ピクシブ百科事典

伏黒甚爾

ふしぐろとうじ

伏黒甚爾とは、『呪術廻戦』の登場人物である。
目次[非表示]

だがその恵まれたオマエらが 呪術も使えねぇ俺みたいな猿に負けたってこと 長生きしたけりゃ忘れんな

※この項目は単行本未収録のネタバレ情報を含む場合があります。

プロフィール

誕生日12月31日
趣味・特技ギャンブル
好きな食べ物モツ
嫌いな食べ物(全く酔わないため)
ストレス禪院家


概要

呪術廻戦』の登場人物。伏黒恵の実父。右側の口元に傷がある。
呪術界御三家のひとつ・禪院家の出身(現当主禪院直毘人の兄の息子)だが、婿入りして「禪院甚爾」から「伏黒甚爾」に改姓している。

本人は賭け事を好むが、運はあまりなく、結果金がないので女性のところを転々としているプロのヒモ作者曰く、「一度の仕事で大金をドカッと稼いではパーッとまたなくなるまで使うのでリターンのあるヒモ」とのこと。

詳細は後述するが、生まれつき呪力がないため、術式至上主義の禪院家での扱いは非常に悪く、子供の頃から呪霊の群れの中に放り込まれた事もあり、口元の傷もその時についたものである。

こうした扱いもあってグレて実家を出奔し、恵の実母と出逢ったことで一時期性格が丸くなるも、恵を生んだ後すぐに彼女が亡くなったことで再び荒れてしまった。
息子に「恵(めぐみ)」と名付けたが本人もそれを忘れていたくらいで、孔時雨に「恵は大きくなったか?」と訊かれた際に「誰だっけ」と発言している。

そして、”術師殺し”の異名を持ち、暗殺等の荒事で報酬・賞金を得るアウトローへと身を落とし、孔時雨から星奨体・天内理子の暗殺の依頼を斡旋された事で、彼女の護衛任務に当たっていた高専二年の五条悟夏油傑と戦うこととなる。

能力

与幸吉禪院真希と同様、生まれながらにして強大な力を得る代わりに何かを犠牲にしてしまう現象「天与呪縛」の持主であるが、彼は「身体に一切の呪力が宿っていない」という非常に稀有な例であり、呪力が完全に0である事と引き換えに驚異的な身体能力と極めて鋭敏な五感を持つ超人である。
五感は人間の残す臭跡や足跡のみを頼りに追跡ができる程に底上げされており、呪力がないと見えないはずの呪霊も、五感が強化され過ぎて逆に見えているのと同様に認識することが出来てしまっている。
さらに強化され過ぎた脚力により、目視で捕捉することが困難なほどのスピードで動き、当然のように水面も駆ける。
また、呪力がゼロである故に対人戦闘時、対峙する呪術師は呪力感知が機能しない。
他にも、呪術師が呪力で強化した肉体よりも甚爾の素の肉体のほうが遥かに強いなどの理由から対人戦闘では無類の強さを誇る。

しかしながら、対呪霊においては呪力が0であるために呪具が無ければ低位の呪霊すら払うことができない。逆に言い換えれば、呪具次第でどんな呪霊も祓うことができるポテンシャルを秘めている。

戦闘スタイル

前述の天与呪縛による身体能力と頑強な肉体を活かした基礎でゴリ押しする武闘派。
あらゆる武器を格納できる「武器庫呪霊」を連れており、拳銃や刀といった一般武器から、鎖に特級呪具など、様々な武具を非常に高いレベルで使いこなしている。
もちろん呪具なしでも、呪霊とは戦えないものの高い戦闘力を誇り、作者によると「呪具がなくても術師相手ならかなり戦える」とのこと。作中でも実際に2級術師を一方的に殴り倒している。
しかし決してただの脳筋というわけではなく、対象の殺害のための情報収集や下準備は徹底的に行い、十分な作戦を練ったうえ相手が精神的にも肉体的にも弱った最適なタイミングで行動を起こす、慎重な頭脳派という一面も持っている。また、金が絡まなかったり勝ち目がないような無駄な戦いも基本的には行わない。

  • 武器庫呪霊
見た目は赤子頭部と芋虫のような長い体を掛け合わせたような見た目をしている。ウロボロスのように自身の身体を格納させることで小さくすることができ、普段は甚爾がそれを飲み込んで体内に隠している。
かつて夏油傑が奪い取ろうとしたが、甚爾との間に主従関係が成立しており、失敗している。
作者曰く、本来呪霊を身体に取り込むというのは猛毒を摂取するのと同義であるが、甚爾は天与呪縛によって内臓も強化されたことで問題なく過ごしている。
戦闘時は甚爾の体に巻き付けられ、口から四次元ポケットのごとくあらゆる武器を即座に取り出すことができる。

  • 天逆鉾 (あまのさかほこ)
特級呪具の一つ。
十手に似たような特徴的な形をした短刀。
モデルは日本神話に登場する、イザナギイザナミが日本列島創造に使用した同名の矛だと思われる。
発動中の術式を強制解除させるという強力な効果を持つ。
戦闘後は五条が回収し、海外で処分(封印か破壊)したとの事。

  • 万里ノ鎖 (ばんりのくさり)
鎖状の呪具。等級は特級。
どちらか一方の末端が観測されない限り何処までも無限に鎖が伸びる効果を持つ伸縮自在の鎖。
天逆鉾の短いリーチを補うために用いられ、鎖鎌のように使用された。

  • 名称不明の刀
甚爾が好んで用いた武器。
硬度の高い呪霊である虹龍すら軽々と切り裂いた。
作者曰く、5億もするらしい。

  • 游雲
特級呪具。赤い三節棍
特殊な能力こそ持たないものの、圧倒的な破壊力を誇る。
様々な事情があり、甚爾から夏油に持ち主が移る。夏油の死後は呪術高専の武器庫に保管され、主に禪院真希が使用するようになったが、何の因果か巡りめぐって甚爾のもとへ返ってくる。

関連イラスト

問題なし
伏黒甚爾


伏黒甚爾まとめ
呪LOG #2



関連タグ

呪術廻戦
伏黒恵 五条悟 夏油傑 孔時雨 禪院甚壱

関連記事

親記事

伏黒恵 ふしぐろめぐみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「伏黒甚爾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19297964

コメント