ピクシブ百科事典

こまち(列車)

こまち

JR東日本により運行されている新幹線列車。 車両としてはE6系(過去にはE3系R編成)を指す。

概要

東京駅秋田駅の間を東北新幹線秋田新幹線田沢湖線奥羽本線大曲~秋田)経由で結ぶ新幹線列車(新幹線直行特急)。
秋田県湯沢市小野出身とされる小野小町が列車愛称の由来とされている。

こまち


1997年E3系0番台5両編成で運行開始。
運行当初は東京駅盛岡駅(1部は仙台駅)間で「やまびこ」(200系K編成(10両)もしくはE2系J編成(当時8両)と併結していた。
速達性を持たせるために大半の列車が大宮から盛岡の間を仙台のみ停車していた。
(仙台で併結を行っていた理由としては当時は長野オリンピック用にN編成の製造を優先していたので東北向けのE2系が少なかった。その影響で仕方なく暫くは最高速度240km/hの200系が担当していたが、速達性と輸送力のバランスを考慮して仙台以南での併結としていた。)
1998年にE3系が6両編成化され、1999年12月には併結相手がE2系に統一されて、全ての「こまち」で275km/h運転が可能となる。
その後、2002年の東北新幹線八戸延伸開業により、併結相手がE2系J編成(10両)の「はやて」に変更された。更に、2011年からはE5系はやて(10両)も併結相手に加わる。

秋田新幹線E6系


E3系の経年劣化・廃車に伴い2013年E6系がデビュー(従来の定員維持のため7両編成)。
2014年までの1年間、「スーパーこまち」という速達列車が300km/h運転列車(E6系)と275km/h運転列車(E3系)の区別のために設定されていた。

2014年のE6系統一・320km/h運転開始が行われて以降、現在の定期列車は東京駅~秋田駅間に15往復、仙台駅~秋田駅間に1往復の計16往復が運転されている。
東北新幹線区間は原則「はやぶさ」(E5系もしくはH5系)と併結し、基本的にこまち単独での運転はない。(ただし、ダイヤ乱れや団体を含めた1部の臨時列車及び震災・コロナを理由とした減便ダイヤにて存在する場合もある。)

関連タグ

つばさ(列車) たざわ こまち はやて やまびこ はやぶさ(列車) 田沢湖線 奥羽本線 JR東日本 新幹線 列車愛称

関連記事

親記事

列車愛称 れっしゃあいしょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「こまち(列車)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11825

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました