ピクシブ百科事典

VVVF

ぶいぶいぶいえふ

三相交流モーターの可変電圧可変周波数制御のこと。「スリーブイエフ」ともよばれる。鉄道車両における採用が有名。
目次[非表示]

概要

特に鉄道車両の交流モーター(電動機)駆動方式。半導体を使ったモーター制御用インバータにより三相モーターに印加する交流の電圧と周波数を変化させる制御。「可変電圧可変周波数制御」(Variable Voltage Variable Frequency)とよばれる。

海外では一般にAVAF(Adjustable Voltage Adjustable Frequency)と略するが、意味はほぼ同じ。他にVFD(Variable Frequency Drive)という略表記もある。


近年新製される電車・電気機関車の大半がこの制御方式を採用している。発車・停車する際に「磁励音」と呼ばれる音が出るのが特徴。ドイツシーメンス社製造のインバータ制御装置を搭載した車両のそれはファンには有名である。

交流モーター制御の歴史

基礎知識

モーターが回転する原理は、回転子のコイルと周辺部の磁界(界磁)の吸引・反発力を利用するというものである。
誘導モーターの場合なら、周辺部に3系統の電磁石ABCを、ぐるっと囲むようにABCABCABCABCABC…と配置してやり、これらを制御してA・B・C・A・B・C…の順番で電磁石をONしてやればいい。回転子側のコイルは電磁誘導という現象によって自ら電磁石になってくれるため、ご察しのとおりA・B・C・A・B・C…の順に引き付けられて回転を始めるだろう。
上記のとおり誘導電動機は回転子が自ら勝手に電磁石となり、わざわざ人間様が電力を与えてやる必要が無いため、回転体に摺り合わせる電気接点(カーボンブラシ)が要らず、機構の簡略化とメンテナンスフリーが期待できる。昭和初期よりエスカレータやベルトコンベアなどには使われていたが、鉄道用途に普及するのにはさらに長い年月を要した。

VVVF制御ができなかったころの三相交流モーター制御

後述する問題により鉄道車両用としては使われていなかった。
問題は2つ、起動時に工夫が必要なのと、回転速度のコントロールが出来なかったからである。大容量VVVFが実用的・経済的になってようやく解決したのである。
インバータの無い大昔は、電力会社からやってきた50Hz/60Hzの三相240Vを、三相誘導モーターに直接ぶっこむしか手段が無かった。
モーターの始動の際、そのまま240Vフルパワーの電源を投入すると過電流が流れて焼損につながるため、抵抗器や起動補償器(変圧器の一種)、磁石を使った自動スイッチによる結線切り替えなどにより、まずは電圧を落として起動してその後定格電圧に切り替えという制御をしていたが、それでも起動時には運転時よりも大きな電流が流れてしまい、起動トルクも弱かった。始動そのものも急なトルク変動のある段つき加速だった。
また、停止してる回転子にいきなり最高速でABCABCされても回転子が付いてこれるわけもなく、脱調したまま起動すらしないので、起動時は別のモーターで回転子を回して予備加速をつけてやる工夫も必要だった。

VVVF制御ができるようになってからの三相交流モーター制御

三相誘導モーターの特性に合わせた電圧と周波数の三相交流が出力できるため、起動時の大電流(突入電流)が解消でき、また強い始動トルクも得られるようになった。電車が発進するときに聞こえる個性的な電子音(「キー」や「プルルルルル-↑」や「ドレミファ…」など)は、電圧をコントロールしてモーターに流れる大電流を必死で抑制しているときの音である。
加えてゼロスピードの状態から回転子に合わせてゆっくりと周辺部のABCABCを同期できるので、始動が滑らかかつ容易になった。回転子の現在の角度と回転磁界の角度が一致していないと脱調するので回転角センサやモーターからの逆起電力を調べて現在の角度を随時調べながら回している。
三相交流モーターは単相交流モーターより電力→運動エネルギーの変換効率に優れているため、半導体のコストダウンと共に家電機器にも使われるようになってきた。

使われる半導体素子

電気信号で高頻度のON/OFFを大電力相手に行うため許容電力に優れるサイリスタやON/OFFの制御をやり易くすべく大電力用に作ったトランジスタを採用している。
それぞれの素子は下表のように改良され世代交代しており、鉄道では

サイリスタパワートランジスタGTOサイリスタIGBTSiC-MOSFET

と世代交代している。また最近は珪素半導体の欠点を克服した炭化珪素半導体の採用も進んでいるが、まだ素子単価が高いためスイッチング素子・還流用ダイオード共に炭化珪素半導体の「フルSiC」とよばれる構成のほかに、スイッチング素子は従来通りIGBTだが、還流用ダイオードは炭化珪素半導体を使用して価格を抑えつつ電力消費効率を改善した「ハイブリッドSiC」と呼ばれる構成のものもある。

サイリスタ

ターンオフ(ON⇒OFF)が面倒だが、トランジスタでは足元にも及ばないほどの許容電力の大きさが特長。

名称略称備考
サイリスタSCR還流用ダイオードとセットになっているものはRCTと略される
自己消弧型サイリスタGTOゲートからの自己消弧ができるように工夫がなされている
ゲート転流型サイリスタGCTゲートにさらに工夫がなされGTOの消弧時の欠点が改善されておりスイッチング周波数も高くできる

トランジスタ

許容電力はサイリスタにとても及ばないが、スイッチング(OFF⇒ON / ON⇒OFF)がやり易く、スイッチング周波数もそれに伴って高く取れる点が特長。

名称略称備考
パワートランジスタPTr大電力制御用に作られたバイポーラトランジスタ
金属酸化膜型電界効果トランジスタMOSFET電圧による制御が可能でスイッチング周波数も高く取れる。しかし耐圧を高くするとON抵抗も高くなるため高耐圧品が作れない
絶縁ゲートバイポーラトランジスタIGBTMOSFETとバイポーラトランジスタの複合素子。それぞれの欠点を打ち消しあうように動作するため高耐圧品が作れて、同電力帯のMOSFETに劣るもののスイッチング周波数も高い
炭化ケイ素製MOSFETSiC-MOSFET炭化ケイ素の物性によりケイ素製MOSFETの欠点が改善されており高耐圧品が製造できる。そのため、鉄道車両の主回路用素子にも使えるようになった

関連タグ

インバータ シーメンス
京浜急行電鉄新1000形/2100形JR東日本E501系:デビュー時は歌う電車
熊本市電8200形:日本で最初のVVVF制御車。
大阪市営地下鉄20系:高速鉄道用としては日本初だが、営業開始は4番目。
近畿日本鉄道1420系新京成電鉄8800形:直流1500V鉄道路線用としては早期に採用。

pixivに投稿された作品 pixivで「VVVF」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7587

コメント