ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「自分が死ぬ時のことは分からんけど 生き様で後悔はしたくない」

※この項目は単行本未収録のネタバレ情報を含む場合があります。

概要

呪術廻戦』の主人公。呪術高専東京校の1年生。
第1話時点では宮城県仙台市の杉沢第三高校一年でオカルト研究会所属(…のつもりだったが、実際は陸上部顧問により陸上部所属に書き換えられていた)。

物心つく前から両親は居らず、現時点では生死及び所在も不明。本人曰く「母親には会ったことがないが、父親のことはうっすら記憶にある」とのこと。親代わりであった祖父が二人について何か伝えようとしていたが、当人は「興味ない」と一蹴してしまった。
その祖父も第1話にて肺がんで入院しており、お見舞いを欠かさないのが日課だったが「オマエは強いから人を助けろ」「オマエは大勢に囲まれて死ね。俺みたいにはなるなよ」という言葉を遺し亡くなってしまう。この言葉が虎杖の人を助ける理由の一つとなる。

その夜、特級呪物「両面宿儺の指」の回収任務に訪れていた呪術師・伏黒恵に出会い、「呪い」と呼ばれる超常現象に直面する。呪いに取り込まれたオカルト研究会の先輩と、窮地に陥った伏黒を助けるため、虎杖は呪力を得ようと「指」を飲み込んだ。
通常であれば指を人間が取り込むことは不可能であり、即死するはずであったが、虎杖は「指」に対して適性を持っており、また宿儺の意思をも抑え込む耐性があった。
生き残った虎杖は、呪術高専一年担任五条悟の計らいのもと呪術高専に転入し、呪術界に足を踏み入れる。

プロフィール

年齢15歳
誕生日3月20日
出身地宮城
身長173cmくらい(作者曰くどんどん伸びてる)
体重80kg以上
体脂肪率1ケタ
所属東京都立呪術高等専門学校一年
高専入学方法スカウト
趣味・特技カラオケ、テレビ鑑賞、モノマネ
好きな食べ物丼もの麺類
苦手な食べ物無し
ストレス理系科目(molで躓いた)
好みのタイプジェニファー・ローレンス(尻(ケツ)と身長(胸)がデカい女)
一人称「俺」
イメージソング
CV榎木淳弥


容姿

薄茶色でツーブロックの短髪頭。(ただし表紙絵およびアニメによっては薄いピンクっぽい色合いに見えることもある) 刈り上げ部分が黒いが地毛。
瞳はに近い三白眼で、色も髪と同じ茶色。
両目尻の下には一対の小さな溝がある。これは皺とかではなく、宿儺の指を飲み込んだときに目がもう一対開眼した名残。

私服は大体パーカーが付いたもの。パーカーが好きな訳ではなく、いろいろ悩んだ結果パーカーになってしまうらしい。呪術高専での制服もパーカー付きだが、これは五条が勝手にアレンジを加えたもので、本人は気に入っている。

宿儺の意識が肉体を支配する際は、顔や体に黒い紋様が刻まれ、赤眼になり前述の目の下にもう一対目が開眼する。

人物

ノリがよく素直で人懐こい性格で、誰に対してもフレンドリーに接することができる。その結果一風変わった相手ともすぐ打ち解けたりすることも。呪術高専の先輩たちには、初めて会ってから短時間で「善人」「呪術師には珍しい根明」と評価されている(余談ではあるが、『週刊少年ジャンプ』創刊50周年記念号の2018年33号表紙では、『世紀末リーダー伝たけし!』の主人公・たけしと一緒にはしゃぐ虎杖の姿が描かれている)。

誰の影響なのかパチンコなどの少年漫画の主人公らしくない遊興にまで精通しており、またテレビっ子で微妙なモノマネレパートリーが多いなど、気のいい近所の兄チャンのような性格である。
ちなみに一年生の中で一番歌唱力が高い(これは原作の芥見先生が持つ「モノマネがうまい人は歌もうまい」という偏見から)。祖父と二人きりで生活していた為、料理も一年生の中で一番上手い。
眠りも深く、芥見先生曰く「東名高速のアスファルトの上でも余裕で寝れます」とのこと。
東京の名所に行きたがるなど、地方民としての一面もあり、同じく東北出身の釘崎とよく意気投合している(しかし、単行本おまけ(カバー裏)の「じゅじゅさんぽ」で仙台に出張(虎杖にとっては帰郷)した際は、仙台の都会ぶりに驚いた釘崎に「テメェ2度と田舎者ヅラすんなよ!!」と足蹴にされている)。初の家系ラーメンの感想は「次の日ウンコがよくでる」。

東堂に好みのタイプを訊かれた際、「強いていえばケツとタッパのデカい子」と回答していたが、中学時代は容姿ではなく振舞いで相手を判断する性質を好ましく思われ、クラスの女子から密かな思いを寄せられたりしていた。
とはいえ部屋に水着姿の女性のポスターを貼るなど、年頃の少年らしい面もある。

呪霊と対峙してもあまり表情を変えず、よく知らないとはいえ宿儺の指を躊躇なく飲み込むなど、人知を越えた異形の存在に対して常人よりも抵抗が薄い印象を受ける。しかし真人によって異形の姿に変えられた人々を前にしたときは哀しみと激しい怒りを見せており、一級呪術師七海建人「この子は他人のために本気で怒ることができるのだ」と評価している。
また祖父の遺言もあってか、仲間や一般人をはじめとする目の前の人間を手の届く範囲で出来る限り救おうと動いており、たとえ犯罪者の遺体であっても遺族に持ち帰ろうとしていた。

これだけは許せない事は、吐き気を催す邪悪

能力

特筆すべきは、その高すぎる身体能力である。
呪術に関わる前から、超人的、異常なほどの身体能力を有していた。砲丸投げで30m弱(世界記録が23m弱)を記録したり、校舎4階の窓を外から蹴破って人外を蹴り飛ばしたりと、そのレベルはもはや人間離れしている。

そのため元の高校では「SASUKEの全クリア」「ミルコ・クロコップの生まれ変わり」「50mを3秒で走る」等、色々噂される有名人だった。ついたあだ名は「西中の虎」(※砲丸投げの際、なんと投げ方はピッチャー投げで、加えて球がサッカーのゴールポストにめり込んで止まっただけであり、それがなければ更に伸びたと思われる)。
運動部がこぞって欲しがる逸材だったが、祖父の見舞いのため夕方5時までに帰りたかった彼は勧誘を全て拒否し、時間に融通の利く心霊現象研究会(オカ研)へ在籍していた。

持ち前の身体能力を駆使した肉弾戦が主力。殴って蹴って跳んで走る。
だが、身体能力の高さ故に瞬発力に呪力操作が追い付かず、呪力操作を習得して間もない頃は、打撃に遅れて呪力が流れ込む変則的なものになっていた(これは、後述の逕庭拳でも触れられている)。
ただ、それは裏を返せば呪力操作の精度が未熟である証明でもあり、東堂には「特級には通じない」と酷評されている。
この呪力操作の精度は、東堂との「蜜月」、そして黒閃の経験により呪力の味を理解したことで改善されている。

その高い身体能力を呪力で強化した格闘能力は作中屈指。
打撃だけなら1級術師の七海に比肩するレベルであり、伏黒は「東京校、京都校の全員が呪力無しで戦ったら虎杖が勝つ」、“化け物”と称される東堂は「素の力は自分より上」、多くの呪術師を退けてきた日車寛見は「生物としての強度が高い」と、虎杖の身体能力の高さをそれぞれ評している。
渋谷事変の時点でも、一級術師のなかでも上澄みである冥冥から既に一級相当の実力を持っているというお墨付きを貰い、特級相当であり高い実力を持つ脹相も、ガードしたものを除いてたった3発打撃を喰らっただけで活動に支障をきたすレベルのダメージを負っている。

加えて相手に合わせた打撃の組み立て、地形の積極的活用など、近接格闘における戦闘センスは突出しており、また禪院真希の歩き方(重心)を見ただけで彼女の強さを見抜くなど、洞察力も秀でている。ちなみに目立った格闘技を習得している訳ではないが、祖父の倭助から空手を少し仕込まれている。
しかし、元々一般人であったため、呪術に関しての知識が不足しているという致命的な弱点をもつ。
他にも、虎杖は生来が非呪術師であるため、基本的に生まれつきとされる生得術式の類を使うことができない。ただし、宿儺の指を取り込み続けることでそのうち宿儺の術式が刻まれる可能性が示唆されている。
呪術の世界に足を踏み入れて一年と経たずに一級相当へと成長し、宿儺の術式を習得し得る潜在能力は、現代最強の呪術師五条悟をして「僕に並ぶ術師になる」と、その将来性を高く評価している。

また、呪霊のような未知の存在に対する抵抗感が薄い。
他にも、痛みへの耐性も高く(高いというより鈍い)、必要とあらば多少の負傷に構わず戦闘を続行することができる。
これらは呪術師としてやっていくには長所のようで、作中でも多くの人物から「イカレてる」と評されている。

この先ネタバレ注意








渋谷事変
黒閃を経験し、数々の死線を越えた渋谷事変後では、これまで以上に繊細な呪力操作の技術を体得。
先程の身体能力と併せ、特級術師の乙骨憂太に勝てないまでも善戦して見せ、全快ではない状態でも脹相に“鬼神”とまで評される戦闘能力を手に入れた。

「部品」の覚悟を決めたことで、負傷の是非によらない動きもさらに磨きがかかっており、深傷を負っても内臓が出ていなければ戦闘を続行できる。

ただ、武具に呪力を纏わせる技術を習得していないうえ、宿儺の術式はまだ刻まれていないため、現状の有効な戦法が格闘戦に限られているなど、まだまだ発展途上と言える。

宿儺の「器」

その身は五条悟曰く「千年生まれてこなかった逸材」。
特級呪物の猛毒に耐えた上、その身に受肉した呪いの王・宿儺を抑え込んで自我を保つ「器」としての適性を持つ。
類稀かつ危険な才能故、呪術高専上層部の判断により秘匿死刑が決定してしまう。しかし、五条悟の提案と説得により「誰も祓うことが出来なかった、二十本ある宿儺の指を全て取り込ませてから死刑」ということになった。しかしあくまでこれはただの執行猶予であり、彼の身は呪術師界では疎んじられる立ち位置にあると言える。
祖父の遺言を元に自らの信念を見つけた悠仁はこれを半分受諾。死刑には納得しないが宿儺は全て喰ってやると決め、呪術高専への入学を決めた。

その身に取り込んだ宿儺とは共生しており、傍目には二重人格のような状態。本人曰く「うるさい」。悠仁の呼びかけに対して宿儺が内部で応じたり、悠仁が呼ばずとも勝手に顔や手に口や目を生やして外部と交流してくる。

宿儺の憑依後は、猛毒である呪いの王をその身に宿したことであらゆる毒に耐性を持つようになる。また別の魂が常に内部に存在することで、無意識に「魂の輪郭」を知覚。真人を魂の形ごと殴るなど、宿儺が外に出ずとも器としての特性を発揮している。宿儺の気分や契約次第では欠損した肉体の再生も可能な模様。

未だ宿儺の力の欠片である指は方々に散らばっているため悠仁は自我を保てているが、どこまでその抑止力が機能するのかは不明なため、目的であるはずの指を手に入れても容易に喰えるわけではないのが現状。更に、体の首位が成り替わった際は、宿儺は悠仁が死んでもいいと言わんばかりに行動する。
隙あらば主従の立場を逆転させようと画策するその関係性は、協力とは到底言い難い。

宿儺はあくまでも、「呪い」である。

ちなみに呪胎九相図を取り込んだ場合は、虎杖がただの呪力を持った状態になるか、現在の宿儺の位置に九相図がいる状態になる。
既に宿儺がいる時に取り込めば、宿儺に九相図の人格が消されてしまう。
九相図の人格の有無は、虎杖の「器」としての強度によるものなのか、九相図の三番である血塗以降の弟が既に亡くなってしまっていることが理由なのかは不明。

「逕庭拳」(けいていけん)
呪力を得てからの悠仁の通常のパンチ。一度の打撃で二度の衝撃を生む技。
彼の持つ異常な瞬発力の高さが、通常遅れるはずのない呪力の流れが速すぎる身体の動きに追いつけないという事態を引き起こし、拳に纏わせた呪力が本人の動作に追いつかずズレが生じた結果、微量の呪力を纏った拳が当たった時と本命の呪力が流れた時の二回分のインパクトが生まれる。
七海曰く「やられる方は相当嫌」、五条曰く「これは大きな武器になる」と評価されているが東堂には「特級相手には通用しない」と酷評される。
これは、逕庭拳という技の持ち味が「一度の打撃を二重の衝撃を受けることによる相手の混乱」であり、通常の打撃との使い分けによって初めて真価を発揮する為、威力の面を鑑みても逕庭拳“だけ”では十分な効力を発揮できないという意味での酷評だと思われる。
黒閃の経験し、呪力操作の精度と引き換えに使用不可になった。

後に脹相との戦いの際、腕に受けた傷のせいで再発。しかしこれによって真に技として習得。
通常の打撃と逕庭拳の使い分けが可能となり、時間差の二重の衝撃で相手の動きを乱せるようになる。
相手にとっては、受けるまで通常の打撃か逕庭拳か(黒閃か)判別できない、七海の評価の通りかなり厄介な代物である。

黒閃」(こくせん)
交流会にて出会った東堂葵との特訓(蜜月?)の末に発生。前述の呪力のズレを無くすことに重点を置いて東堂と手合わせし続けた後、花御との戦闘で初めて発生した。
打撃との誤差0.000001秒以内に呪力が衝突した空間の歪み。その破壊力は凄まじく、威力は平均で通常の2.5乗。
持ち前の集中力の高さと、東堂との蜜月(ほぼ洗脳)を経たことで、4回連続発生を成し遂げた。
厳密には『現象』であり、『』ではない。
しかし、虎杖は作中で「黒い火花に愛されている」と明言されており、実戦においてもここぞというタイミングで黒閃を発生させている。事実上彼の必殺技的ポジションにある。

「卍蹴り」(まんじげり)
膝抜きと呼ばれる古武術の技術で姿勢を低くしながら相手の足元へ移動し、その勢いを利用して強烈な蹴りを放つ躰道の技。ただし虎杖がベストな行動をとった結果卍蹴りになっただけであり、虎杖自身に躰道の心得がある訳ではない。

人間関係

悠仁の父方の祖父。早世した息子夫婦の代わりに孫を男手一つで育て上げた。
息子夫婦の一件は孫本人が関心なかったので伝えていない。悠仁が15歳のときに肺がんで死去。

悠仁の父。故人。眼鏡をかけた理知的な雰囲気を持つが、容姿は悠仁と瓜二つな男性。

仁の妻。仁との間に子供ができず、死んだとされている。

起首雷同編で遭遇した敵。今までの呪霊達と違って、兄弟の為に涙を流す事の出来る優しさを持つ二人を殺害した事は、虎杖の心に傷として残り、更に後述の脹相との因縁として繋がる事となった。

上述の壊相と血塗の兄。二人の命を奪った虎杖に対して激しい復讐心を抱いており、渋谷事変で遭遇した際には殺害寸前まで追い詰めたが、突如頭を抱えて苦しみながら虎杖の前から姿を消す
そして偽夏油に追い詰められる虎杖の前に再び現れ、虎杖を自らの弟と断言以降は虎杖を護る為に共に行動する事となる。
何故虎杖を自らの弟と判断したのか、その理由とは…?

悠仁の母。香織と同一人物なのか不明。
額に縫い目の跡を持つ美女。

余談

  • 第一回人気投票では見事一位を飾った(総投票数の約8分の1票)。
  • 一時期「虎杖」と検索しようとすると、サジェストに「虎杖 妊娠」というワードが出てくるという珍事件が発生した。(これは呪術廻戦のとある至って真面目な考察ツイートによるものであり、決して男である虎杖が妊娠したというわけではない。)


関連イラスト

呪術廻戦
无题


無題
虎杖 悠仁
-羽化-
泣
『呪術廻戦』 虎杖悠仁
虎杖悠仁



関連タグ

呪術廻戦
五条悟 伏黒恵 釘崎野薔薇
七海建人 東堂葵 吉野順平
両面宿儺 真人 
脹相 乙骨憂太

虎杖倭助 
虎杖仁/虎杖香織(どちらもリンク先ネタバレ注意!)

虎杖悠仁生誕祭2021 虎杖悠仁誕生祭2021

存在しない記憶(リンク先ネタバレ注意!)

二次創作設定

ショタどり:呪術により幼児化した又は幼い虎杖の設定の作品

関連記事

親記事

呪術高専東京校 じゅじゅつこうせんとうきょうこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「虎杖悠仁」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「虎杖悠仁」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185064796

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました