ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

路線データ


路線名高崎線
路線記号JU(東京〜大宮)
ラインカラーオレンジ
路線区間
  • 大宮〜高崎(正式区間)
  • 東京〜高崎(運行系統上)
路線距離
  • 74.7km(正式区間)
  • 105.2km(運行系統上)
軌間1,067mm
駅数
  • 19駅(正式区間)
  • 25駅(運行系統上)
操車場数1箇所
電化区間全線(直流1,500V)
最高速度120km/h
複々線区間上野〜尾久
複線区間※
  • 東京~上野
  • 尾久~高崎
閉塞方式自動閉塞式
保安装置ATS-P
運転指令所
  • 東京総合指令室:東京〜神保原
  • 高崎総合指令室(CTC):高崎
列車運行管理システム東京圏輸送管理システム(ATOS)
第一種鉄道事業者東日本旅客鉄道(JR東日本)
第二種鉄道事業者日本貨物鉄道(JR貨物)

※京浜東北線等は除く


概要

大宮駅(埼玉県さいたま市大宮区)と高崎駅(群馬県高崎市)を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)鉄道路線。

運行系統上は東京駅(東京都千代田区)〜高崎駅で、東京駅~大宮駅間は東北本線(宇都宮線)を走行する。車両やダイヤは宇都宮線と共通である。

また、八高線気動車北藤岡駅(高崎線は信号扱いのみ)〜高崎駅間で高崎線の線路を走行する。


日本貨物鉄道(JR貨物)が第二種鉄道事業者として貨物列車を運行している。


1883年(明治16年)に「日本鉄道第一期線」として、上野駅熊谷駅間で開業したのが始まり。


全区間で上越新幹線国道17号(旧中山道)が並行する。


車両基地

大宮駅近隣に大宮総合車両センター、籠原駅近隣に高崎車両センター籠原派出所が存在する。


直通運転

東京駅〜上野駅間に旧列車線が設置されていた時代には東海道本線富士駅まで乗り入れる普通列車等の設定があったが、基本的には上越線信越本線を通じた東京都と新潟県及び長野県方面を結ぶ長距離連絡線としての役割が高崎線の主体だった。

しかし、上越新幹線北陸新幹線開通後は役割をバトンタッチし、沿線の地域輸送に特化。更に上野東京ライン湘南新宿ラインの発達により、関東南部へのアクセスが強化されている。

現在の直通運転区間は以下の通り(特急の運転区間は除く)。


・上越線:高崎駅〜新前橋駅

両毛線:高崎駅〜新前橋駅〜前橋駅

・湘南新宿ライン:大宮駅〜大船駅

東海道線:東京駅〜熱海駅

伊東線:熱海駅〜伊東駅

JR東海東海道本線:熱海駅〜沼津駅


混雑路線

高崎線は中距離電車内だけでなく、首都圏でも屈指の混雑となっており、宮原駅~大宮駅間は混雑率170%以上に達する。埼玉県では2番目に混雑する路線である。ちなみにかつては第1位だったが、2018年末現在は武蔵野線にその座を譲っている。

横須賀線と同様に15両編成が行きかう中でも混雑率は著名混雑路線と肩を並べるレベルの路線。なお、横須賀線と違って混雑該当区間は全て埼玉県内である。


しかし数ある混雑路線の中でも高崎線が恐ろしい本当の理由は、その混雑がほぼ終日であること。

夜間の上り列車および籠原行の末端区間と言った確実に空いている区間は存在するものの、それ以外の区間では座席が全て埋まり、立ち客が珍しくなくなる。特に吹上駅~大宮駅間の上り列車はデータ上、最も長い区間混雑する路線というデータが出ている程であり、埼玉県民の足腰と忍耐力を鍛え上げている。

上記で挙げた混雑率を助長する要素が、乗換駅が非常に少ないことである。

元上野始発路線たちの複々線区間外の乗換駅を比較すると

路線区間乗換駅
宇都宮線大宮駅~宇都宮駅大宮駅・久喜駅栗橋駅小山駅・宇都宮駅
常磐線取手駅勝田駅取手駅・龍ケ崎市駅友部駅水戸駅・勝田駅
高崎線大宮駅~高崎駅大宮駅・熊谷駅・倉賀野駅・高崎駅

元々上野駅始発だった他の中距離列車線がこれだけの乗り換え路線を所持しているのに対し、高崎線は大宮駅・熊谷駅・倉賀野駅・高崎駅と、たった4駅しかない。しかも倉賀野駅は全ての八高線が高崎駅まで乗り入れる為、事実上ノーカウント。

また、並行路線とも言える埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)は輸送力の問題から競合路線にはならない。東武東上線が競合であると指摘する者もいるが、距離が離れ過ぎており、乗換駅もなく、両線間の路線バスはあるもののも幹線とは言い難い細々とした路線ばかりで、それぞれの沿線で生活圏が完全に独立している(宇都宮線は東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)/東武日光線、常磐線はつくばエクスプレスが競合路線と言える)。

こういった高崎線に頼らざるを得ないという要素が積み重なり、高崎線の混雑率は長年高い数字となってしまっている。


また、並行路線が存在しない高崎線ならではのイベントとして、一部区間が寸断すればバスか新幹線で振替輸送というものがある。

これが最近行われたのが、2016年(平成28年)3月15日に発生した籠原駅での送電設備出火による、丸一日以上の寸断発生時。

鉄道ファンからすれば、特急券なしで新幹線に乗れてラッキーだろう。

しかし、インタビューにもある通り、一般の通勤客からしたら乗り換えが嫌で仕方ないのだ。

・・・そもそも、新幹線振替乗車のために熊谷駅などでは大行列になっており、ただでさえ大変なのに更なる苦労をした。


この線にはかえるものがないからね。



お願いします。高崎線にも東武スカイツリーラインやつくばエクスプレスのような優秀な競合路線をください。

なお、今の所目立った対策は行われていない。


その他の問題点

他にも大宮駅~熊谷駅間にある途中駅の待避線は、宮原駅を除き全て2面3線である事。

その2面3線も全て東京方面が平面で乗り換えられる構造になっていない事から特別快速や快速アーバンなどの緩急接続の際に、階段を利用する必要がある事などが非常に問題となっている。

又、宮原駅のみ唯一の島式2面4線だが、優等列車は基本的に全て通過するので緩急接続になっていないなどの問題がある。

ただし、裏を返せば、高崎方面の待ち合わせは同一ホームでの対面乗り換えになるため、普通列車で上尾駅2番線に止まり、3番線の快速アーバンに乗り換え、鴻巣駅3番線で降りて、2番線にいる先行の普通列車に乗り継いで、北鴻巣駅吹上駅行田駅で降りるという時短ダイヤが一部に存在しており、1分でも早く帰りたい時に非常に便利である(が、まともに接続しないで、吹上駅などでの乗り換えられない通過待ちダイヤや、後述の特別快速のように大宮-熊谷間で普通列車を一切追い抜かないダイヤも多い)。


他にも神保原駅~高崎駅は10両編成までしか対応していないので車庫があり、切り離しが可能な籠原駅で切り離さなければならず、15両対応ホームになった深谷駅岡部駅本庄駅では定期列車で15両が運行されていない事、高崎駅まで15両で対応できないので籠原駅で併結・切り離ししなければならないのでそれが遅延の要因になっている。

しかも、列車の構造上、籠原止の付属編成5両が高崎駅寄りになる為、付属編成5両が車庫に向かわねば、本編成である高崎行の列車が発車できないなどの問題も抱える。

その影響で、高崎駅始発の一部列車が東海道線を跨ぐ際にも全線10両で運転するなどのリスクが付きまとっている。

特に上野東京ラインが開業してからそういった問題が非常に顕著となっており、東海道線の悲鳴の要因になっている事もあったが、東海道線利用者の声を受けて、15両編成列車は大幅に増やされており、増々籠原駅以北との差別化が進んでいる。

