ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

エレベーターは、垂直方向に伸びる昇降路(シャフト)の中に、上下するがあり、人や貨物を運ぶ機械である。
一般的なつるべ式のエレベーターでは、籠から伸びたロープが、昇降路の上端にある巻上機を経由して、反対側におもりが下がっているため、単純に巻き上げているより小さな力で操作できる。

建築施設内で使われる事が多いが、地下への移動手段である事も多く、斜面が多い市街地での公共交通機関として(ケーブルカーの垂直版のように)使われる例もある。

歴史

エレベーターは紀元前から存在し、アルキメデスロープ滑車を使用し、人力で操作するものを開発していた。
また、中世ヨーロッパでも滑車を用いた巻上機があった。
17世紀に入ると、釣り合い錘を用いたものが発明され、軽い力で上下できるようになった。

19世紀初めには水圧を利用したエレベーターがヨーロッパに登場し、また1835年に蒸気機関動力として利用したものが登場している。
しかし、乗用として使用するには速度が遅い他、安全性に問題があった。
安全装置がなく、もしエレベーターのかごを吊るしているロープが切れたら、そのまま下まで落ちてしまうのである。
なので、上からかごを吊るす形で一定以上の上下動をするエレベーターは、貨物専用であった。

その問題を解決したのがエリシャ・オーチスという人物である。
彼は、かご落下防止装置付きのエレベーターを開発して特許を取得、さらに会社を設立して乗用エレベーターの製造を開始した。
1853年には、ニューヨーク万博にて、オーチス自身が乗って吊り上げたエレベーターのロープを来場客の面前で切って見せるというパフォーマンスで安全性をアピールしている。
こうして、高層建築であっても安全な乗用エレベーターの道が切り拓かれた。
ちなみに、このオーチスが創業したエレベーター製造会社は、21世紀の現在においてエレベーターの世界トップシェアの会社である。

1889年には世界初の電動機式のエレベーターが開発され、電気の供給安定とともにエレベーターの動力源として電動式が主流となった。
後に、電動式のエレベーターは高速運転ができるよう改良され、かご落下防止装置が開発されていたこともあって、高層建築における乗用での使用に耐えうるものとなったのである。

英字表記の違い

エレベーターの表記

アメリカ表記elevator
イギリス表記lift


階数表記

階数\表記アメリカ表記イギリス表記
1the 1st floorthe ground floor
2the 2nd floorthe 1st floor
3the 3rd floorthe 2nd floor
4the 4th floorthe 3rd floor
5the 5th floorthe 4th floor

と続いていく

地下については英米ともに地下1階からthe first basement、the second besement、the third besement ・・・と続いていく。

余談

スクロールバーのノブ部分(上下するやつ)もelevatorとよばれる。

関連イラスト

上へ参ります
エレベーター



関連タグ

エスカレーター 機械 建築
軌道エレベーター ケーブルカー
ホラー
エレベーターガール(案内嬢)

関連記事

親記事

建築 けんちく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エレベーター」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「エレベーター」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5458871

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました