ピクシブ百科事典

コウペンちゃん

こうぺんちゃん

コウペンちゃんとは、イラストレーター・るるてあが創作した日本のキャラクターである。
目次[非表示]

概要

イラストレーターのるるてあが2017年4月4日にTwitterに投稿した「肯定ペンギンのあかちゃん」を原典とするキャラクター。

コウテイペンギン「出勤してえらい!」「朝起きてえらい!」「今日は職場に着いた時点で満点!」などと日々の些細な行動を褒めたたえ「肯定」してくれる、という一種のダジャレから生まれたキャラクターだが、その愛くるしさと屈託のない誉め言葉は、日頃褒められることが少なく自己肯定感を欠いてしまいがちな現代人の心に見事にフィットし、Twitter上で大きな話題を呼んだ。

やがて作られたLINEクリエイターズスタンプも大ヒットし、リリース後約9ヶ月で「LINEクリエイターズアワード2017」新人賞を受賞。様々な会社からキャラクターグッズが発売され、原画展やコラボカフェなどの各種イベントが全国各地で開かれるほどの人気キャラクターとなった。

コウペンちゃんと仲間たち

コウペンちゃん

えら~い!


「生きとし生けるものすべてを肯定してくれる」コウテイペンギンの赤ちゃん。投稿当初は実際のコウテイペンギンの雛に近い体型をしていたが、次第にデフォルメが強まり、現在は楕円形のフォルムになっている。

作者によれば「いっぱいいて、どこにでもいる」とのことで、イラストによっては一度に複数登場することもある(これについては、「人数や住んでいる場所を決めてしまうと誰かの所に行った時に他の人の所には来ていないことになるから」とるるてあ氏は語っている)。

また、ピンクや青などのカラーバリエーションがあり、前者についてはいちごミルクを飲んだために体色がピンクになったとされる(公式アニメより)。体色の変化については他のコウペンちゃんも、自身も特に気付いていないらしい。

幼気で無邪気、疲れた人や頑張った人にあたたかい声をかけるやさしい性格だが、時折「~なことだなあ」と達観したような物言いをすることもある。ファンシーキャラ故に割と何でもこなせるようで、これまでに発表されたイラストでは「いやなこと」に対して「シュバババ」と擬音が出るほどのスピードでラッシュを繰り出す、唐突に「かいふくまほう」なる魔法を発動する、「うまくいく成分」を頭部から放出するなど奇妙な能力を多数発揮している。

また、身体特性にも場面ごとにバラつきがあり、書籍『コウペンちゃん』に収録された「コウペンちゃんのマッチ売りの少女」ではコウテイペンギン故の耐寒性で凍えずに済んでいる一方、打首獄門同好会『布団の中から出たくない』のMVではあまりの寒さに布団から出られなくなっている。個体差かもしれない。

なお、YouTubeで公開されている公式アニメーションにおける声優は齋藤彩夏だが、前述の通りコウペンちゃんは複数存在しているため、決まった声はない。

邪エナガさん

邪エナガさん 「ククク・・・我が名は邪エナガ  」


名前の通り、邪(よこしま)なシマエナガ闇に憧れ、邪悪を極めるために行動しているが心根はやさしく、困っている人を助けずにいられない。また、想定外のことや大きなものに驚きやすい(いわゆるビビりな)一面もあり、驚くと全身の羽毛が逆立ちハリセンボンのようになる。

邪悪を志すキャラクター性とは裏腹な愛くるしい容姿とのギャップから、仲間たちの中ではコウペンちゃんに次ぐ人気キャラクターであり、商品化の機会も多い。

元々は仲間のシマエナガと暮らしていたが、更に邪悪な存在となるために旅に出たところ、コウペンちゃんと出会い行動を共にするようになった。「ククク……」と低く笑い、邪悪な行動(例:コウペンちゃんの風船を割る、闇の炎ですべてを焼き尽くす)を取ろうとするが、多くの場合コウペンちゃんの幼気な行動に阻まれる、あるいは自身の根底にあるやさしさのために実行に移せずに終わる。コウペンちゃんのことを「愚かなる幼き鳥」と呼称している。

公式アニメでは齋藤彩夏がコウペンちゃんと兼役で演じている。

大人のペンギンさん

その名の通り、成鳥のコウテイペンギン。のんびりした性格で、おっとりとした口調で話す。空を飛ぶことを夢見ており、日々熱心に練習している。コウペンちゃんと一緒にいることもしばしばあるが、コウペンちゃんの親族ではない。

実は幼少時代、水辺でエサを探していたアデリーさんと偶然出会っており、焼き魚を勧めたことでアデリーさんが料理に目覚めるきっかけを作っていた。
その時はお互いに名乗り合うこともなくそれ以降にも会うこともなかったためか、大人になってからアデリーさんと再会を果たすも、幼少時に出会った相手だということを思い出すに至っていない。


アデリーさん

アデリーペンギンの成鳥。「ギンッ!」という擬音で表現される鋭い眼光や、「オラオラオラオラー!」と叫びながら駆け抜ける姿から恐れられることもあるが、実際には面倒見がよく頼れるみんなの兄貴分。料理が得意で、「アデリー畑」なる家庭菜園で野菜を育てている。

和菓子にちなんだあだ名をつける癖があり、コウペンちゃんを「のんびり水まんじゅう」、邪エナガさんを「白玉団子(時々マシュマロ)」、大人のペンギンさんを「ぼたもちさん」と呼ぶ。 

幼少時におとなのペンギンさん(の幼少時代)に焼き魚を勧められたことが料理に目覚めるきっかけとなったが、大人のペンギンさんと同じく、幼少時に出会っていたことを思い出すに至っていない。(単行本では幼少時における出会いのエピソードが描かれる前に、アデリーさん自身が料理に目覚めた過去を語ろうとするシーンがあったが、その時は会話が遮られたことで語られずに終わっている。)

教えてくれるタイプのシロクマさん

仲間たちの中でもひときわ大きな体のホッキョクグマ。いつもどこからともなく現れ、だいたい何かを教えてくれる。知っていることならなんでも教えてくれるが、答えられないことについては他の知識を教える形ではぐらかすこともある。家に帰ればご飯があるため、コウペンちゃんたちのことは食べない。体の表面にポケットのような謎の収納スペースがあり、ここにしまった本を取り出して読んでいる。

初期の頃は顔も少し小さく、どこかしょぼんとしたような表情を見せることも多かったが、回が進むにつれてふっくらと丸みを帯びていき、表情も柔和さが増していった。

関連イラスト

コウペンちゃんが審神者だったら


ありがと~♡



関連タグ

記事が存在するオリジナルキャラクター一覧
こぐまのケーキ屋さんしかるねこ:コウペンちゃん同様、Twitter発のキャラクター。
ペンギン・ハイウェイ:コラボを行った作品。
おこしやす、ちとせちゃん:コウペンちゃんと同じくコウテイペンギンの雛が主役の漫画。
ぺそぎん:同じくコウテイペンギンのひなをもとにしたキャラクター
ペンギン 癒し
阪急1000系西武30000系西武40000系:コウペンちゃんラッピングを施している編成が存在した。
石神井公園駅:コラボレーション企画として、2019年3月から2021年3月までの期間限定で北口改札外の駅名標が「しゃくじいコウペンえき」に装飾された。

テイコウペンギン…似て非なるもの。

関連リンク

るるてあの公式Twitter

関連記事

親記事

記事が存在するオリジナルキャラクター一覧 きじがそんざいするおりじなるきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コウペンちゃん」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「コウペンちゃん」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1146940

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました