ピクシブ百科事典

西武30000系

せいぶさんまんけい

西武の笑顔である。
目次[非表示]

概要

西武鉄道が所有する車両である。今までの西武のイメージを一新するデザインである。3ドア車であるN101系301系を置き換える為に登場した。2008年新宿線においてデビューした。現在は西武新宿線西武池袋線の運用についている。

開発時、新生西武鉄道を象徴した車両をめざしプロジェクトチームが発足されたものの、男性中心のメンバーでは旧来の常識に凝り固まった画一的な案ばかりが提示されたたため、女性を中心としたチームが組まれ、女性ならではの視点から多くの要素が車内設備に取り入れられた。JRをはじめ、乗り入れ先の車両を参考にしており、特に内装は、開放感のある天井や、枕木方向に設置された空調、連結部のガラス扉など多くの要素が東京メトロ10000系を参考に取り入れられた。このように多くの要素が参考車種と類似した物であるが、細かく見ていくとオリジナル要素も多く盛り込まれている。まず、車体そのものが西武初の裾絞りとなっている点、カラーコードが参考車種とは異なり明るい色調に、座席の袖仕切りは本形式のイメージに合わせた卵形のものとされ、特に手すりは指紋が付きづらい加工が施されたほか、参考車種で導入されているA-Train特有のピラー部分を折り曲げ加工し、側扉部分の手すりとした物とは形状が異なるなど、手すり自体の形状がつかみやすい構造になっている点で参考車種と見分けが着く。もっとも、西武20000系の頃から手すりはA-train共通のものではない点は注目したい。

当初は6両編成も投入する予定だったが、現在は予定にはない10両編成と8両編成、2両編成しか存在しない。2015年までに10両編成6本、8両編成17本、2両編成6本が製造され、以降は西武40000系の製造に移行した。

編成

10両編成
←新宿・飯能  本川越・拝島・池袋→
クハ30100-モハ30200-モハ30300-サハ30400-モハ30500-サハ30600-サハ30700-モハ30800-モハ30900-クハ30000
8両編成
←新宿・飯能  本川越・拝島・池袋→
クハ38100-モハ38200-モハ38300-サハ38400-サハ38500-モハ38600-モハ38700-クハ38800
2両編成(池袋線のみ)
←飯能  池袋→
クモハ32100-クハ32200

10両編成は単独、8両編成は8連単独または2両編成をつないで10連の運用。また、2両編成を2本つないだ4連による西武狭山線の運用実績がある。

所属

池袋線

  1. 10両編成3本30両(30101・30103・30104編成)
  2. 8両編成8本64両(38103・38104・38105・38107・38109・38110・38112・38116編成)
  3. 2両編成6本12両(32101 - 32106編成)


新宿線

  1. 10両編成3本30両(30102・30105・30106編成)
  2. 8両編成9本72両(38101・38102・38106・38108・38111・38113・38114・38115・38117編成)


関連イラスト

スマイルトレイン
無題



関連タグ

西武鉄道 30000系 スマイルトレイン 西武20000系 西武40000系 東武50000系 東武60000系 阪急9000系 東京メトロ10000系

pixivに投稿された作品 pixivで「西武30000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3095

コメント