ピクシブ百科事典

西武40000系

せいぶよんまんけい

西武鉄道の一般型電車。

概要

2007~15年度にかけ9次にわたり製造されてきた30000系に次ぐ一般型電車で、2015~16年度にかけて開発され、16年度に最初の編成が登場。基本的には30000系の発展型にあたるが、30000系が日立製だったのに対し川重製となっている。VVVF装置は西武で初めてPMSM(永久磁石同期電動機)が採用された。

また、西武鉄道としては6000系以来の地下鉄乗り入れ対応車両となっており、東京メトロ有楽町線東京メトロ副都心線東急東横線横浜高速鉄道みなとみらい線への乗り入れも行う。なお、池袋線所属編成が地下鉄乗り入れ対応となるため拡幅車体は採用されず、前面に非常扉が設けられる。

10両固定編成で池袋線編成の池袋/新木場/元町・中華街側、新宿線編成の拝島/本川越側先頭車には従来の車いすスペースをさらに拡大した「パートナーゾーン」が導入されているのが大きな特徴で、この部分の窓は他よりも大きくなっている。また一部編成では、ロングシートクロスシート両方に切り替え可能なデュアルシートが採用されており、座席指定列車「S-TRAIN」ではクロスシート状態で、それ以外の列車ではロングシートで運行される他、クロスシート時に使用できるコンセントが設置され、4号車にトイレも設けられる。

関連項目

西武鉄道 西武池袋線 西武新宿線 40000系 S-TRAIN

pixivに投稿された作品 pixivで「西武40000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1747

コメント