ピクシブ百科事典

サンライズ出雲

さんらいずいずも

東京~出雲市間で運行されている寝台特急列車。
目次[非表示]

概要

東京駅出雲市駅間を東海道本線山陽本線伯備線経由で結ぶ寝台特急列車。285系電車で運行されており、東京駅~岡山駅間をサンライズ瀬戸と併結運転している。

サンライズ瀬戸と共に、JRグループ唯一の定期夜行列車であり、出雲は在来線では最も長距離を走る列車となっており(瀬戸が2位)、新幹線を入れても東京〜博多間ののぞみに次ぐ長距離列車である(ひかり最長の東京ー広島より長い)。
JR3社以上直通する列車としては、4社の瀬戸と共に唯一無二の存在である。

歴史

その歴史は戦前の1928年より運転を開始した大阪駅浜田駅間を福知山線経由で結ぶ準急列車に始まり、戦中一時廃止となるものの、戦後すぐに復活、東京駅には1951年に現在も併結するサンライズ瀬戸の前身である急行「せと」と併結する形で初めて乗り入れる。
1956年にせととの併結がなくなり単独運転となり、1961年には京都から山陰本線経由に改められ、1972年に特急列車化される。1975年には東京駅〜米子駅間を結ぶ寝台特急「いなば」が設けられ(東京駅〜名古屋駅間は特急「紀伊」と併結)、1978年にいなばは出雲市駅延伸の上、出雲に統合され2往復となる。1984年に併結していた紀伊が廃止され、再び単独運転に戻る。

1998年、出雲市止まりの2.3号が285系寝台電車化され、名称も「サンライズ出雲」に変更、京都駅〜米子駅間は東海道・山陽本線、伯備線経由となった。1.4号は客車として残され浜田駅〜出雲市駅間が廃止。名称としてはそれぞれ別系統とものとなった。なお上下列車とも出雲が先に出発、途中サンライズ出雲が追い抜き終点に先着するというダイヤとなった。
2006年には客車列車「出雲」が廃止となり、現在の体制となる。

また、予備の1編成を活用する形で東京駅〜出雲市駅間で臨時の寝台特急「サンライズ出雲91号・92号」が2014年以降設定されている(2020年シーズンはCOVID-19の影響を受け一時運転休止)。91・92号は寝台急行「銀河」のダイヤをほぼ踏襲しているが名古屋には通過している。

停車駅

(東京~岡山間はサンライズ瀬戸に準ずる)倉敷・備中高梁・新見・米子・安来・松江・宍道
【2015年4月現在】上下とも停車。なお、下りは上石見と江尾で、上りは玉造温泉・揖屋・伯耆溝口・新郷・布原で運転停車(客扱い無し)。

関連タグ

寝台特急
スーパーいなば岡山駅で12号・1号とサンライズを乗り継ぐ場合、停車していた上郡駅〜岡山駅(58.8キロ)間の折返し乗車が許される。

関連記事

親記事

寝台特急 しんだいとっきゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サンライズ出雲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28001

コメント