根本的な解決には高崎駅までの各駅のホーム有効長を15両対応する以外にない。


また、高崎線単独区間である大宮駅以北に電車特定区間が設定されていないのも問題となっている。

上田清司埼玉県知事(当時)が特定電車区間の拡大を要請したが、現時点で進展具合がない。ただし、2023年(令和5年3月18日ダイヤ改正で電車特定区間内のみの運賃を値上げする予定のため、差が多少縮まる見込み)。


また、高崎線の列車が乗り入れる両毛線の新前橋駅~前橋駅間が単線になっている事も前橋駅発着の増発を弊害となっている他、本庄駅~新前橋駅間は新前橋電車区が新前橋駅付近にあるのに10両までして対応していないのでそういう意味でも弊害が残っている。


沿革

開業〜国有化まで

  • 1883年(明治16年)7月28日日本鉄道の第一期線として上野駅〜熊谷駅間開業。
  • 1883年10月21日:熊谷駅〜本庄駅間延伸。
  • 1883年12月27日:本庄駅〜新町駅間延伸。
  • 1884年(明治17年)5月1日:新町駅〜高崎駅間開通により、現在の高崎線区間が全通。
  • 1884年8月20日:高崎駅〜前橋駅(廃止)間延伸。
  • 1889年(明治22年)12月26日:日本鉄道前橋駅〜両毛鉄道(現・両毛線)前橋駅間延伸、日本鉄道前橋駅廃止。

国有化後〜国鉄民営化まで


国鉄分割民営化後

  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化に伴いJR東日本が第一種鉄道事業者、JR貨物が第二種鉄道事業者として継承。
  • 2001年(平成13年)12月1日:湘南新宿ライン運行開始。
  • 2015年(平成27年)3月14日:上野東京ライン開業。

運行形態

現在の運行形態

高崎線・上野東京ライン系統

  • 特急

かつては高崎線は特急街道の一つとして、東京都心と新潟・長野・北陸方面を連絡する役割を果たしていた。新潟方面は上越新幹線に、長野・北陸方面は北陸新幹線に役目を譲り、現在は東京と北関東を結ぶ地域間輸送列車が運行されている。


現在は日中に上野駅〜吾妻線長野原草津口駅間で「草津・四万」、朝と夕方以降に上野駅・新宿駅〜鴻巣駅・本庄駅・高崎駅間で「あかぎ」が運行されている。また繁忙期には上野駅〜上越線水上駅間で臨時特急「水上」が運行される事がある。


詳細は各列車の記事を参照。


  • 快速「アーバン」

朝と夕方以降に運行される快速列車。湘南新宿ライン特別快速運行開始前はほぼ終日運行されていた。かつては両毛線前橋駅まで直通していたが、現在は高崎駅までの運行。上野東京ライン開業以降は朝の下り列車が東海道線から直通し、東海道線内は普通として運行される。

詳細は快速アーバンの項を参照。


停車駅

(小田原〜上野間の列車線各駅) - 赤羽 - 浦和 - 大宮 - 上尾 - 桶川 - 鴻巣 - (熊谷〜高崎間の各駅)


  • 普通

大半は上野東京ライン経由で東海道線との直通運転を行なっており、一部はJR東海管内や伊東線に直通する。また従来通り上野駅発着の列車も設定されている。

日中は湘南新宿ライン快速と合わせて毎時4本設定されており、半数は籠原駅発着。

また前述の通り倉賀野駅〜高崎駅間は八高線の列車が加わる。

かつては上越線や両毛線発着の列車も多数存在したが、現在は朝と夜のみ新前橋駅・前橋駅まで直通する。


湘南新宿ライン系統

詳細は当該項目を参照。


  • 特別快速

日中時間帯における速達列車で、「アーバン」を置き換える形で毎時1本程度運行される。下りが1本平塚駅始発で設定されている以外は全列車が小田原駅〜高崎駅間の運行。

2021年(令和3年)3月13日ダイヤ改正で普通列車の追い抜きが無くなった。


停車駅

小田原 - 国府津 - 平塚 - 茅ヶ崎 - 藤沢 - 大船 - 戸塚 - 横浜 - 武蔵小杉 - 大崎 - 渋谷 - 新宿 - 池袋 - 赤羽 - 浦和 - 大宮 - 上尾 - 桶川 - 北本 - 鴻巣 - (熊谷〜高崎間の各駅)


