ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

週刊少年ジャンプ』2018年14号から連載されている漫画作品。
作者は芥見下々。既刊16巻+番外編1巻(下記0巻)。

ジャンプGIGA』2017年vol.1~4で連載されていたパイロット版の『東京都立呪術高等専門学校』(以下『呪術高専』)をベースとして、今作の連載に至った。
『呪術廻戦』は『呪術高専』の1年後の物語であり、登場人物や設定など世界観もそのまま引き継がれており、『呪術高専』が後に『呪術廻戦』0巻として発売された。

1巻発売直後から品切れが続出し即重版決定するほどの人気が出たほか、次にくるマンガ大賞2018にノミネートされ6位となった。また、全国の書店員が選んだおすすめマンガ2019、みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019のそれぞれで堂々の1位を飾った。さらに、2021年5月までにシリーズ累計発行部数5000万部を突破した。

あらすじ

両親の顔を知らず、祖父に育てられた仙台の高校1年生・虎杖悠仁は、ある日学校で特級呪物「両面宿儺の指」を偶然拾う。時を同じくして、祖父は虎杖に「オマエは強いから人を助けろ」と言い残して他界した。

その晩、手続きのため病院にいた虎杖の前に、呪術高専東京校1年を名乗る少年・伏黒恵が現れ「人死が出ないうちに宿儺の指を渡せ」と凄むが、既にそれはオカルト研究会の先輩の手に渡っており、辛うじて施されていた封印の護符も剥がされてしまっていた。

封印の解かれた宿儺の指を取り込み、新たな力を得ようと学校に「呪い」が集まる中、虎杖は伏黒とともに呪いに取り込まれそうになった先輩を助けるが、伏黒が負傷し一同は窮地に陥る。「呪いは呪いでしか祓えない」という伏黒の言葉を聞いた虎杖は、状況を打開するために猛毒の指を自ら呑み込んだ。

本来なら口にした瞬間死亡してもおかしくない代物であったが、幸か不幸か虎杖は宿儺の「器」となる素質を持っていた。学校に集まってきた呪いを退け、宿儺の器となったことで呪術師の討伐対象となってしまった虎杖に、最強の呪術師にして呪術高専東京校1年担任・五条悟は、「この場で処刑されるか」もしくは「宿儺の指20本を全て集め、取り込んでから処刑されるか」という、二つの死に方を提示する。

作風・特徴

人々の負の感情から発生する「呪い」を作品のテーマとして扱っているのもあり、少年漫画にしては陰鬱で残酷な描写が多い。容赦のない展開も多々あり、どんなに強く正しく生きようとする者でも死ぬ時は死ぬ作風になっている。
原作とアニメ両方とも戦闘シーンの描写が評価されており、非常に見応えのあるアクションが沢山詰まっている。特に虎杖などの、主に徒手空拳で戦う者達の格闘戦は必見もの。
……ただ、人間側は呪術を使用しない、もしくは呪術を使用して殴って祓うというのが基本な為、作中では上述の虎杖を含めフィカルゴリラが多数登場し、逆に呪術をメインに戦うキャラクターの方が珍しいという、この手の異能バトル作品ではあまり見られない作風でもある(当然術式をメインで使用するキャラクターも存在するがそれらのキャラクターも呪霊と殴り合いが出来る程にフィジカルが強いので尚更)。誰が呼んだか「ゴリラ廻戦」。

また、作者の芥見氏がBLEACHの大ファンであることを公言しており、本作と同時期に連載されていた鬼滅の刃同様に、過去のジャンプ作品などの人気漫画から非常に影響を受けた作品である。

主要な用語

人間の身体から流れた負の感情が具現化し、意思をもった存在。呪術界では四級、三級、二級、一級、特級の5段階にクラス分けされている(四級未満に蠅頭(ようとう)がいる)。

  • 呪力
相手を呪う力そのもの。 負の感情が源のエネルギー。
呪力が無い人間は呪いを祓うどころか見ること・触れることも出来ず、呪力攻撃に対する耐性も低い
呪力を操作することで身体能力や器物の強化や術式の発動が可能となる。

呪力をもって呪いを祓う人間。そのような能力を持つ人間は稀であり、呪術高専東京校でも一学年せいぜい数人しか在籍していない。
呪いと同じく四級、三級、二級、一級、特級の5段階に分けられており、基本的に呪霊に対して同級の呪術師が対応するよう任務が与えられる。(因みに高専関係者以外で一級相当の実力がある者は特別一級術師とされている)。
呪術師の階級は同階級の呪霊を安定して祓えるかを基準に決められるため、原則として同じ階級であった場合呪霊よりも呪術師の方が強くなるようになっているが、特級に関しては階級の上限であるためその限りではない。
二級以上から単独任務が許可されている。厳密には級数の間にインターバルがあり、準一級や準二級も存在する。なお作中の現在の日本に存在する特級は4人のみ。
なお他者に害を及ぼす悪質な呪術師を「呪詛師」と呼ぶ。

正式名称は『生得術式』。詳細は当該項目を参照。本作における特殊能力に相当し、呪霊・呪術師共にこれを駆使して戦う。
術式の最終段階が領域展開、領域とは別の奥義が極ノ番である。また、術式を強化したものが『載』と呼ばれる。

  • 縛り
呪術における誓約。呪術におけるリミッターであると同時に、ブースター。
詳細は生得術式の項目を参照。

  • 呪術高等専門学校
略して呪術高専。4年制学校で、表向きは私立の宗教系学校。
東京校京都校の2校しかなく、多くの呪術師が卒業後もここを拠点に活動しており、任務の斡旋・サポートも行なっている呪術界の要。

長い歴史と血筋によって継承される固有の術式を持つ、禪院(ぜんいん)、五条(ごじょう)、加茂(かも)の3つの名門。あまり詳しい描写は現在されていないがしがらみが多く、家門同士の関係もよろしくない。特に禪院家と五条家はかつて当主が御前試合で相討ち死亡するほどバチバチとのこと。

  • 呪術連
0巻に名称だけ登場。北海道に存在するという、呪術高専や御三家に次ぐ第三の呪術師の組織。
先住民族アイヌの人々によって構成されており、詳細は不明。
学長や夏油の言葉によると普段は交流がないようだが、非常に戦闘力のある集団の模様。

打撃との誤差0.000001秒以内に呪力が衝突した際に生じる空間の歪み。
威力は平均で通常時の2.5乗。空間の歪みによって呪力は黒く光り、稲妻の如く迸る。発生させた者は『ゾーン』に近い状態となり、一時的に潜在能力を最大まで引き出すことが可能となる。これを経験した者とそうでない者との間には、呪力の核心との距離に天と地ほどの差があるという。
あくまで『現象』であって『技』ではない。そして黒閃を狙って出せる術師は存在しない。

登場人物

※本項ではメインキャラクターのみ記載する。
残る登場キャラクターはこちらを参照 ⇒「呪術廻戦の登場キャラクター一覧

黒閃


CV:榎木淳弥
本作の主人公。宿儺の指を飲み込んでも自我を保てるという、1000年間生まれてこなかった体質の持ち主。人間離れした身体能力を持ち、両親にもなにか秘密があるようだが、本人は把握していない。
その体質を見込まれ、処分するにできないでいる厄介な呪物「宿儺の指」を取り込めるだけ取り込ませてから虎杖を殺す計画が発案され、その計画に乗って呪術高専東京校1年に転校してきた。

呪術廻戦


CV:諏訪部順一
作中では省略して「宿儺」と呼ばれることが多い。
1000年以上前に実在した怪物のような人間で、呪術全盛の時代に術師が総力を挙げて彼に挑んだが敗れ、死後その死体は屍蝋の呪物となった。現在は彼の20本の指(腕が4本あるため)が各地に散らばっており、非常に強力な呪力を持ち、様々な呪いを引きつけ悪化させる。
指には宿儺の意思が宿っており、自身の指を飲み込み取り込んだ虎杖を乗っ取ろうとしたが、虎杖の特異な体質により失敗。しかし、虎杖が飲み込んだ指の本数が増えるほど、確実に力と自由度を増してきている。虎杖が宿儺に身体を貸す、もしくは宿儺が虎杖に力を貸す間は身体に刺青のようなペイントが現れる。

呪術廻戦


CV:内田雄馬
呪術高専東京校1年。二級呪術師。呪いの気配から虎杖の高校へ調査に来ていた。
本家ではないが父親が御三家のひとつ・禪院家の血筋。禪院家相伝の術式「十種影法術」を受け継いでおり、手指で作る影絵を元に式神を召喚して戦う。

紅一点


CV:瀬戸麻沙美
呪術高専東京校1年。三級呪術師。虎杖に遅れて盛岡まで4時間かかるド田舎から転入してきた。
転入の理由は「排他的な地元に嫌気が差したから」。
トンカチで釘を飛ばし、刺さった釘に呪力を流し込む「芻霊呪法」を操る。

五条先生


CV:中村悠一
呪術高専東京校1年の担任。4人しかいない特級呪術師の一人。目元を隠した長身の男性。
御三家のひとつ・五条家の出身で、自他共に認める最強の呪術師。
無限を現実に創る術式「無下限呪術」と、術式を視認する特殊な目「六眼」を併せ持つ。
現在の呪術界上層部の腐敗を疎んでおり、体制よりも学生を優先するグッドルッキングガイ(本人談)。

エピソード

本作の前日譚である0巻にあたる出来事・事件。

6話から9話までの全4話の出来事
第27話のサブタイトル。※ネタバレ注意
作中で行われた交流会。33~54話にあたる出来事。
第83話から第133話までに起きた事件。
渋谷事変後に起きた事件。

ノベライズ

北國ばらっどによるノベライズが、ジャンプjブックス(集英社)から刊行されている。
2020年6月時点で2巻刊行。

アニメ

2019年11月25日発売の週刊少年ジャンプ52号にてTVアニメ化の決定、同時に主人公ら主要人物のキャストも発表された。
同年12月22日のジャンプフェスタにてキービジュアルが公開。
2020年5月20日、追加キャストの発表と共にPV第1弾の公開など続報が解禁。
制作会社はMAPPA
2020年10月3日から2021年3月26日にかけて毎日放送にて放送された。また、1ヶ月遅れながらアニマックスでも放送されているほか、TVerやAmazonプライムビデオなどでのネット配信も実施されている。

制作スタッフ

監督朴性厚
シリーズ構成・脚本瀬古浩司
キャラクターデザイン平松禎史
音楽堤博明・照井順政・桶狭間ありさ
制作MAPPA


主題歌

  • オープニングテーマ

廻廻奇譚(第1クール)
作詞・作曲・歌:Eve / 編曲:Numa
「VIVID VICE」(第2クール)
作詞・作曲・編曲・歌:Who-ya Extended

  • エンディングテーマ
LOST IN PARADISE feat.AKLO(第1クール)
歌:ALI / 作詞:LEO,LUTHFI,ALEX,AKLO / 作曲:ALI,AKLO / 編曲:ALI
「give it back」(第2クール)
編曲・歌:Cö shu Nie / 作詞・作曲:中村未来

劇場版

最終回放送終了直後、プレストーリーである『呪術高専』の映画化構想が発表されている。
詳細は東京都立呪術高等専門学校の記事にて。

ゲーム

  • 呪術廻戦 ファントムパレード』(略称、ファンパレ)

2021年6月13日の「じゅじゅフェス」にて、iOS/Android専用のスマートフォンゲームプロジェクトが始動した事が発表された。制作・運営はサムザップ、ジャンルはRPG。
どんなゲームになるのかはまだ分からないがある呪霊の領域展開など、原作ではお披露目されなかった領域展開や生得術式の名称が期待できる。
キャッチコピーは「その手で祓え、強大な呪いを」

関連動画

漫画PV



TVアニメPV



TVアニメOP・ED









劇場版PV



関連イラスト

呪術廻戦
廻廻奇譚



関連タグ

週刊少年ジャンプ 芥見下々 東京都立呪術高等専門学校 じゅじゅさんぽ
ジャンル少年漫画 ダークファンタジー 和風ファンタジー バトル漫画 オカルト 呪術
アニメ2020年秋アニメ スーパーアニメイズム(地上波における放送枠)


二次創作タグ

棲み分けタグ呪術廻戦男女カプ(NL) / 腐術廻戦(腐向け) / 夢術廻戦(夢向け)
組み合わせ・CPタグ呪術廻戦CPタグ一覧 / 呪術廻戦のコンビ・グループタグ一覧
パロディ/クロスオーバーじゅじゅちゃんねる / 呪術パロ / じゅじゅLINE
イラストusers入り呪術廻戦100users入り呪術廻戦500users入り呪術廻戦1000users入り呪術廻戦3000users入り呪術廻戦5000users入り呪術廻戦10000users入り呪術廻戦30000users入り呪術廻戦50000users入り
小説users入り呪術廻戦小説10users入り呪術廻戦小説50users入り呪術廻戦小説100users入り呪術廻戦小説300users入り呪術廻戦小説500users入り呪術廻戦小説1000users入り呪術廻戦小説3000users入り
腐向けusers入り腐術廻戦100users入り腐術廻戦500users入り腐術廻戦1000users入り腐術廻戦3000users入り腐術廻戦5000users入り腐術廻戦10000users入り腐術廻戦30000users入り腐術廻戦50000users入り
夢向けusers入り夢術廻戦100users入り夢術廻戦500users入り夢術廻戦1000users入り夢術廻戦3000users入り夢術廻戦5000users入り夢術廻戦10000users入り夢術廻戦30000users入り


外部リンク

原作漫画

ジャンプ内公式サイト
呪術廻戦【公式】Twitter
『呪術廻戦』領域大展開キャンペーン

アニメ・劇場版

アニメ公式サイト
劇場版公式サイト
アニメ公式Twitter

ゲーム

ファンパレ公式サイト

その他

ニコニコ大百科
wikipedia
アニヲタwiki(仮)

関連記事

親記事

芥見下々 あくたみげげ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「呪術廻戦」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「呪術廻戦」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 429335194

コメント