ピクシブ百科事典

西武6000系

せいぶろくせんけい

西武鉄道の、地下鉄乗り入れに対応した通勤形電車である。同社の車両では初となるステンレス車であり、現在の車両でも主流となる青のラインを初めて纏った車両である。全車が(今のところ)西武鉄道における量産車として、最初で最後のGTO-VVVFインバーター制御車である。
目次[非表示]

概要

西武6000系電車1992年(平成4年)に登場、第1・2編成が先行量産車(試作車)としてデビューした。1993年より量産車が登場し、製造は試作車から第17編成(6117F)までを東急車輛製造が製造。尚、西武鉄道のステンレス製車両は当番代のみで、1996年から日立製作所が製造を担当し、アルミ合金車体に材質を変更、6050番台として区分けされた(6000系50番台、あるいは6050系と通称される)。この時点では無塗装アルミ車体採用には踏み切れず、地色はライトグレー塗りとされており、無塗装車体採用までは次期通勤車である20000系まで待たなければならなかった。後の20000系30000系40000系はアルミ合金製(20000系と30000系は日立製作所製・40000系は川崎重工製)が採用されており、西武鉄道は関東私鉄の中では東京メトロに並んでステンレス製車両は少ない。

登場当初の動向

1992年1月より6101F・6102Fが搬入され、乗務員訓練や試運転を経て同年6月よりデビューした。主に池袋線の準急や急行などの優等種別に充当され、1994年より新宿線系統においても運転を開始し、同年12月には西武有楽町線が練馬駅まで開通したことを契機に、練馬駅から営団有楽町線新木場駅間の相互直通運転を開始、運用範囲を広げた。その後、1998年の西武有楽町線の複線化や直通運転区間の拡大などに伴い池袋線と新宿線間で車両の転配が実施され、池袋線にはATCが搭載された6108F~6117Fと50番台車、新宿線にはATC非搭載の6101F~6107Fが配置され、2006年まで長らくこの配置で運用が実施されていた。

副都心線直通へ向けて

2008年度から予定されている副都心線への直通に備えるため、2006年度より(第1・2編成を除いた)全ての編成に対して直通対応改造が施行された。主な施行内容は、外観は前面FRP部分を保安上の問題(と、されているが…?)により、銀から白に塗色変更、正面・側面の種別・方向幕はフルカラーLED(行先部分のみ白色)に変更、新製時より準備工事に留まっていた車外スピーカーを本設、乗務員室扉と手すりを東急線内の建築限界に合わせたものに変更した。室内は非常通報装置を東京メトロ10000系電車と同等品に変更、乗務員室は運転台デスク部分を含めて大きく改修され、将来の東急東横線への乗り入れに向けて、マスコンハンドルをツーハンドル式から東芝製(らしい)のワンハンドル式へと変更した。従来のコイト製モニタ装置から三菱製TISモニタへと変更。表示灯類や放送、空調設備の操作を同モニタ装置へ集約した。このほか車掌スイッチの改良や、副都心線内でのワンマン運転時に使用されるATO装置、ITVモニタ装置等、元新宿線所属車両には新たにATC装置なども併せて設置された。2008年度より、6109Fを皮切りに客室ドア上部にスマイルビジョン(トレインビジョンと同等)と呼ばれるLCD案内装置やドア開閉表示灯を設置し、それに合わせてドアチャイムの改良も行った。

この白塗りにされた前面が、西武線沿線である東村山出身の、今は亡き日本を代表するコメディアンの代表的なコントで、そのコメディアンが扮する人物の容姿を思い浮かばせることからバカ殿や、これまた西武線沿線の杉並区上井萩にあるアニメスタジオが製作したロボットアニメの名作のメインロボからガンダムと呼ばれるなど、原型より大きく印象を変えたその姿からこれらのように揶揄されていた。

現在の動向

2021年現在、6000系は試作車を除く全編成(6103F~6117F、6151F~6158F)が池袋線に小手指車両基地所属となり、新宿線に残留する試作車は2編成とも玉川上水車両基地(拝島線)所属である。(イベント・試運転・回送などでほんのたまに試作車が池袋線にくる。)

2013年3月16日の副都心線・東急東横線みなとみらい線の直通運転開始を契機に、大きく運用範囲を広げ、埼玉県から東京都心部を経由し、40000系と共に神奈川県内を走行している車両となっている。(40000系の神奈川県乗り入れは2017年から)直通先では東武9000系東京メトロ7000系と並び古参に類する車両であるが、1993年に登場した6000系がLCD案内装置を搭載していて、それよりも新しい2007年に登場した50070系が76fや77fを除いて3色LED案内装置を搭載しているという逆転現象が発生している。

VVVFインバーター装置の更新

2015年4月現在、6157F編成が従来の日立製GTO-VVVFインバーター制御から、PMSM対応の東芝製IGBT-VVVFインバーターへと機器更新された。同時に6156Fも三菱製フルSiC適用VVVFインバーターへと機器更新され、この車両の最大の特徴とも言える「あの音」がいよいよ聞けなくなりそうな予感。

2021年現在、池袋線に所属する6000系は6157Fを除き全車両が三菱製フルSiC適用VVVFインバーターへと機器更新されたものの、新宿線に所属する1次車については日立製インバーターが継続使用されている。

試作編成6101F・6102F

新宿・拝島線に所属する1次車は、地下鉄への直通を行わないため(ほぼ)原型のままとされている。先述したが6101・6102Fは試作要素が強い先行量産車であるため、改修工事の対象からはずされた。6103Fからの量産車および50番台とは、周辺器具やドア位置などが若干違っているため……とよく言われているが、実際にはドア位置の関係ではなく、乗務員室内の機器が量産車と異なることや、床下機器の配置の関係等、諸々の理由でコストが掛かることがわかり、改造が見送られた(らしい)。また東武9000系9101Fも試作車ゆえに、ほぼ同じ理由で改造が行われていないが、副都心線開業後の有楽町線に乗り入れたイレギュラーな事例があった。
試作車とは言え、完全に地上用他系列と混用されており、現在は沿線で日常的に見かけることができるが、30年近い車齢から更新時期及び廃車が心配になるところである。

幻の編成

有楽町線との相互乗り入れが本格的に開始された1998年、スカートに黄色いSマ-クがついた編成がいた。これは当時、当該編成が有楽町線への乗り入れが不可であることを示していた。副都心線直通開始後も、改造待ちのため直通不可の編成が多く見られ、識別としてフロントガラス部に「Yマーク」を掲出していた。同様の例は、半蔵門線開通後の東急田園都市線における東武線非対応車両の「丸にKのステッカー」がある。
稀に、事故の影響で一時的にスカートが外された状態で営業に入ることがあるが、主に新宿線に所属している編成で見られた。

イラスト

【HD西武08】副都心へ直結せよ!【6000系】
西武6000系 6157F 黄色ラッピングver.


Act.17


ちなみに、韓国には西武6000系と酷似した車両がいる。

전면 화 서울메트로4000계 (正面画ソウルメトロ4000系



タグ

路線
西武鉄道 西武拝島線 西武新宿線 西武池袋線 有楽町線 副都心線 東武東上線 東急東横線

車両

関連記事

親記事

西武鉄道 せいぶてつどう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「西武6000系」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「西武6000系」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17438

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました