ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

デビューから25年以上を経過した10000系ニューレッドアローの後継・代替車両として開発された特急形車両。
Laview(ラビュー)」の愛称を持つ。

2016年3月14日に製造が発表され斬新なデザインが話題になった。
これまでにない新しい発想の特急車両をつくるために、世界で活躍する建築家・妹島和世氏にデザインコンセプトの策定、外観・内観のデザインを依頼。

西武のフラッグシップトレインとしての位置付けを明確にするため、丸みを帯びた斬新なエクステリアデザインを採用している。アルミ合金の車体ではあるが、自動車などに使用されている銀色塗料を車体に吹き付けている。

貫通扉も装備するなど、地下鉄線内にも入れる構造になっているが、現時点では乗り入れの予定はない。(デザイン処理的に車体下部に裾絞りがあるように見せているが、地下線規格のため2800mm未満に収まるよう、寸法自体は通勤車と同じ直線である)
2018年度から日立製作所にて製造を開始。7編成が製造された。
2019年3月16日より池袋線系統の特急ちちぶむさしで運行を始めた
2020年に池袋線の10000系を置き換え、全てのちちぶ・むさしを当形式で統一。
なお、新宿線への導入は2021年の段階では未定。(※新宿線の10000系更新計画はあるが、本川越駅特急ホームが7両分しかないが、延長可能な構造になっている。)

2020年鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞

尚、地下鉄乗り入れに対応している他、MT構成の関係から10両対応を想定した作りになっているが、現時点では地下鉄乗り入れや10両対応の計画はない。
地下鉄乗り入れこそは規格面で問題ないが、10両化する場合は入間市駅池袋駅のラビュー専用ホームの改修が必要になる。

車内設備

10000系時代の定員を維持させるため1編成は8両。
1号車には運転台と車椅子対応トイレ・座席などが備えられており、2・3・4・6・7号車は共通設計で座席のみ。5号車は中間車で唯一トイレがあり、8号車は運転台と座席のみの構成となっている。
客室の窓は縦1350mm・横1580mmの大型窓ガラスで、客室用としては異例のサイズである。
なお、窓ガラスには白いドット柄の模様がある。
座席の下に電源コンセントがある他、腰掛の横に小さいテーブルとシートの背面に大きなテーブルやペットボトル入れなどがある。
客室内の出入り前後にはLCDディスプレイなども設置されている。
因みに席数は8両編成で422人着席可能となっており、10両編成のS-TRAIN拝島ライナーの344人より多い。

運用

西武池袋線の特急「ちちぶ」「むさし」全定期運用を担当している。
新宿線での定期運用はないが、臨時小江戸として本川越駅所沢駅(~飯能駅)間で運用したことがある。
地下鉄や東急東横線に乗り入れ対応しているが、現時点で乗り入れは行われていない。

編成表

  • ←池袋
  • 西武秩父
飯能→
編成001-●1001-●2001-●3001-●4001-●5001-●6001-●7001-●8備考
号車12345678
MT構成Tc1M1M2T1T3M5M6Tc2
A編成001-A1001-A2001-A3001-A4001-A5001-A6001-A7001-A8
B編成001-B1001-B2001-B3001-B4001-B5001-B6001-B7001-B8
C編成001-C1001-C2001-C3001-C4001-C5001-C6001-C7001-C8
D編成001-D1001-D2001-D3001-D4001-D5001-D6001-D7001-D8
E編成001-E1001-E2001-E3001-E4001-E5001-E6001-E7001-E8
F編成001-F1001-F2001-F3001-F4001-F5001-F6001-F7001-F8
G編成001-G1001-G2001-G3001-G4001-G5001-G6001-G7001-G8
備考
  • 車椅子対応席
  • 車椅子対応トイレ
パンタグラフパンタグラフトイレパンタグラフ


その他

  • 形式名「001系」は「次の100年へ向けた出発点」という位置付けから。数字の「100」を反転して「001」。「00」には「」の意味もある。読み方は「ダブルオーワンシリーズ」。
  • ヘッドライトはスマイルモードというものがあり、(^ ^)(◎ ◎)のように、ヘッドライトを目に見立てた形に点灯することが可能。また、テールライトを頬にすることもできる。通常運行では使用されず、イベント時にしか使用されない。参照
  • 形式は飯能方から順にクハ001-01 モハ001-02 モハ001-03 サハ001-04 サハ001-05 モハ001-06 モハ001-07 クハ001-08の順。番号の付け方もユニークであり、第1編成の場合は001-A1 001-A2 001-A3 ~ 001-A8、第2編成の場合は001-B1 001-B2 001-B3 ~ 001-B8・・・という風に、アルファベットで各編成を区別している。001系はA~Gの全7編成が在籍。


関連イラスト

新西武特急"Laview"
銀色の弾丸



関連項目

西武鉄道 特急 Laview レッドアロー 西武10000系
ちちぶ むさし

関連記事

親記事

西武鉄道 せいぶてつどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「西武001系」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「西武001系」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6844

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました