ピクシブ百科事典

名古屋駅

なごやえき

愛知県名古屋市にある鉄道駅。
目次[非表示]

駅データ

所在地愛知県名古屋市中村区名駅一丁目
開業1886年5月1日(JR東海)、1957年11月15日(名古屋市交通局)、2004年10月6日(名古屋臨海高速鉄道)
事業者東海旅客鉄道(JR東海)/名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)/名古屋臨海高速鉄道
路線東海道本線(名古屋地区)中央西線関西本線東海道新幹線(JR東海)/東山線桜通線(名古屋市営地下鉄)/あおなみ線(名古屋臨海高速鉄道)
駅構造高架駅(JR東海・名古屋臨海高速鉄道)/地下駅(名古屋市営地下鉄)
EnglishNagoya station
中文名古屋站
한글나고야 역
ホーム6面12線(JR在来線)/2面4線(JR新幹線)/2面4線(名古屋市営地下鉄)/1面2線(名古屋臨海高速鉄道)
備考名古屋鉄道は名鉄名古屋駅、近畿日本鉄道は近鉄名古屋駅を参照。


概要

愛知県名古屋市中村区にある東海旅客鉄道(JR東海)・名古屋市交通局名古屋市営地下鉄)・名古屋臨海高速鉄道
このほか、隣接して近鉄名古屋線近鉄名古屋駅名鉄名古屋本線名鉄名古屋駅(2005年に新名古屋駅から改称)、名鉄バスセンター(名鉄バスと三重交通)、名古屋バスターミナル(名古屋市バスとJRバス。2017年にリニューアル)がある。

中山道沿いに計画された鉄道を港湾まで結ぶ路線として、武豊(現在の武豊線)から延びる路線の途中、名古屋の市街地の西側にできたのが名古屋駅だが、岐阜より東の路線を東海道経由に変更して、東海道本線の主要駅となる。のちに関西鉄道(現在の関西本線)と中央本線も乗り入れ、関西急行電鉄(のちの近鉄)も近くの地下駅に乗り入れた。名鉄の前身のうち、名岐鉄道は市有化前の名古屋市電を運営していた会社を前身に持つ関係で市電へ近くの柳橋まで乗り入れ、愛知電鉄は熱田神宮のそばの神宮前で市電に連絡していたが、合併後に連絡線のトンネル内に地下駅を開設した。

駅の構内は綺麗に施設が並んでいるか(JR+おまけのあおなみ線)コンパクトにまとまっているか(近鉄・地下鉄)で、狭い区域に乗降分離した改札とホームを詰め込んでいる名鉄の難易度がやや高いが、1つのホームに色々な種別と行先の電車が乗車位置ごとに少しずつずれて停車するのに比べればどうという事はなく、ダンジョンとしては初級レベルである。
……というのは、周辺(特に東側の広小路口・桜通口)の地下街が十分過ぎるほどダンジョンだからであり、栄(栄町)の碁盤の目状の地下街とは違い、ところどころが曲がっていたり(当駅近くにて小半径のカーブで90°向きを変える地下鉄東山線の「線路敷」というべきトンネルの上部空間に、地下街の一部が出来たため曲がってしまっている)、近くのビルの地下と融合していたり(元々地下街建設以前、歩道に人が溢れすぎ車道まではみ出るがゆえの交通死亡事故も多々あったのがこの地下街の建設理由の1つで、それゆえビルに直入可能なよう仕向けられた)で、よその地域の人にはわけがわからないよ状態であろう。慣れない旅行者は西側の太閤通口(新幹線の方)の地下街でレベル上げ、もとい経験を積もう。

JR駅の東側にある駅ビル「JRセントラルタワーズ」は地上54階建て、高さ245mで、1999年の竣工時は中部地方で一番高いビルであった。また「世界一売り場面積の広い駅ビル」としてギネスブックに登録されている。2014年に近鉄の大阪阿部野橋駅ビル「あべのハルカス」が開業し、こちらが高さでは日本一になる。隣にはJRゲートタワーが建築されて、名古屋バスターミナルはこちらに新設される。
セントラルタワーズの南には、名鉄と近鉄の駅の上に名鉄百貨店(名鉄バスセンターが同居)と近鉄百貨店が並んでいる。
なお名鉄・近鉄のビル近辺は再開発が予定されている。高さは160メートル前後と都心部のビルとしては今や並の高さ(30~40階ほど)であるが、名鉄・近鉄のビル躯体が繋がるのみならず、広小路通をまたぎ越して数百メートルとやたら横に長いビルになる計画がある。

駅東側は超高層ビルが並び、伏見・栄へとオフィス街が続く。
西側は予備校や雑居ビルが多く、雑然とした雰囲気である。アニメイトメロンブックスとらのあならしんばんの名古屋店もこちら。メロンブックスとらしんばんは、1Km以内の範囲内に別館まである。
ビックカメラが元の店舗だけに留まらず、ゲートタワーの9Fと10Fにもオープンしている他、ビックカメラの建物内には移転してきたソフマップも入っている。
この周辺ビルのうち、高層の高いビルのいくつかには屋上にヘリポートまで設置されている。

ちなみに現在の所在地の地名自体が、本駅の略称「名駅」になっている(所属区は中村区と西区。駅長室の位置から一応駅の所在地としては「中村区」とされるが、中央線ホームの一部など、地図で確認すると西区の地籍になっている)。名鉄名古屋鉄道)・名城(名古屋城)・名港(名古屋港)と同じく、地元では「名駅」と呼ぶのが普通である。

当駅に乗り入れる路線

JR東海


名古屋市営地下鉄


名古屋鉄道


近畿日本鉄道


駅構造

JR東海

在来線、新幹線ともに高架ホームになっている。
在来線は、島式6面12線を使用し、9番線はホームのない中線である。
東海道本線と中央本線はどちらも金山駅までいく事が出来る。
新幹線は島式2面4線で全ての電車が停車する。

在来線

乗り場路線方向方面備考
1・2東海道本線上り刈谷岡崎豊橋方面1番乗り場は待避線。稀に武豊線方面の車両がくる。
3・4武豊線下り大府半田武豊方面武豊線の列車の大部分はこちら。
3・4東海道本線下り岐阜大垣米原方面しらさぎとホームライナー。(しらさぎは4番乗り場。)
5・6東海道本線下り岐阜大垣米原方面5番乗り場は待避線。
7・8中央西線下り大曽根高蔵寺多治見中津川方面普通・快速はこのホーム。
10中央西線下り大曽根高蔵寺多治見中津川方面特急しなの乗り場。一部、ホームライナーもあり。
11東海道本線下り岐阜大垣米原方面特急ひだのみ。
中央西線下り大曽根高蔵寺多治見中津川方面一部列車。
関西本線下り桑名四日市亀山伊勢市方面一部列車。
12・13関西本線下り桑名四日市亀山伊勢市方面特急「南紀」は12番乗り場。


新幹線

乗り場路線方向方面備考
14・15東海道新幹線上り静岡新横浜品川東京方面15番乗り場は待避線。
16・17東海道新幹線下り新大阪岡山広島博多方面16番乗り場は待避線。


名古屋市営地下鉄

東山線・桜通線ともに島式1面2線の地下駅。

乗り場路線方面備考
1東山線伏見藤が丘方面
2東山線中村公園八田高畑方面
3桜通線今池新瑞橋徳重方面
4桜通線中村区役所方面

名古屋臨海鉄道

島式1面2線の高架駅。

乗り場路線方面備考
1・2あおなみ線荒子金城ふ頭方面

利用状況

JR東海


名古屋市営地下鉄
  • 2016年(平成28年)度の1日平均乗降人員は379,212人である。
  • 名古屋市営地下鉄の駅では1位。

あおなみ線
  • 2016年(平成28年)度の1日平均乗降人員は30,646人である。

名古屋鉄道(名鉄名古屋駅)
  • 2016年(平成28年)度の1日平均乗降人員は286,931人である。
  • 名古屋鉄道の駅では最も利用者が多い。

利用状況比較表

事業者名JR東海名古屋市営地下鉄
年度乗車人員乗降人員乗降人員
2008年(平成20年)度191,558人383,116人336,304人
2009年(平成21年)度185,387人370,774人327,830人
2010年(平成22年)度187,624人375,248人330,596人
2011年(平成23年)度189,123人378,246人337,438人
2012年(平成24年)度193,260人386,520人347,407人
2013年(平成25年)度199,146人398,292人359,496人
2014年(平成26年)度198,504人397,009人360,136人
2015年(平成27年)度204,509人409,019人369,108人
2016年(平成28年)度208,911人417,822人379,212人
2017年(平成29年)度216,040人432,080人


事業者名あおなみ線名古屋鉄道近畿日本鉄道
年度乗降人員乗降人員乗降人員
2008年(平成20年)度23,008人276,032人127,479人
2009年(平成21年)度23,678人267,442人122,352人
2010年(平成22年)度24,600人266,884人122,123人
2011年(平成23年)度26,238人267,372人121,328人
2012年(平成24年)度26,754人273,729人121,784人
2013年(平成25年)度27,517人280,861人125,684人
2014年(平成26年)度28,597人277,292人119,985人
2015年(平成27年)度29,634人283,356人123,495人
2016年(平成28年)度30,646人286,931人125,620人
2017年(平成29年)度298,467人

関連イラスト

名古屋駅


関連タグ

名古屋 名古屋市 愛知県内の駅一覧
東海道新幹線 東海道本線 中央本線 関西本線
東山線 桜通線 あおなみ線
地下街 ナナちゃん
君の名は。 ←一瞬だけホーム下の通路が登場(映画本編0:47:13前後)。新幹線乗り場との位置関係が逆に見える移動をしてるが(ホームへの階段の表示は10番線が画面奥に、手前側が11番線となり、さらにはその階段を素通りするなど、8番線乗り場より奥から新幹線乗り場に向かう形になっている)、仕様と思われる。
ミッドランドスクエア:風立ちぬ(宮﨑駿) 昭和9(1934)年時点での名古屋駅の所在地。
今の駅ビルは20世紀末竣工であるが、プラットホームは基本的に昭和12(1937)年の移転以来のものである。移転前はミッドランドスクエア近辺が駅舎、今の駅前の広場~大通りはそれまでの線路があった場所である。

pixivに投稿された作品 pixivで「名古屋駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15461

コメント