ピクシブ百科事典

189系

ひゃくはちじゅうきゅうけい

鉄道車両の系列のひとつ。
目次[非表示]

国鉄→JR東日本 189系特急形電車

国鉄が設計・製造した特急形電車1975年特急あさま」用に新製・投入された。183系をベースとして設計され、信越本線横川駅軽井沢駅間の碓氷峠区間においてEF63電気機関車と協調運転を行うための装備が加えられている。

…といいながら、本系列と外観がほぼ同一の183系1000番台(1974年新製)は設計実態としては「本系列から碓氷峠越え用装備を外したもの」である。これは本系列の設計が進められていた最中に、上越線の特急「とき」に運用されていた181系の老朽化から来る冬季の運用の問題が深刻化していたことから急遽置き換え用の車両として183系1000番台が投入されたという経緯によるものである。安全上の理由から181系では8両に制限されていた編成両数も、EF63形との協調運転により12両まで増やすことが可能となった。なお余談ではあるが、国鉄が碓氷峠区間での協調運転用に設計した電車(169系・189系・489系)はいずれも末尾が9となっている。

1997年長野新幹線北陸新幹線)が開業したことに伴い長野直江津間の「妙高」のほか一部が長野から松本に転属、中央東線の特急あずさとして活躍を続けた。後継となるE257系が登場後は関東エリアで中央ライナーや日光方面特急・快速、ムーンライトながら、(塩尻駅長野駅間の)おはようライナー、波動輸送等で活躍を続けるも置き換えが進んでいった。

晩年は長野総合車両センター豊田車両センターで合わせて6両編成4本が残っているのみ。これら編成も数年以内に引退・廃車となることが報道で発表されている。

JR西日本 キハ189系特急形気動車

キハ189系を参照。

関連タグ

181系 183系 185系 あさま 妙高
特急形電車 国鉄の特急形電車 日本国有鉄道 JR東日本

pixivに投稿された作品 pixivで「189系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11840

コメント