  • 快速

通過駅があるのは横須賀線内のみで、高崎線内は各駅に停車する。

日中は毎時1本平塚駅〜籠原駅間の運行で、朝夕に小田原駅・国府津駅や高崎駅・両毛線発着の列車が設定される。


停車駅

(小田原〜戸塚間の各駅) - 横浜 - 武蔵小杉 - 大崎 - 恵比寿 - 渋谷 - 新宿 - 池袋 - 赤羽 - 浦和 - (大宮〜前橋間の各駅)


過去の運行形態

首都圏と北陸地方や日本海縦貫線経由の列車が運行されていたが、対北陸輸送は北陸新幹線に役目を譲り廃止、日本海縦貫線経由の旅客列車は寝台特急あけぼの」の廃止をもって運行を終了した。


詳細は当該記事を参照。「ホームライナー鴻巣」に代わって設定された通勤特急。

2023年3月18日ダイヤ改正で「あかぎ」に統一された。


  • ホームライナー鴻巣

上野発鴻巣行の下り列車のみ運行されており、上野駅以外では乗車出来なかった。


なお、通常は高崎線特急で使用される大宮総合車両センター東大宮センターの185系200番台で運用されていたが、「3号」のみ急行「能登」の間合い運用として西日本旅客鉄道(JR西日本)金沢総合車両所の489系が使用された。また「能登」臨時化後は同列車運行日に限り新潟車両センターの485系が運用されていた。


平日の朝夕に運行されていた無料の列車としては最速達種別だった。国鉄民営化後の登場当初は快速「タウン」と称していたが、後に通勤快速に変更された。

2021年3月13日ダイヤ改正で廃止された。


停車駅

(上野〜浦和間の列車線各駅) - 大宮 - 上尾※ - 桶川※ - 鴻巣 - (熊谷〜前橋間の各駅)

※:下りの一部が停車


駅一覧

●:停車 ○:「あかぎ」のみ停車

▲:新宿行「あかぎ」以外停車

⭐︎:特別快速は湘南新宿ラインホームに停車 レ:通過


※湘南新宿ライン快速は各駅に停車する為省略。


駅番号駅名特急快速特快乗換路線備考
  1. 東海道本線沼津まで直通運転
  2. 伊東線伊東まで直通運転
JU01(TYO)東京
  1. 東北上越北陸新幹線
  2. 山手線(JY01)
  3. 京浜東北線(JK26)
  4. 横須賀総武快速線(JO19)
  5. 中央線快速(JC01)
  6. 京葉線(JE01)
  7. JR東海東海道新幹線
  8. 東京メトロ丸ノ内線(M17)
  9. 東京メトロ東西線(大手町・T09)
JU02(UEN)上野
  1. 東北・上越・北陸新幹線
  2. 山手線(JY05)
  3. 京浜東北線(JK30)
  4. 常磐線(常磐快速線)(JJ01)
  5. 東京メトロ銀座線(G16)
  6. 東京メトロ日比谷線(H18)
  7. 京成本線(京成上野・KS01)
当駅発着あり
JU03尾久
JU04(ABN)赤羽⭐︎
  1. 湘南新宿ライン(JS22)
  2. 京浜東北線(JK38)
  3. 埼京線(JA15)
東京都/↓埼玉県
JU05(URW)浦和⭐︎
  1. 湘南新宿ライン(JS23)
  2. 京浜東北線(JK43)
JU06さいたま新都心京浜東北線大船方面(JK46)
↑湘南新宿ライン経由東海道線小田原まで直通運転
JU07(OMY)大宮
  1. 東北新幹線
  2. 上越・北陸新幹線
  3. 宇都宮線宇都宮方面(JU07)
  4. 湘南新宿ライン(JS24)
  5. 埼京線(JA26)
  6. 川越線
  7. 京浜東北線(JK47)
  8. 東武野田線(TD01)
  9. 埼玉新都市交通伊奈線(NS01)
宮原
上尾
北上尾
桶川
北本
鴻巣当駅止あり
北鴻巣
吹上
行田
熊谷
  1. 上越・北陸新幹線
  2. 秩父鉄道秩父本線(CR09)
熊谷FT※
籠原当駅発着あり
深谷当駅始発あり
岡部
本庄当駅発着あり
神保原
↑埼玉県/↓群馬県
新町
(北藤岡)八高線の駅。信号扱いのみ
倉賀野八高線
高崎
  1. 上越新幹線
  2. 北陸新幹線
  3. 信越本線
  4. 上越線/両毛線/吾妻線
  5. 上信電鉄上信線
↓両毛線前橋まで直通運転

※熊谷貨物ターミナル


駅の設備

両毛線高崎問屋町駅井野駅新前橋駅前橋駅を含む。


設備設置されている
自動改札機東京〜高崎間の全駅、高崎〜前橋間の全駅(井野の東口を除く)
みどりの窓口東京、上野、赤羽、浦和、大宮、上尾、桶川、鴻巣、熊谷、本庄、高崎、高崎問屋町、前橋
指定席券売機東京〜高崎間のほぼ全駅(倉賀野を除く)、新前橋、前橋
エレベーター東京〜高崎間のほぼ全駅(倉賀野を除く)、高崎問屋町、新前橋、前橋
エスカレーター東京〜深谷間の全駅、本庄、高崎、高崎問屋町、新前橋、前橋
売店NewDaysKIOSKなど)東京〜大宮間の全駅(ただし尾久は改札外のみ)、宮原(改札外)、上尾、北上尾(改札外)、桶川(改札内)、北本(改札外)、鴻巣(改札外)、北鴻巣(改札外)、吹上、熊谷、籠原(改札外)、深谷(改札外)、本庄(改札内)、新町(改札外)、高崎、新前橋(改札外)、前橋(改札外)

使用車両

本項では高崎線系統の車両について記載する。

宇都宮線、八高線系統については当該項目を参照。

現在の使用車両

自社車両

特急草津・四万

大宮総合車両センター所属の特急形電車。

高崎線では主に5500番台が特急「草津・四万」「あかぎ」で使用される。

2500番台は東海道本線で修善寺発着の特急「踊り子」や「湘南」で使用される車両。

高崎線の定期運用では一部の「あかぎ」で運用される他、5500番台の代走や臨時列車として「草津・四万」の運用に就く事がある。


  • 185系0番台・200番台

185系200番台 スカート大型

大宮総合車両センター所属の特急形電車。

2016年(平成28年)3月26日のダイヤ改正で定期運用を外れて以降は、波動用として臨時列車や団体列車で使用される。


高崎線では寒冷地用の200番台が主として運用されていたが、東海道線用の0番台で運用される事もあった。

過去の定期運用では特急「草津」「あかぎ」「スワローあかぎ」「ウィークエンドあかぎ」「ホームタウン高崎」、上野駅〜水上駅間のエル特急新特急谷川」及び後身の特急「水上」、「ホームライナー鴻巣」や一部の普通列車で使用された。


EF64形電気機関車

長岡車両センター・ぐんま車両センター所属の電気機関車

寝台特急「北陸」「あけぼの」「鳥海」「出羽」牽引機。

「あけぼの」廃止後は定期旅客列車の運用は無いが、臨時列車や配給列車の牽引等で使用される。


鉄面画 国鉄EF65形500番台電気機関車

ぐんま車両センター所属の電気機関車。臨時列車の牽引等で使用される。


伝統は関東を駆け抜ける

小山車両センター及び国府津車両センター所属の近郊形電車。

基本編成は10両、4・5号車はグリーン車。付属編成は5両。

特急以外の全定期列車で運用される。


JR貨物所属

  • EH200形「ECO POWERブルーサンダー」

ブルサン

高崎機関区所属の電気機関車。定期貨物列車牽引機。


EF210形電気機関車

新鶴見機関区所属の電気機関車。定期貨物列車牽引機。


過去の使用車両

ここでは国鉄民営化後の車両について記載する。

自社車両

上沼垂運転区(現・新潟車両センター)・新前橋電車区(現・高崎車両センター)所属の急行形電車。

上沼垂車は快速「ムーンライト」→「ムーンライトえちご」で使用された車両。老朽化に伴い485系に置き換えられた。


新前橋車は臨時列車で使用された。


油絵 特急とき

幕張車両センター・大宮総合車両センター所属の特急形電車。

幕張車は大宮総合車両センター東大宮センター常駐のあずさ塗装のマリ31・32編成が臨時快速「ムーンライトえちご」で2010年(平成22年)3月13日から485系新潟車に代わって使用された。

2012年(平成3月12日ダイヤ改正で臨時急行「能登」が廃止され、485系が運用に復帰した為183系は運用離脱した。


大宮車の1000番台は波動用として臨時列車で使用。


長野車両所(現・長野総合車両センター)・大宮総合車両センター・豊田車両センター所属の特急形電車。

長野車は定期運用では特急「あさま」、急行「妙高」で使用。北陸新幹線部分開業と共に高崎線の運用から撤退。


大宮車及び豊田車は波動用として臨時列車や団体列車で運用された。


485系臨時夜行急行能登号

新潟車両センター所属の交直流両用特急形電車。

快速「ムーンライトえちご」、臨時急行「能登」及び間合い運用の「ホームライナー鴻巣3号」でK編成が使用されていたが、T18編成が代走する事があった。

「能登」での運用中は「ムーンライトえちご」の運用から外れていたが、廃止後に復帰した。


長野総合車両所(現・長野総合車両センター)所属の交直流両用特急形電車。

特急「あさま」で使用されたが、北陸新幹線部分開業と共に運用離脱。


ありがとう651系1000番台

大宮総合車両センター所属の特急形電車。

185系置き換えの為2014年(平成26年)3月15日ダイヤ改正から導入。

特急「草津」「あかぎ」「スワローあかぎ」や臨時列車で使用された。

2023年3月18日ダイヤ改正でE257系に置き換えられ引退。


トレス 高崎線

新前橋電車区→高崎車両センター所属の近郊形電車。高崎線のかつての主力車両。

211系は湘南新宿ラインでも使用され、末期は東海道線用と同様にグリーン車が組み込まれた。


THE NIGHT CLIMBERS

田端運転所(現・田端統括センター)所属の電気機関車。

客車時代の急行「能登」牽引機。同列車の489系電車化後は臨時列車の牽引機として使用された。


冬のあけぼの

長岡車両センター所属の交直流両用電気機関車。寝台特急「あけぼの」牽引機。

全区間を牽引していた頃は上越線内での空転が頻発した為、上野駅〜長岡駅間の運用をEF64に変更した。


【HD国鉄客車_新02】寝台も座席もあります【14系】

尾久車両センター所属の客車。

寝台特急「北陸」、急行「能登」で運用されていたが、「北陸」廃止と共に運用を終了した。


寝台特急あけぼの(上野駅13番ホーム)

青森車両センター(現・盛岡車両センター青森派出所)所属の客車。

寝台特急「あけぼの」「鳥海」「出羽」で運用されていたが、「あけぼの」廃止と共に運用を終了した。


JR西日本所属

  • 489系

Before the Dawn ~急行能登号

特急「白山」「あさま」(一部)、急行「能登」及び間合運用の「ホームライナー鴻巣3号」で使用された。

「能登」臨時化によりJR東日本485系新潟車に置き換えられ、定期運用を終了した。


JR貨物所属

EF66 100

吹田機関区所属の電気機関車。

定期運用終了後もEF200の代走で入線する事があった。


関連項目

東北本線 宇都宮線 上野東京ライン 湘南新宿ライン 八高線 上越線 両毛線 信越本線 上越新幹線 北陸新幹線 長野新幹線


外部リンク

関連記事

親記事

JR東日本 じぇいあーるひがしにほん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 180522

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました