2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

列車名としては以下の3種類が存在する

  1. 1959年から1965年にかけて米子駅博多駅間を山陰本線経由で結んだ準急(のちに急行さんべ」に)
  2. 1965年から1972年にかけて新大阪駅浜田駅間を福知山線、山陰本線経由で結んだ特急(のちに「まつかぜ」に編入)
  3. 1972年から運転開始し、岡山駅出雲市駅間を山陽本線伯備線、山陰本線経由で現在も運転されている特急列車

ここでは3について解説する。

概要

JR西日本が岡山駅~出雲市駅間を運行する特急列車の愛称。

1972年の山陽新幹線開業に伴い運行開始。
伯備線と山陰本線伯耆大山~知井宮(→西出雲)間の電化以前はキハ181系で益田まで運行する便もあったが、1982年からは381系で運行されるようになり、現在もほぼ同じ形で運行されている。

1988年瀬戸大橋線開業時には四国高松まで、1990年国際花と緑の博覧会花の万博)開催時には大阪までそれぞれ臨時運行されたこともある

2021年のダイヤ改正で特急「踊り子」に使われる185系の定期運用が終了し、「やくも」の381系がJRで残る最後の国鉄形定期特急電車となった。そして、2024年には273系が導入され、381系も順次運行終了となる予定である。

停車駅

岡山駅 - 倉敷駅 - (総社駅) - 備中高梁駅 - 新見駅 - (生山駅) - (根雨駅) - (伯耆大山駅) - 米子駅 - 安来駅 - 松江駅 - (玉造温泉駅) - (宍道駅) - 出雲市駅
()内の駅は一部の列車が停車

関連タグ

八雲

こうのとり/きのさき/はまかぜ スーパーおき スーパーはくと/スーパーいなば サンライズ出雲/サンライズ瀬戸 くろしお

関連記事

親記事

列車愛称 れっしゃあいしょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「やくも」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「やくも」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 710902

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました