ピクシブ百科事典

呪術界御三家

じゅじゅつかいごさんけ

呪術界御三家とは『呪術廻戦』に登場する長い歴史と権力を持つ3つの家門のこと。
目次[非表示]

概要

呪術廻戦』における呪術師の社会(呪術界)において長い歴史と権力を持つ禪院、五条、加茂の三つの家門。

代々血筋によって伝わる相伝の術式を受け継いでおり、術式を受け継げなかった者や才能が無い者、呪術が使用できない者については例え正室の子であっても冷遇され、逆に術式さえ受け継いでいれば側室や家から距離を置いている術師の子であっても厚遇される傾向にある。

家門同士は対抗意識から非常に仲が悪く、各家の術式を堅守している。慶長年間に行われた御前試合(朝廷の前で行う模擬戦)では、当時の五条家当主と禪院家当主が相討ちで死亡している。権力闘争にも貪欲でたとえ緊急事態であろうが他家を蹴落とす、戦力の強引な強化にも余念がない。

なお史実においても、五条家と賀茂家(こちらは漢字が違うが)は実在しており、五条家は菅原道真の子孫・菅原為長を祖とする公家の家系、賀茂家は安倍晴明の師・賀茂忠行を輩出したとされる貴族・陰陽師の家系である。
禪院家については日本に10人しかいない稀少な名字であるがそれ以外の歴史は不明である。

一覧

禪院(ぜんいん)家

相伝の術式の二つは、自身の影を媒介とした十種の式神術「十種影法術」、予め作った動きをトレースする「投射呪法」。
「禪院家に非ずんば呪術師に非ず 呪術師に非ずんば人に非ず」と呼ばれるほど封建的な家で、相伝の術式を引き継いでいない者は落伍者として人生をスタートさせる。その中でも女性はスタートラインにすら立たせてもらえないこともある。
その封建的体質を除いても、現在判明している限り御三家の中では特に腐敗が酷く、任務中に改造人間に襲われていた一般人を見殺しにしていた直毘人が善人に見えるほどに外道揃いである。
また高専以上に組織力を保有しており、高専資格条件で準1級以上の実力を認められた者のみで構成された術師集団「炳」と武芸を叩き込まれた術式を持たない男児で構成された下部組織「躯倶留隊」が存在する。

  • 禪院直毘人・・・特別一級呪術師。26代目当主。
  • 禪院真希・・・4級呪術師。東京都立呪術高等専門学校2年生。宗家だが相伝の術式を引き継げなかった落ちこぼれ。元「躯倶留隊」所属。
  • 禪院真依・・・3級呪術師。呪術高専京都校2年生。真希同様に落ちこぼれ。
  • 禪院扇・・・特別1級呪術師。真希と真依の実父。
  • 禪院甚壱・・・特別1級呪術師。「炳」所属。
  • 禪院直哉・・・特別1級呪術師。術師集団「炳」筆頭。
  • 禪院長寿郎・・・「炳」の一員。
  • 禪院信朗・・・「躯倶留隊」隊長。
  • 禪院蘭太・・・「炳」の一員。
  • 禪院甚爾(伏黒甚爾)・・・故人。呪力が完全になく、禪院家での扱いは酷かったらしい。
  • 伏黒津美紀・・・恵の義理の姉。原因不明の呪いによって寝たきりとなってしまう。
  • 伏黒恵・・・甚爾の実子。2級呪術師。宗家ではないが、相伝の術式を引き継いだため、甚爾が直毘人に10億で売る約束をしていた(後に五条に阻止される)。
  • 禪院扇の妻・・・本名不明。悪い意味で禪院家の女らしい性格をしている。

五条(ごじょう)家

相伝の術式は、「無限」を現実に作り出す「無下限呪術」。先祖は菅原道真
現在の五条家は悟以外に有力な呪術師がおらず、実質彼だけを頼りとするワンマンチームとなっている。

  • 五条悟・・・特級呪術師。現当主。名実共に史上最強の呪術師であり、呪術界の改革を目指す異端児。
  • 乙骨憂太・・・特級呪術師。一般家庭の出身だが、五条悟の超遠縁の親戚なので広義の意味で五条家。

加茂(かも)家

相伝の術式の一つは、自身の血液とそれが付着したものを操る「赤血操術」。
呪術界の伝統や一族の血統を重視しており、保守派と仲が良い。

  • 加茂憲紀・・・準1級呪術師。表向きは宗家の嫡男で次代当主。
  • 加茂憲倫・・・明治の初め、呪胎九相図など多くの呪術文化財と共に「史上最悪の術師」「御三家の汚点」として名を残した人物。
  • 憲紀の母…現当主の妾。息子共々辛い仕打ちを受けていた。
  • 脹相・・・上述の"呪胎九相図"の長兄であり、加茂憲倫の血が混ぜられた"呪霊と人間のハーフ"。

関連タグ

呪術廻戦 御三家

関連記事

親記事

呪術廻戦の登場キャラクター一覧 じゅじゅつかいせんのとうじょうきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「呪術界御三家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3506

コメント