ピクシブ百科事典

PMSM

ぴーえむえすえむ

永久磁石型同期電動機の略称でPermanent-Magnet Synchronous Motorの頭文字をとったもの。(メイン画像は主電動機にPMSMを採用した北大阪急行電鉄9000形電車)
目次[非表示]

概要

永久磁石型同期電動機の略称でPermanent-Magnet Synchronous Motorの頭文字をとったもの。英語ではPMM(Permanent-Magnet Motor)という略称もある。
誘導モーターに対して高効率な点が特徴で、定格速度でこそ効率は数%の差だが低速~中速域では誘導モーターを遥かに上回る効率で運転できる。その反面、同期モーターそのものが誘導モーターより高価()で、各モーターは回転角度に同期(※2)した制御が必要なために主変換機もその分高価になり、車両価格がどうしても高価になる。そのため、発車・停車・加減速の頻繁な通勤電車や入換用機関車といった低速~中速の比率の多い路線、車両の採用が主となっている。

pixiv内投稿イラストでは当該イラストはメイン画像のみだが、pixiv百科事典内では通勤形電車の記事を中心として該当している記事がいくつかある。

補足

・・・実用に耐えうる磁石が高価な希土類磁石になってしまうことと、回転子が誘導モーターより複雑なことが主な理由。

※2・・・同期モーターでは回転子の角度と回転磁界の角度差でトルクを生じさせており、一定以上角度がずれると同期が取れなくなり脱調して停止してしまう。誘導モーターでは回転子の回転速度と回転磁界の速度差(すべり)でトルクを生じさせているため同期モーターほどの厳密な制御でなくともOK。


大まかな構造の違い

回転子がかご型導体(IM)か永久磁石(PMSM)かの違いでそれ以外は大きな違いはない。しかし、回転子の磁石が非常に強力でモーターの分解整備・修繕が非常に困難かつ危険(※3)なため全閉式になっており軸受以外はメンテナンスフリーになるように作られている。

補足

※3・・・回転子に使われている磁石が強力でモーター自体も大きいため、工具(レール車輪が削れて生じた鉄粉など)を引き付けて異物が入り込んだり、回転子が固定子の鉄心に衝突するなど引きついた物同士の破損破壊、作業者が回転子とこれらの異物に挟まれて大怪我をする危険性がある。
IM・・・誘導モーターの略称。(Induction Motor)

関連タグ

VVVF 鉄道車両
地下鉄 通勤形電車
HD300

注意事項・・・・・・?

Mを一つ書き忘れてPMSとしてしまうと音ゲーのファイル拡張子月経前症候群といった全然違う意味になってしまうので注意。

pixivに投稿された作品 pixivで「PMSM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112

コメント