ピクシブ百科事典

目次[非表示]

在来線特急「つばさ」

油絵 特急つばさ


1961年10月のダイヤ改正で気動車特急「つばさ」(キハ80系、のちキハ181系)が運行開始。運行区間は上野駅秋田駅間(奥羽本線経由)であった。
1975年の奥羽本線全線電化で485系電車に置き換えられ、1978年山形駅止まりの「やまばと」と共にエル特急となった。
しかし、電化後の上野駅~秋田駅の所要時間は約7時間50分だったので、「いなほ」の約7時間30分より遅く、首都圏⇔秋田のメインルートは「いなほ」となったため、新庄駅以南での利用がメインになった。

1982年上越新幹線開業に合わせたダイヤ改正で、福島駅発着へ短縮し東北新幹線へ接続する列車が設定され、以降は福島駅発着が標準となっていった(運用の関係上、上野駅発着も残存)。
1985年に「やまばと」が「つばさ」へ統合され、これに伴い山形止まりの「つばさ」が誕生した。
1991年奥羽本線標準軌化改良工事に伴い、福島駅発着を仙山線経由・仙台駅発着へ変更し、1992年7月の山形新幹線開業により在来線特急「つばさ」は運行終了し、列車愛称は新幹線へ移行した。

その後、「こまくさ」に改称されて山形駅~秋田駅間の特急列車となったが、次第に新庄駅や横手駅止まりの列車が増えていき、山形新幹線の新庄延伸と同時に快速に格下げされ、最終的に廃止された。

新幹線「つばさ」

400系


1992年7月の山形新幹線開業により、「新幹線直行特急」として400系による「つばさ」が運行開始。運行区間は東京駅山形駅間で、東京駅~福島駅間は200系やまびこ」と併結して東北新幹線へ乗り入れる形態となった。1995年に「つばさ」は6両編成から7両編成へ増強。

400系
伸びる"つばさ"が地域を拓く


1999年山形駅新庄駅間が標準軌化され、同年12月に「つばさ」の一部列車が新庄駅まで延長される(延伸開業)。運用増に合わせてE3系1000番台が登場。400系はE3系に合わせて塗装変更が行われる。
この1999年から2001年までの間に東京駅~福島駅間の併結相手がE4系Maxやまびこ」へ移行し、一旦「やまびこ・つばさ」と17両編成の列車が消滅。

山形新幹線つばさ


400系の老朽化・置き換えのため2008年からE3系2000番台が運行を開始。2010年までに置き換えが完了し、「つばさ」で運行出来る車両が275km/h運転対応となった。
2012年に東京駅~福島駅間の併結相手がE2系やまびこ」へ移行し、最高速度275km/hでの営業運転を開始。「やまびこ・つばさ」と17両編成の列車が復活した。

短時間挑戦 2632


2014年から2016年までに山形新幹線「つばさ」で使用されているE3系全15編成がすべて紫色基調のカラーに変更された。

E8系イメージ向上委員会概念強化室


2024年からは新型車両E8系の投入が予定されている。また、東北新幹線区間の併結相手がE5系となり、最高速度が300km/hへ引き上げられるになる予定である。

「とれいゆつばさ」

とれいゆの記事を参照

関連項目

JR東日本 特急 新幹線 列車愛称

関連記事

親記事

列車愛称 れっしゃあいしょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「つばさ(列車)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15435

コメント