2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

E2系

いーつーけいまたはいーにけい

JR東日本の新幹線電車。現在は東北・上越新幹線で運用。かつては長野新幹線(現在の北陸新幹線の1部)でも運用された。
目次[非表示]

概要

JR東日本が設計・新製し運用した新幹線電車
東北新幹線やまびこ」のうち秋田新幹線こまち」と併結する列車と、北陸新幹線長野新幹線)「あさま」への投入を目的に開発された車両。8両編成で登場した。
設計最高速度は315km/h、営業最高速度は275km/h。(設備の都合から、北陸新幹線は260km/h、上越新幹線は240km/hで運行。)

東北新幹線向けのJ編成と北陸新幹線向けのN編成があり、J編成の盛岡方先頭車には、秋田新幹線こまちと連結するための自動分割併合装置が備えられていた。
それ以外はどちらも同じ装備・塗装だったので、編成番号でしか見分けることができなかった。また、J編成も北陸新幹線で運用されることもあった。

1995年に試作車のS6、S7編成が登場、試験を行った後1997年3月に東北新幹線「やまびこ」、同年10月に北陸新幹線「あさま」で運用開始。1998年12月には上越新幹線あさひ」にも投入された。S6はN1編成、S7はJ1編成として量産化された。

その後も2002年の東北新幹線八戸延伸により誕生した新種別「はやて」にもマイナーチェンジした増備車(1000番台)が製造・投入されるなど増備が続けられた。このとき、J編成は10両化され、メイン画像のように帯がつつじピンクに変更された。その後2010年まで増備が続き、E2系はJR東日本のフル規格新幹線車両の標準型として200系の後継車両の地位を確立した。


2011年からは東北新幹線での後継車両となるE5系の運用開始。一部編成を2013年1月末から順次上越新幹線へ転属し、200系を置き換えた。また、2019年3月からは、東北新幹線での運用は仙台以南に縮小。
また、北陸新幹線も2014年からE7系も登場。2017年までに北陸新幹線向けの編成を置き換えた。

2022年3月現在、東北新幹線「やまびこ」・「なすの」と、上越新幹線の「とき」・「たにがわ」で運用されている。
東北新幹線での運用の大半は、東京駅~福島駅間で「つばさ」との連結運転を行っている。(一部なすのもつばさ用E3系車両を連結した17両編成。)

各路線毎の運用

JR東日本の新幹線路線3路線で運転。以下、路線毎に年表で記載。

東北新幹線

やまびこ つばさ連結!
新青森開業おめでとう!!


  • 1997年3月22日:秋田新幹線「こまち」と連結する速達「やまびこ」としてデビュー。
  • 1999年12月4日:秋田新幹線「こまち」に連結する「やまびこ」をE2系に統一、全列車最高速度275km/h運転となる。
  • 2002年12月1日:東北新幹線八戸延伸、「はやて」デビュー。「こまち」連結の「やまびこ」を「はやて」に変更し、全車指定席で運転開始。J編成0番台を8両編成から10両編成に増結。J1編成をN21編成に改番し、長野新幹線に転属。以降1000番台J52~69編成(18本)投入し、200系を置き換えていく。
  • 2005年12月10日:仙台以北を運行する盛岡駅発着の「やまびこ」全列車を担当(一部E3系R編成併結)し、最高速度を275km/hに向上。
  • 2010年12月4日:東北新幹線新青森延伸。最終増備車として1000番台J70~75編成(6本)投入。
  • 2012年3月17日:山形新幹線「つばさ」に連結する「やまびこ」として一部列車で運転開始。最高速度275km/h運転に向上。
  • 2012年9月29日:山形新幹線「つばさ」に連結する「やまびこ」を全列車E2系に統一(前日にE4系の東北新幹線定期運用を終了)したため、東北新幹線全列車の最高速度を275km/hに向上。
  • 2013年3月15日:東京―新青森間での「はやて」の定期運用を終了。
  • 2013年9月28日:秋田新幹線「こまち」及びE3系R編成との連結運用を終了。
  • 2019年3月15日:東京―盛岡間の「はやて」「やまびこ」の定期運用を終了し、大半の単独「やまびこ」「なすの」もE5系に置き換え。以降は仙台以南での「つばさ」と連結する「やまびこ」が中心となる。
  • 2022年3月12日:準定期化という形で「やまびこ」(仙台以南)9往復、「なすの」2往復に減便。単独の「なすの」から撤退。
  • 2022年12月3日:団体臨時列車「東北新幹線盛岡―八戸延伸20周年記念はやて号」として東京―八戸間で運転。

