ピクシブ百科事典

呪胎九相図

じゅたいくそうず

呪胎九相図とは、漫画『呪術廻戦』に登場するアイテム。もしくは登場人物たちの名称。 名前の元ネタは、仏教絵画の一種である九相図から。
目次[非表示]

概要

呪術廻戦』に登場する「特級呪物」。明治の初めに史上最悪の呪術師として名を馳せた加茂憲倫によって生み出された九体の呪物の総称。
作中では、両面宿儺の指と同等か、それに近いレベルの危険物という扱いであり、厳重に保管・封印されていた。
しかし夏油傑率いる特級呪霊が呪術高専の交流会を襲撃した際に、宿儺の指とともに一番から三番までが盗まれ、後に受肉を果たし、脹相をはじめとする呪霊側の戦力となる。

内容

加茂憲倫は作中世界における明治の初めごろに活躍した呪術師であり、当時彼がとある寺に在籍していたところ、その寺に呪霊との間に子供を孕む特異体質を持った娘が訪れる。
呪霊との間に異形の姿で生まれた赤ん坊を出産した彼女は、身に覚えのない懐妊に始まり、親類縁者からの想像を絶する風当たりにさらされた事から、赤ん坊の亡骸とともに憲倫の在籍していた寺を訪れたのだが、そんな彼女の体質に知的好奇心を刺激された憲倫は、彼女と呪霊との間に子供を九度妊娠させ、九度堕胎させる。
そうして取り出された九体の胎児は、強い呪力を持った呪物として百年に渡る間封印されることになる。
その製造過程からもわかる通り、九相図はそれぞれが血のつながった兄弟であり、封印されていた時からそれぞれに自我や意思は存在していたようで、兄弟たちの存在のみを拠り所として生き続けてきた。
呪霊としても人間としても悲惨なその生い立ちからか、封印から解放され受肉を果たして以降は、互いに兄弟の存在を第一とする強固な兄弟愛を持ち、兄弟のために行動する。

形状

平たく言えば堕胎された胎児の標本のようなものであり、外見通り、封印から解放されただけでは特に人間に害は与えない(破壊できない代わりに他に害を及ぼさないという「縛り」)。
しかし、これを人間に飲ませる等の形で摂取させることで、その人間の肉体を自分たちの持つ独特の姿へと変形させ、「受肉」する。要は人間を一人生贄にすることで、肉体を手に入れることができる。

番号

憲倫によって堕胎された胎児は、それぞれが試験管のようなものの中に入れられて標本のような状態で保存されており、保存されている間は、全て番号が割り振られて呼称されていた。受肉を果たして以降は、元ネタの九相図になぞらえた名前を名乗っている。最終的に生き残っているのは、呪胎九相図一番こと、長男の脹相だけであり、脹相は高専に保管されている残った弟たちの亡骸を回収したいと考えている。


受肉以降の動向

そもそも、呪霊と人間との間に子供を作るという行為自体が無謀であったのか、百五十年に渡る封印が九相図にとっても相当に負担がかかる者であったのか、四番以降の兄弟は既に死んでいる(本編に先んじて2021年2/27にCSで放送されたケンドーコバヤシ漫道コバヤシにおいて、既に死んでいること、今後劇中には登場しないことが作者インタビューによって明かされている)。
しかし、受肉を果たした脹相、壊相、血塗の三人は、一人の例外を除いて人間・呪術師に対して基本的には悪意や敵意は無く、三人の根本的な願いは兄弟と共に穏やかに暮らしたいと言う、実に根本的なものであった。
呪霊側に着いたのも、人間に対する敵対心ではなく、あくまでもその願いを達成するために都合の良い方に着いただけに過ぎない。
そのスタンス故に、彼らと直接対決を果たした虎杖悠仁釘崎野薔薇の両名にとって、殺したことに罪悪感を抱かせるほどであった。
また、彼らの存在は渋谷事変以降に始まった死滅回游の序盤において様々な意味でキーとなっている。

関連タグ

呪術廻戦
九相図:元ネタになった仏教絵画。

関連記事

親記事

呪術廻戦の登場キャラクター一覧 じゅじゅつかいせんのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「呪胎九相図」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 817138

コメント