ピクシブ百科事典

鶴舞線

つるまいせん

名古屋市営地下鉄の路線。路線の両端で名鉄線と相互直通運転を行っている。
目次[非表示]

概要

上小田井駅(西区)~赤池駅(日進市)間20.4kmを結ぶ名古屋市営地下鉄の路線。1977年に伏見 ~八事間開業。1993年全通。

上小田井~犬山間は名鉄犬山線、赤池~豊田市間は名鉄豊田線と相互直通運転を行っている。赤池駅は地下鉄で唯一名古屋市外に存在する駅である。
オフィス・官庁街である丸の内・伏見を通り、沿線に名城大学・中京大学・南山大学など学校が多数あるため、学生やビジネスマンでラッシュ時は特に混雑する。

東山線名城線より長い4ドア20m車を使っているが、名鉄に合わせたのではなく、むしろ名鉄の標準より長い。この大きさは、桜通線上飯田線とも共通している。
車庫である日進工場では桜通線の車両の検査も担当している。車両は丸の内駅にある連絡線を通って回送される。この関係で、丸の内駅は「乗換駅」とされるものの通常想定されるような交点の上下にホームがあるわけではなく、連絡線を渡った先あたりのため、延々と連絡通路を歩く必要があり乗り換えの便は良くない。
相互直通運転の関係もあり、地下鉄全路線の中で唯一ホームドアが設置されていない状態が続いていたが、最終的に2026年までのホームドア設置・整備が予定されている。

使用車両

開業時は4両編成で運用されていたが、全線開業時に6両編成化された。

名古屋市営地下鉄

  • 3000形:開業時からの車両。電機子チョッパ制御車でステンレス製。4両編成23本が製造されたが、1993年の全線開業時に6両編成15本に組み替えられた。
  • 3050形:1993年の全線開業時からの車両。VVVFインバータ制御車でステンレス製。6両編成9本のほか、編成組み換えで余った3000形2両を中間に組み込んだ6両編成1本が在籍していた(3159編成)。
  • N3000形:2012年デビュー。3000形および3159編成の置き換え用でVVVFインバータ制御。第1編成のみアルミ合金製、第2編成以降はステンレス製。

名古屋鉄道

  • 100系200系:相互直通運転開始の1979年に導入した、名鉄では珍しい4ドア20m車。あわせて6両編成11本が在籍。ローレル賞受賞。


駅一覧

駅番号駅名乗り換え路線備考
名鉄犬山線犬山駅まで直通
T01上小田井
  1. 名鉄犬山線
  2. 城北線(小田井駅)
名鉄管理駅
T02庄内緑地公園
T03庄内通
T04浄心
T05浅間町
T06丸の内桜通線
T07伏見東山線
T08大須観音
T09上前津駅名城線
T10鶴舞JR中央本線
T11荒畑
T12御器所桜通線
T13川名
T14いりなか
T15八事名城線
T16塩釜口
T17植田
T18
T19平針
T20赤池名鉄豊田線日進市
↓名鉄三河線豊田市駅まで直通


関連タグ

名古屋市交通局 地下鉄
東山線 名城線 名港線 桜通線 上飯田線
大須観音 名古屋城
名古屋鉄道/名鉄 犬山線 豊田線

関連記事

親記事

名古屋市営地下鉄 なごやしえいちかてつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鶴舞線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15352

コメント