ピクシブ百科事典

テイコウペンギン

ていこうぺんぎん

とりのささみ。氏による漫画、及びそれを元にしたYouTubeチャンネル。
目次[非表示]

概要

pixivユーザーでもあるとりのささみ。氏による短編漫画。(以下、漫画版と記載)
なぜか人間社会で社畜となりブラック企業に勤務する事となったペンギンの生き様と現代社会の理不尽へのちょっとした抵抗を描く。

YouTubeでもチャンネルが設立され、アニメーション動画が投稿されている。(以下、動画版と記載)
とりのささみ。氏は動画版の製作(シナリオ)に参加していないとTwitterで公言しており、漫画版と動画版で作品の雰囲気及びキャラクターの性格や生い立ちなどが相違している所が有る。

動画版は基本的にコラボ企画のゲストという事例を除き女性キャラが出てきても女性を起用せずに男性が演じ、ストーリーは無く、1話完結であり、登場人物の設定が変わっていたり、彼らに何らかのハプニングが起こりそのまま終わっても、次の話では何事もなかったかのように進む。
しかし、設定や出来事が完全にリセットされたわけではない模様。
さらに、とある回では衝撃の真実も明かされており、所々にブラックな世界像が見え隠れしている。

ぼんちゃん(ゆっくり実況者)クロネコの部屋全力回避フラグちゃん!といったチャンネルとコラボしたり、スマホゲームの紹介動画も配信している。
姉妹チャンネルの秘密結社ヤルミナティーともコラボすることも。
クロネコの部屋とコラボした話は、下手な怖い話より怖い話となっている。
その他にも東映作品とコラボしたり、巨大ロボを製作し突撃して宇宙人を懲らしめたり、とあるロボットを拉致して5000万年経っても壊れないもしもーし?ボックスを製作したりする非凡な企業でありながら、貧乏なブラック会社と作中で度々強調されている事に疑問を持つ視聴者も少なくない。

動画版ではペンギンやパンダなどが自分達の寿命が短い(人間の言葉を喋らない動物とほぼ同じ)という発言をしている回も有れば、人間並みに生きていると思われる回も存在して明確な寿命は不明であるが
漫画版では2020年5月2日のとりのささみ。氏の連載にて、人間の言葉を覚えた動物は人間の言葉を知らない従来の動物達より寿命が長くなるという事が明確に描写された。

登場人物

以下の人物の具体的な詳細はリンク先参照
ペンギン上司シャチ

ペンギン
主人公、作品名から勘違いしやすいが品種はコウテイペンギンではなくアデリーペンギンである(漫画版記載の設定)。
株式会社「某企画」面倒な仕事ふられがち部やってられる課所属。

上司
ペンギンの上司。主要人物の中で唯一普通の人間の姿をしている。
本名は上司と書いて「かど つかさ」で姓が「かど」で名が「つかさ」だが、動画版では「じょうし」と読む名のようで姓の方は不明であり、幼少期は名前のとおり上司気分でクラスメートを部下扱いして総スカンされた模様。

にわとり
漫画版にのみ登場。
ペンギンの友人で、たまにボケる彼の発言にツッコミを入れる。
常識人かと思いきや非常にものぐさで、一度布団の中に入るとまず出てこないがハイスペックな所が有り霊感が強い。

ひよこ
漫画版にのみ登場。
にわとりの子供なのかは不明だったが2020年2月のとある連載でにわとりと一緒にはっきりと否定し出会いが描かれた。
にわとりがペンギンにツッコミを入れるポジションなら、彼はものぐさなにわとりにツッコミを入れるポジションだが、にわとりは自分が居なくなっても1人で生きられるように色々と教えているようだ。
発言内容はペンギンと同レベルのキツイ毒舌になる事が多く、にわとりが時々気にしている。

カラス
漫画版にのみ登場しコアリクイの入社より前に「某企画」の社内に姿を現すようになり社外でもペンギン達と接点が有る鳥。
ペンギン曰く「上司より有能。」であり、上司にペンギンのペットと勘違いされて出禁にされたのちにカラスの優秀さを知った際には呼び戻せと手のひら返しをし再度会社に姿を現すようになる。
飲食店の生ゴミを欲する発言が多いことから動物を補食している可能性は低い。

コアリクイ
漫画版にのみ登場する研修で入ってきた新入社員。
2019年11月18日の掲載で何の前触れも無く初めて登場した。
蟻を食べることに執着している事以外はパンダみたいにペンギンに仕事を押し付けたりシャチみたいに失敗が多いヤンデレでもない真面目な性格だからかペンギンとは職場以外での付き合いも多い。
蟻以外も食べることは可能なようで炒飯を食べることが判明している。

パンダ
動画版をメインに登場。(漫画版でも動画開始以降に僅かに登場)
ペンギンの同僚。動物園から脱走して人間社会に出てきたらしい。席はペンギンの隣。
ペンギンと揃って上司から無茶振りをされたり定時で帰れない日々を送るが、彼も彼で仕事を日常的にサボってSNSやスマホゲー(主にモン○ト)ばかりする、本来自分がやるべき仕事をペンギンに押し付ける、法的にヤバイやり方で大儲けを企むなど上司に負けず劣らずのゲスい性格をしている(ペンギン曰く腹黒パンダ、もしくはサイコパス)。基本的に上司の側につき、過剰に持ち上げることで上司の機嫌を取りペンギンと同等の給料を得ているが上司には労働に消極的な事は見抜かれている模様で仕事に熱心だとパンダが働いてるのは珍しいなどと発言される事も有る。また、後輩のシャチからは、褒めるようにけなされていたり、冷たくあしらわれたりなどと散々な扱い方をされているが、そんなパンダから見ても上司への評価はペンギンやシャチと同じ見解であり正直に仕事の評価を伝えたときに上司はショックを受けていた。
一攫千金に目が無く、儲かると聞けばすぐさま新しい商売をやり始めるなど、金儲けのためならペンギンも驚くほどの行動力を見せる。さらに会社に隠れて様々な副業をこなしている。そのわりに本業である某企画の仕事をサボるのは、いつ終わるかも成果もわからない仕事をするのが嫌だからであり、成果(利益)が出るとわかる仕事はしっかりやる。ホワイト企業に転職した回では、某企画にいた頃よりも比較的真面目に仕事をしていた。
一話完結なので性格が話によって微妙に違うが、基本的に自分可愛さに周囲を出し抜く腹黒スタイルは変わらないものの、劇場版ジャイアンが重なって見える善寄りな行動回もたまに有る。だが一部の回(※1)では作中人物の中で最も悪質な行動をしていることから、上司同様に本気で嫌っている視聴者も多い。
10年後の未来からタイムスリップする形で娘と息子が登場するエピソードが存在している。
フラグ回収のスピードも並大抵ではなく、何かしら悪だくみをした時は光の速さで手痛い目に遭う。だが、ペンギンを陥れるだけで終わる話も存在している(殺害を匂わせている話もある)。
それでもペンギンとの相性が最悪というわけではなく一緒に馬鹿騒ぎしたり上司を懲らしめることも有り、上司に媚びる事こそ多いが、彼を含めた人類よりは動物の方を支持している発言や言動も見せている。
三枚目な印象があるが一応はれっきとしたクマ科の猛獣なので、本気を出せば人間では歯が立たないくらい強い。その力を使って会社を脅して要求を通すこともある。

シャチ
動画版にのみ登場。(厳密には漫画版でも1コマのみ登場)
最初にキャッシュレス社会について取り扱った動画でペンギンの後輩として一度だけ登場した後、登録者50万人突破記念に新入社員として正式加入した。
席はペンギンの右隣。(視聴者視点)

大上司
動画版にのみ登場。
株式会社「某企画」のトップで上司の上司。某企画における諸悪の根源であり見た目は闇そのもの。
上層を優遇し下っ端をないがしろにしており、自身の投資失敗をもみ消すため社員を切り捨てようとしたり、モニター上司の賄賂に応じて昇進を行ったりする。
コイツの子供(娘)が登場したエピソードも存在するが極端に甘やかしているのか親に負けず劣らずの酷い性格だった。
ペンギン達雇用機会に恵まれない動物を低賃金でこき使うが、彼の、そして株式会社「某企画」の来歴とは…

ホッキョクグマ
パンダの動物園時代の先輩。
現在はスタントマンとして活動している。
一人称は「私」で、穏やかな性格だが、極度のネガティブシンキングの持ち主であり、ふとしたことで過剰に自分を責めてしまう面倒臭い人(?)物。
元々は目立つことが苦手で、動物園時代は「一歩も動かないシロクマ」として有名だったが、本人曰く黒歴史らしい。
後輩思いな面もあるが、パンダからそこを付け込まれることもしばしばある。
基本的には大人しいが、本気で怒らせると実力行使に出る事もあり、その際には地上最強の肉食獣の名に恥じない程の強さを発揮する。特に上司に容赦が無い。

※1「ボッタクリ店に引っかかるとどうなるのか?」、「社会的弱者を食い物に…貧困ビジネスの衝撃の実態」、「痴漢の冤罪を回避する唯一の方法」、「上級国民になるとどうなるのか?逮捕されない衝撃的な理由…」、「命にストックが有るとどうなるのか?」

某企画について

ペンギン達が働く会社。
一人でこなすには無茶どころではないレベルで膨大過ぎる仕事量・サービス残業は当たり前・週休0日も日常茶飯事・有給の使用すら許されない・上司の身勝手極まりない独断で事前予告すらなしに給料カットもされるなど、ブラック企業という言葉では生温いレベルで待遇、労働環境共に劣悪。
一時期は新型コロナウイルスの影響でテレワークにもなったが、緊急事態宣言が解除されていないにも関わらず外回りや出張を強要されたり、モニターに映って上司に観測されていなければ時間外労働の残業代は一切出ないなどブラックな労働環境は一切変わる事はなく、さらには全員感染でぶっ倒れても病床からテレワークをするという有様だった。
求人票には詐欺ギリギリの綺麗事ばかり並べられているので入社してくる人間も少なくはないが、これらが原因で早期退職する人も多く社員の入れ替わりが激しい。

企業としての活動分野は巨大ロボットの製造や宇宙進出、遺跡発掘など異常なまでに幅広く、果てには次元を越えて異世界にまで到達するなど現代の科学では実現不可能な技術を数多く所持している。

給料などの待遇については明確に表現されていないものの、円満解決!閻魔ちゃんとのコラボ回で地獄の獄卒の「週休1日、平均10時間労働、休憩なし、月給16万」という現実でも相当にブラックな待遇を聞いたペンギンが「某企画の数倍ホワイト」と歓喜している。

関連タグ

とりのささみ。 漫画 YouTube
オーバーロードBLEACH…過去に各作品のソシャゲ宣伝を請け負った。
ぼんちゃん(ゆっくり実況者)…2019年4月27日にコラボ動画を配信。
ランチ合コン探偵…2020年1月24日にコラボ動画を配信。
魔進戦隊キラメイジャー…2020年4月18日にコラボ動画を配信。
マイナビ…2020年に5月にコラボ。

しろくまカフェしっかり者のペンギン怠惰なパンダが登場するゆるふわ漫画。テイコウペンギンにもホッキョクグマが登場した事で共通点が増えている(おまけにホッキョクグマの声も似ている)。

外部リンク

pixivの作者プロフ
twitterアカウント
YouTubeチャンネル

関連記事

親記事

とりのささみ。 とりのささみ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「テイコウペンギン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 462290

コメント