ピクシブ百科事典

上小田井駅

かみおたいえき

名古屋鉄道・名古屋市営地下鉄の鉄道駅。ここでは東海交通事業城北線の小田井駅についても説明する。
目次[非表示]

上小田井駅とは、名鉄犬山線名古屋市営地下鉄鶴舞線の共同使用駅である。東海交通事業城北線の「小田井駅」と乗り換えが可能であるため、ここでは小田井駅についても解説する。

上小田井駅

名鉄犬山線・地下鉄鶴舞線の共同使用駅で、両路線を介して一部列車が相互直通運転を行っている。
島式2面4線の高架駅。1・4番乗り場は名鉄名古屋駅方面からの電車、2・3番乗り場は鶴舞線名鉄豊田線方面の電車が乗り入れる。
元々は平田橋駅が現在鶴舞線の引き上げ線がある辺りにあり、鶴舞線の延伸に合わせ、高架化、移転改称して上小田井駅となった。この際、新川北側の北名古屋市の利用者にとって不便となるため、現在も新川上で線路に並んで歩道橋が架けられている。

乗り場路線方向備考
1名鉄犬山線岩倉犬山方面名鉄名古屋方面からの電車。
2名鉄犬山線岩倉犬山方面鶴舞線・名鉄豊田線からの電車。
3鶴舞線伏見赤池豊田市方面
4名鉄犬山線名鉄名古屋金山太田川中部国際空港方面

利用状況

近況

名古屋鉄道

  • 2018年度(平成30年度)の1日平均乗降人員は、20,369人である(名古屋市統計書より)。
  • 但し、鶴舞線直通を含む。
  • 名古屋駅の利便性が高いためか名鉄単独の利用者が増加傾向にある一方、地下鉄直通の利用者が減少傾向にある。

名古屋市営地下鉄
  • 2018年度(平成30年度)の1日平均乗降人員は、42,141人である。
  • 但し、名鉄直通人員を含む。

利用状況比較表

事業者名名古屋鉄道名古屋市営地下鉄
年度乗降人員乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度14,514人24,226人48,451人
2009年(平成21年)度17,039人23,703人47,407人
2010年(平成22年)度17,311人23,735人47,470人
2011年(平成23年)度16,783人18,947人37,894人
2012年(平成24年)度17,193人19,105人38,209人
2013年(平成25年)度17,916人19,704人39,408人
2014年(平成26年)度18,106人20,125人40,251人
2015年(平成27年)度18,775人20,593人41,184人
2016年(平成28年)度19,532人21,053人42,106人
2017年(平成29年)度19,532人21,014人42,029人
2018年(平成30年)度20,369人21,071人42,141人


関連タグ

犬山線 常滑線 鶴舞線 豊田線 名古屋鉄道

小田井駅

東海交通事業城北線の小田井駅は上小田井駅から徒歩10分のところにある。上小田井駅と乗り換えが可能だが、城北線そのものの利用者が少ない。
島式1面2線の高架駅。2面4線構造にもできるが利用者が少ないため現時点でその計画はない。

乗り場路線方向備考
1城北線勝川方面
2城北線枇杷島方面

関連タグ

東海交通事業 JR東海

共通関連タグ

愛知県内の駅一覧

関連記事

親記事

愛知県内の駅一覧 あいちけんないのえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「上小田井駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 450

コメント