ピクシブ百科事典

執行猶予

しっこうゆうよ

有罪判決の際に言い渡される事がある刑の執行を一定期間保留する物

通常、裁判有罪判決が言い渡されると同時に課される刑が明らかになる。

現代日本の場合、刑務所に収監されて刑務作業に従事する懲役、同じように刑務所に収監されて刑が終わるまで毎日正座して過ごす禁錮、被告人のを以て刑の執行が完了となる死刑、ある一定額の金銭を支払って刑の執行となる罰金があり、このうち懲役、禁錮、罰金に執行猶予が付される事がある。
執行猶予は1年から5年の間で設定され、この期間中に何の犯罪も犯さなければ逮捕されて刑務所に収監されることもない。

執行猶予が付く法定条件は

  • 以前に禁錮以上の刑に処せられたことがないか、あるいは禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその執行の終了又はその執行の免除(執行猶予の場合はそれを受けた時)を得た日から5年以内に禁錮以上の刑に処せられていない者…言い渡された刑が3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金であるとき
  • 前に禁錮以上の刑に処せられたがその執行を猶予されている者(保護観察に付されている場合はその保護観察期間内に更に罪を犯していない者であること)…言い渡された刑が1年以下の懲役または禁錮であるとき(いわゆる「再度の執行猶予」)
となっている。

あくまでも犯罪者の更生を促すことを目的とした制度であるため、執行猶予後に再び犯罪を犯して起訴された場合は、量刑が通常以上に重たくなることは十分ありうる。
また、執行猶予を満了して刑が消滅しても、そのまま無罪放免という意味ではなく、それは「執行猶予付き刑を言い渡されたという(広義の)前科」として残る。
さらに刑の消滅に伴って法律で定められた資格制限も将来に向けて無くなることになるが、刑の言い渡しによって失効あるいは停止されたそれまで持っていた資格がそのまま戻ってくることも無い。

国外では死刑にも執行猶予が存在する中国のような例もある(ただし、期間を過ぎても死刑判決が完全消滅するわけではなく終身刑以下に減刑されるのみである。また、期間中でも刑務所に収監される)。

関連タグ

刑罰 法律

pixivに投稿された作品 pixivで「執行猶予」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 311

コメント