北陸新幹線(長野新幹線)

Railsim 朝方の新幹線ホーム


  • 1997年10月1日:長野新幹線「あさま」でデビュー。
  • 2015年3月14日:北陸新幹線金沢延伸。なお、当形式の長野以西での営業運用は実施されなかった。
  • 2016年1月3日:「あさま」1往復(614号・615号)を以てE2系(N編成)の定期運用を終了。
  • 2017年3月25日:団体臨時列車「ありがとうE2系あさま」を長野→上野間で運転。
  • 2017年3月31日:臨時「あさま」を以て、北陸新幹線でのE2系(N編成)の営業運転を終了。

上越新幹線

E2系方向幕(上越新幹線)


  • 1998年12月8日:上越新幹線「あさひ」でデビュー。速達列車2往復に投入。当初はJ編成8両編成、またはN編成8両編成で運用された。当時は「あさま型車両で運転」とも案内された。また、「ニューあさひ」の愛称で呼称されたこともあった。
  • 2002年12月1日:8両編成から10両編成に変更され、一部の「とき」「たにがわ」に投入。
  • 2004年3月12日:上越新幹線でのE2系の運用を一時撤退。
  • 2013年1月26日:上越新幹線でのE2系の運用を再開。一部の「とき」「たにがわ」を200系からE2系に変更。
  • 2013年3月16日:速達「とき」をE4系からE2系に変更し、再び大宮停車に変更。前日に200系の定期運用を終了。
  • 2022年3月12日:「とき」6往復、「たにがわ」2往復に減便。
  • 2023年3月:上越新幹線でのE2系の運用を終了、全列車E7系に統一(予定)。

番台別区分

【HD新幹線12】スピードアップには勝てなかったよ…【E2系】


0番台

シンカンセンヒロイン あさま
E2系


「あさま」用として作られたN編成、「こまち」との併結を目的として作られたJ編成(E2'系)がある。北陸新幹線軽井沢駅付近に存在する電気の周波数の境を通過するため、50/60Hzの切替装置を搭載、また碓氷峠の急勾配に対応するため、下りは普段は210キロ、万が一半分の車両が回生失効に陥った際には非常ブレーキにより110キロ運転ができる抑速ブレーキが装備されている。また、700系新幹線の18.6㎾を超える20.6㎾の出力のモーターを搭載し、時速170キロで登っていくことが可能である。
0番台は全編成が8両固定編成で製造されたが、一部の編成間で中間車の交換が行われた。
東北新幹線八戸開業に合わせてJ編成に中間車2両を追加、10両固定編成への組成変更が行われている。その後は1000番台と共に東北新幹線のみの運用となる。
老朽化のため2013年より廃車又は上越新幹線への転用が開始される。
N編成は2017年3月31日をもって営業運転を終了。引退を目前とした2016年、最後まで残った編成の1つであるN13編成に「E2 Asama」ステッカーが貼られた。
J編成はE3系L編成「つばさ」との併結が不可能なことから東北新幹線の運用はE5系に置き換えられ、2016年3月26日以降は原則的に東北新幹線を撤退し、上越新幹線を主体で運用されるようになる。その後、2019年3月16日をもって全ての営業運転を終了。これをもって0番台は区分消滅となった。

N1編成、N21編成

JR東日本E2系N21編成
N21検測


どちらも先行試作車であり、量産車と比べてノーズや連結器カバーの形状が量産車と異なるため、顔つきが少し鋭い。
N21編成はかつてJ1編成であったが、2002年に長野に転属になった際に編成番号を変更している。なおN21編成はEast-iの検測車を挟み込んで代走に入ることができた。

1000番台

シンカンセンヒロイン はやて
E2系1000番台 はやて


八戸、新青森延伸時に増備用として作られ、すべてJ編成である(10両固定編成)。J51~75編成。
こちらは東北新幹線向けに作られたこともあり、50Hz専用とされ急勾配区間用の抑速ブレーキも省略されている。2017年春ごろより、上越新幹線高速化試験の一環としてJ59編成にパンタカバーが取り付けられている。

老朽化のため、量産先行車であるJ51編成を皮切りに2019年より廃車を開始し、2021年秋以降は量産車の廃車開始で、J52~J56編成も廃車されている。

J51編成

引退・廃車する前に最後のE2系1000番台が復活するべき


当初はE4系のように8両固定編成の重連による運行を想定していたため、そのため1000番台の量産先行車であるJ51編成は赤帯8両固定編成で登場し、東京寄り先頭車にも連結器を装備した。当初はE4系のような可変式号車表示を使用していたが、10両化の際に埋められ量産車と同じ姿になっている。
また1000番台ながらハッチが出っ張っていたりと0番台に近い仕様となっている。

J52~J69編成

東北新幹線八戸延伸と200系の老朽取替を目的に増備されたグループ。製造当初から10両編成で、連結器は八戸方先頭車にしか搭載していない。
J69編成は新潟県中越地震で被災し、脱線した200系K25編成の代替新造も兼ねている。

このグループは2012年3月改正より山形新幹線E3系つばさと併結運転を行う。(J52・J53編成は現在廃車済み)
また、一部の編成が上越新幹線へ転属しており、2022年現在はJ57編成(2021年10月に転属)のみが在籍している(以前はJ63・J64も上越新幹線に転属していたが、E2系経年車置き換えのため2022年に東北新幹線に戻っている。また、J54~J56編成は廃車された。)。

J70~75編成

2010年、新青森延伸が目前に迫ったのだがE5系の量産車の導入が間に合わなかったため、やむを得ずE2系1000番台を再び増備することになった。J69編成以前とは仕様が多少異なっており、側面の列車種別表示がフルカラーLEDに変更されたりコンセントが付くなど、E3系2000番台に近い仕様となっている。現在は全て上越新幹線に転属している。ただし、東北新幹線に顔を出すこともある

見分け方(2002年以降)

0番台0番台(E2'系)1000番台
編成両数8両10両10両
編成記号N1~N13・N21J2~J15J51~J75
シンボルマークそよ風リンゴリンゴ
普通車の窓小窓小窓(7・8号車は大窓)大窓
側帯ピンクピンク
客用ドアプラグドアプラグドア(7・8号車は引き戸)引き戸
パンタグラフ下枠交差下枠交差シングルアーム
パンタカバーありありなし
ワイパー1本1本2本
併結運用できないできるできる


備考

  1. E2系登場当初はN編成とJ編成は共に赤帯8両編成でエンブレムも同じそよ風を模したものというパッと見では判別しにくいものだったが、八戸開業に伴いJ編成に1000番台が増備された時にJ編成のみがメイン画像のように帯色をピンクへにし、エンブレムもリンゴを模したものに変更された。また、編成も10両編成に増強され、N編成と完全に差別化された。
  2. 本来であれば東北新幹線をE5系に統一し、E2系は上越新幹線専用車両とする予定だった。しかし、災害や計画の変更などから、先に上越新幹線から撤退し、山形新幹線E3系つばさの連結相手として、東北新幹線に残ることになった。


速度向上試験について

2017年9月〜11月に、大宮-新潟間にてE2系とE7系による「速度向上試験」を実施、後の上越新幹線の275km/h化に貢献した。

今後の予定

2019年5月8日に、上越新幹線(大宮~新潟間)の最高速度を現行の240km/hから275km/hに引き上げる計画を発表。また、2022年末までに上越新幹線の車両を全列車E7系に統一する予定であることから、上越新幹線のE2系は、E4系引退後に順次E7系に置き換えられる予定だった。
当初は令和元年台風第19号の影響で北陸新幹線E7系・W7系の一部が被災して廃車となり、上越新幹線への新車投入が遅れたことでE4系が予定よりも長く残存したことから当形式の置き換えにも影響が出ると懸念されていた。しかし、増備の目途が立ったのか当形式の置き換えが順次開始され、2022年6月7日に2022年末までに大宮-新潟間の騒音対策工事が完了することから2023年3月を以て上越新幹線でのE2系の運用を終了すると発表された。

