーストクラス ビジネスクラス エコノミークラス


外部リンク

普通列車グリーン車の利用

関連記事

親記事

鉄道 てつどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46907

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました