ピクシブ百科事典

西武有楽町線

せいぶゆうらくちょうせん

西武鉄道の路線で練馬と小竹向原を結ぶ。
目次[非表示]

概要

西武鉄道の路線で池袋線などと違い、西武を入れた「西武有楽町線」が正式名称(西武秩父線と同様)。西武池袋線の練馬と東京メトロ有楽町線副都心線の小竹向原間を結び、所沢方面から同線を経由して池袋、新木場、の渋谷、横浜方面へ乗り入れている。

1983年に小竹向原と新桜台間が開業。他の西武鉄道のどの路線ともつながっておらず、ほぼ営団(現:東京メトロ)有楽町線の支線的扱いの路線で、列車本数、乗客数ともに今とは段違いに少なく、使用車両も営団車両での運行で、当時の終点の新桜台駅も営団仕様に近い駅となっていた。

これは当初練馬までの開業予定が工事が長期化したため、先行で開業させたものであった。現在で言えば千代田線の北綾瀬支線みたいな存在であったが、あくまで西武の有楽町線だったため運賃も小竹向原で区切られており、これが北綾瀬駅のように他に鉄道路線がなければ需要もあっただろうが、地図を見て分かる通り、西武池袋線と営団有楽町線に挟まれ、それらの駅が徒歩圏内に複数存在しており、新桜台から池袋に出る場合はそれら両線を利用した方が運賃も安くついた。

1994年にようやく練馬まで延伸し、開業12年目にして初めて西武車両が入線するが当時は練馬駅が工事中で、西武・営団ともに練馬までの乗り入れだった。本格的に池袋線と乗り入れるようになったのは1998年のことになる。2008年には東京メトロ副都心線が開通、直通運転が始まり、2011年に同線を介して東急東横線みなとみらい線の車両が乗り入れるようになった。

ちなみに直通相手の池袋線東京メトロ有楽町線などで人身事故等の輸送障害が発生すると本路線は全線で運休する。ダイヤ乱れ回復のために路線の一部を運休させる例はあるが、全区間が運休するのは全国的に見ても稀である。

駅一覧

2017年3月運行開始の座席指定列車「S-TRAIN」については当線内は全駅通過となる。快速急行以下の列車は全駅停車。

駅番号駅名乗り換え路線など
東京メトロ有楽町線新木場方面、副都心線元町・中華街(東急・横浜高速)方面へ直通
SI37小竹向原東京メトロ有楽町線・副都心線(重複区間)和光市東武東上線方面
SI38新桜台
SI06練馬西武池袋線池袋方面、西武豊島線都営大江戸線
↓西武池袋線飯能方面へ直通(S-TRAINの一部は秩父線西武秩父まで直通)

関連タグ

西武鉄道 西武池袋線 鉄道 Fライナー
東京メトロ 東京メトロ有楽町線 副都心線東京メトロ副都心線
東京急行電鉄東急東横線 横浜高速鉄道みなとみらい線

pixivに投稿された作品 pixivで「西武有楽町線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3878

コメント