東北新幹線のE2系は今のところ置き換え計画が発表されていないが、山形新幹線用「つばさ」用E3系1000・2000番台E8系へ置き換えられることが決定しており、E5系との併結運転が予定されているため、E2系もこれに合わせて撤退すると思われる。

特別塗装(装飾)編成

ポケモン新幹線

2008年~2011年の夏期にポケットモンスターのキャラクターを車体にラッピング。2008年がN6編成、J68編成、2009年がJ59編成、J60編成、2010年がN8編成、N9編成、J52編成、J55編成、2011年がJ4編成、J52編成,J53編成、55編成。

信州デスティネーションキャンペーン

2010年9月~12月の期間、N10編成、N11編成に「信州デスティネーションキャンペーン」のキャラクター「アルクマ」がラッピング。一部車両のみ。

桜新幹線

2012年春に運行。J59編成、J60編成、J61編成、J63編成に桜がラッピングされた。『新幹線YEAR 2012』のプレキャンペーン。

Suicaペンギン新幹線

2012年に運行。J編成は夏、N編成は秋に運行。J53編成、J60編成、J61編成、J66編成と、N1編成、N8編成、N10編成、N21編成にSuicaのペンギンキャラクターをラッピング。これは、『新幹線YEAR 2012』の東北・上越新幹線開業30周年、長野新幹線開業15周年を記念した企画。

懐かしの200系カラー新幹線

E2系1000番台 200系リバイバル色
みどりの疾風!


2022年6月9日より、J66編成を200系と同じアイボリーとグリーンに塗り替え運行。これは、東北・上越新幹線開業40周年を記念した『新幹線YEAR 2022』及び『鉄道開業150年』の企画で開業時に停車駅ごとに設定されていた「ふるさとチャイム」も復活した。但し、東京駅くりこま高原駅本庄早稲田駅などの1991年以降(ふるさとチャイム廃止後)に開業した駅では、通常のチャイムが流れる。
運行計画は、JR東日本公式サイトにて公開される。
東北・上越新幹線の定期列車の他、以下の団体臨時列車(ツアー)に使用された。
2022年

  • 6月25日:なつかしのあおば号(仙台駅→上野駅)
  • 7月2日:東北新幹線40周年記念号(大宮駅→盛岡駅)
  • 11月12日:上越新幹線開業40周年記念号(大宮駅→新潟駅)※同日に運転する185系「新幹線リレー号」(上野駅→大宮駅)から接続。

ちなみにE2系導入当時、白地に緑帯のカラーリングは200系のものを引き継いで本形式にも用いることが検討されたが、最終的によく知られるツートンカラーが採用され日の目を見なかった。ある意味、幻に終わった姿が四半世紀の時を越え、形を変えてついに実現することになったともいえる。

保存車両

  • E223-23(J10編成1号車)…栃木県宇都宮市の三和テッキ宇都宮事業所鉄道広場にて保存。はやて色。
  • E224-127(J14編成10号車)…茨城県筑西市のザ・ヒロサワ・シティにて保存。はやて色。この他、同施設内のミニシアターにグリーン車の座席が使われている。
  • E223-1101(J51編成1号車)…埼玉県さいたま市の新幹線教育・訓練センターの実習機材として使われている。はやて色。非公開。座席4列(大窓2つ分)に短縮改造されており、隣には、別の車両のデッキ部分のみのカットモデルも置かれている。


関連タグ

東北新幹線 上越新幹線 北陸新幹線
新幹線200系電車 400系 E1系 E3系 E4系 E5系 E6系 E7系・W7系 E8系
はやて やまびこ なすの とき たにがわ あさひ あさま

関連記事

親記事

新幹線 しんかんせん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134159

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました